坂口安吾

1/2ページ(計:22点)
1|2
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 桜の森の満開の下

桜の森の満開の下


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
鈴鹿峠の山賊が、旅人を襲い一緒にいた美女を妻として迎えた。その女は山賊に対して物怖じせず、命令に従うなかで…



2 日本文化私観

日本文化私観


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
「堕落論」と並び称される坂口安吾によるエッセイ。時代を経ても色褪せない安吾独自のスリリングな日本文化批評が展開される。



3 坂口安吾論

坂口安吾論


発行: オリオンブックス
価格: 200pt
みんなの評価 (未評価)
近現代日本文学を代表する作家の凝縮したエッセイ集。無頼派と呼ばれるその作風で歯に衣着せぬ鋭い考察。十編を収録。



4 二流の人

二流の人


発行: オリオンブックス
価格: 200pt
みんなの評価 (未評価)
「黒田如水」の続編。坂口安吾の独特な視線により語られる戦国武将たちの人物像。天下人の器と二流の人との違いとは。



5 女体

女体


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
素子は女の中の女。谷村は熱烈な恋がしたいと願った。



6 夜長姫と耳男

夜長姫と耳男


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
飛騨の名工の耳男と美しいが恐ろしい夜長姫。幻想的で怪奇な物語。坂口安吾の代表作にして傑作。



7 黒田如水

黒田如水


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
坂口安吾による秀吉、家康、如水の三者三様の生き様。官兵衛は引退して如水と名乗るが秀吉はそれを許さない。



8 桜の森の満開の下

桜の森の満開の下


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 ★★★☆☆(1)
満開の桜の下ではゴウゴウ風が鳴り、なぜか恐ろしい。屈強な山賊と美しいが残酷な女。幻想的で怪奇な物語。



9 オーディオブック 人生案内

オーディオブック 人生案内


発行: パンローリング
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
当年三十八の人生案内狂、ついにチョビヒゲを生やすという存在はいかにも奇怪だ。」虎二郎とその妻がむかえる結末とはいかに。



10 オーディオブック 私は海を抱きしめていたい

オーディオブック 私は海を抱きしめていたい


発行: パンローリング
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
戦後を代表する文学作家・坂口安吾が、肉欲に溺れていくことへの限界と自分自身の生き様への限界を美しくも虚しく綴る。



11 オーディオブック 男女の交際について

オーディオブック 男女の交際について


発行: パンローリング
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
「男女の交際とても、人生万事元は一つで、まず己れを知る生活から始まらなければならない。



12 オーディオブック 推理小説論

オーディオブック 推理小説論


発行: パンローリング
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
日本における探偵小説と推理小説の起源や、日本には殆どなかった推理小説が繁栄を期した経緯など坂口安吾が詳しく説いた作品。



13 オーディオブック 悪妻論

オーディオブック 悪妻論


発行: パンローリング
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
時代の異端児であり無頼派を代表する作家・坂口安吾が良妻はもらうな!悪妻をもらえ!と自身のこだわりを交えた夫婦論を綴る。



14 オーディオブック 南風譜

オーディオブック 南風譜


発行: アイ文庫
価格: 350pt
みんなの評価 (未評価)
南の海辺に住む友人をたずねた「私」が見た、なにかを象徴するように幻想的に現れ消える謎の仏像や白痴妻…安吾の佳品を朗読で。



15 オーディオブック アンゴウ

オーディオブック アンゴウ


発行: アイ文庫
価格: 350pt
みんなの評価 (未評価)
古本にはさまっていたメモに書きつけられていた暗号の謎…予想外のエンディングにはだれもが涙させられる安吾の逸品を朗読で。



16 オーディオブック 青春論

オーディオブック 青春論


発行: パンローリング
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
『青春再びかえらず、とはひどく綺麗(きれい)な話だけれども、青春永遠に去らず、とは切ない話である……』



17 オーディオブック 予告殺人事件

オーディオブック 予告殺人事件


発行: パンローリング
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
アメリカと日本の風土の違いを比べ、日本が戦時中にどんな心持ちで生活を送っていたかなどをユーモアと皮肉を込めて描く。



18 オーディオブック 白痴

オーディオブック 白痴


発行: パンローリング
価格: 761pt
みんなの評価 (未評価)
戦時下の東京で隣家の白痴の女を自宅に囲い始める井沢。人は生きていくかぎり、孤独と肉欲の螺旋から逃れることはできない。



19 オーディオブック 恋愛論

オーディオブック 恋愛論


発行: パンローリング
価格: 476pt
みんなの評価 (未評価)
恋愛というものは常に一時の幻影で、必ず亡び、さめるものだ、ということを知っている大人の心は不幸なものだ。



20 オーディオブック 堕落論

オーディオブック 堕落論


発行: パンローリング
価格: 476pt
みんなの評価 (未評価)
衝撃を与えた安吾の代表作!“堕ちることにより救われる”という安吾の思想は、今の時代にこそ聴いておくべき書なのかもしれない!



1|2
[前の20件][次の20件]


1/2ページ(計:22点)
ページ指定: