藤沢周平

1/2ページ(計:36点)
1|2
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 甘味辛味 業界紙時代の藤沢周平

甘味辛味 業界紙時代の藤沢周平


発行: 文藝春秋
価格: 543pt
みんなの評価 (未評価)
いま明らかにされる作家になる前の藤沢周平──業界新聞の編集長時代に執筆したコラム70篇を精選。評伝も収録。



2 雲奔る 小説・雲井龍雄

雲奔る 小説・雲井龍雄


発行: 文藝春秋
価格: 505pt
みんなの評価 (未評価)
薩摩討つべし。幕末狂乱の嵐のなかを、討薩ただひとすじに奔走し倒れた、悲憤の志士・雲井龍雄。その短く激しい生涯。



3 逆軍の旗

逆軍の旗


発行: 文藝春秋
価格: 505pt
みんなの評価 (未評価)
戦国武将の中でひときわ異彩を放つ不可解な男・明智光秀。時代小説の第一人者が初めて手がけた歴史小説の異色作品。



4 海鳴り(上)

海鳴り(上)


発行: 文藝春秋
価格: 543pt
みんなの評価 (未評価)
四十代半ば、放蕩息子と疲れた妻、老いを自覚する日々…紙屋新兵衛の心の翳りを軸に、人生の陰影を描く世話物の名品。



5 海鳴り(下)

海鳴り(下)


発行: 文藝春秋
価格: 543pt
みんなの評価 (未評価)
男が女にえがく果てない夢。小野屋新兵衛は人妻との危険な逢瀬に仄かな光を見出すが…深い感銘をよぶ人情物語の名品。



6 小説の周辺

小説の周辺


発行: 文藝春秋
価格: 457pt
みんなの評価 (未評価)
小説の第一人者である著者が、取材のこぼれ話から自作の背景、転機となった作品について吐露した、滋味溢れる随筆集。



7 周平独言

周平独言


発行: 文藝春秋
価格: 648pt
みんなの評価 (未評価)
惹かれてやまない歴史上の人物、創作への意欲、故郷庄内の風土や人々への思い…藤沢ファン必読の記念碑的初エッセイ集!



8 半生の記

半生の記


発行: 文藝春秋
価格: 476pt
みんなの評価 (未評価)
含羞の作家が初めて書いた自伝。郷里山形、生家と家族、戦中と戦後、そして闘病…藤沢文学の源泉を語る貴重な1冊!



9 一茶

一茶


発行: 文藝春秋
価格: 602pt
みんなの評価 (未評価)
生涯2万に及ぶ発句。俳聖か、風狂か、俗物か──稀代の俳諧師・小林一茶の複雑な貌を描き出す傑作伝記小説!



10 白き瓶 小説 長塚節

白き瓶 小説 長塚節


発行: 文藝春秋
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
稀有の歌人・長塚節(たかし)の生涯を、詳密かつ鮮明に描いた著者渾身の伝記。第20回吉川英治文学賞受賞作!



11 帰省

帰省


発行: 文藝春秋
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
作家・藤沢周平の没後11年を経て編まれた未刊行エッセイ集に、新たに発見された8篇を追加。最後のエッセイ集!



12 夜の橋

夜の橋


発行: 文藝春秋
価格: 619pt
みんなの評価 (未評価)
別れた女房が訪ねてきた理由とは?片隅に生きる男女の微妙な情を描いた表題作ほか、小説作りの名手の技冴える作品集。



13 又蔵の火

又蔵の火


発行: 文藝春秋
価格: 570pt
みんなの評価 (未評価)
暗い宿命に背中を押されて生き、あるいは死んでいく者たちを、抑えた筆致で哀感を込めて描いた初期名品集。全5篇収録。



14 暁のひかり

暁のひかり


発行: 文藝春秋
価格: 476pt
みんなの評価 (未評価)
朝の光のなかで竹竿にすがって歩く稽古をする薄幸の娘。市井の人々の哀切な息づかいを端正にえがく初期名品集。



15 喜多川歌麿女絵草紙

喜多川歌麿女絵草紙


発行: 文藝春秋
価格: 486pt
みんなの評価 (未評価)
美人を描かせたら江戸でいちばん。人気絶頂の浮世絵師・歌麿だが、色っぽい美人を描きながらも…藤沢周平の新境地!



16 漆(うるし)の実のみのる国 上

漆(うるし)の実のみのる国 上


発行: 文藝春秋
価格: 546pt
みんなの評価 (未評価)
藤沢周平、生涯さいごの作品であるこの小説は、無私に殉じた米沢藩のひとびとの類いなくうつくしい物語である。(上巻)



17 漆(うるし)の実のみのる国 下

漆(うるし)の実のみのる国 下


発行: 文藝春秋
価格: 560pt
みんなの評価 (未評価)
天よ、いつまでわれらをくるしめるつもりですか。米沢藩主・上杉鷹山の孤独と哀しみ。しかし漆は漸く育ちはじめた。(下巻)



18 闇の梯子

闇の梯子


発行: 文藝春秋
価格: 552pt
みんなの評価 (未評価)
闇に垂れ下がる梯子をたどり、人生の奈落へと墜ちてゆく男たち…。表題作ほか全五篇。藤沢周平が四十代に書いた名短篇集。



19 無用の隠密 未刊行初期短篇

無用の隠密 未刊行初期短篇


発行: 文藝春秋
価格: 720pt
みんなの評価 (未評価)
作家デビューの数年前、無名時代に雑誌掲載された幻の短篇14篇。あらたに「浮世絵師」も収録した、ファン垂涎の1冊。



20 霧の果て 神谷玄次郎捕物控

霧の果て 神谷玄次郎捕物控


発行: 文藝春秋
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
はぐれ同心・神谷玄次郎は、仕事を怠けて馴染みの女の店に入り浸る日々。しかし事件となると抜群の力を発揮する!



1|2
[前の20件][次の20件]


1/2ページ(計:36点)
ページ指定: