グーテンベルク21

1/61ページ(計:1208点)
1|23・・61
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 ゴムのラッパ

ゴムのラッパ


発行: グーテンベルク21
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
エラリー・クイーン絶賛の倒叙型警察ミステリーの傑作短編集。



2 百万に一つの偶然

百万に一つの偶然


発行: グーテンベルク21
価格: 700pt
みんなの評価 (未評価)
スコットランド・ヤードの「迷宮課」の事件簿、第2弾!



3 災厄の町

災厄の町


発行: グーテンベルク21
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
アメリカの架空の田舎町を舞台に繰り広げられるドラマ。クイーン中期の代表作として名高い。



4 クロイドン発12時30分

クロイドン発12時30分


発行: グーテンベルク21
価格: 700pt
みんなの評価 (未評価)
倒叙ミステリーの代表的傑作。読者は思わず犯人の心の動きに一体化しているのを感じさせられる一冊。



5 宇宙の操り人形

宇宙の操り人形


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
ある日、懐かしい故郷の町が見知らぬ場所に!ディック・ワールド全開。



6 ウォー・ゲーム

ウォー・ゲーム


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
ディックの初期作品9編で構成された短編集。子供たちの玩具に隠された秘密を見つけだせ!



7 大宇宙の魔女

大宇宙の魔女


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
女流作家ムーアの手になるSFファンタジーの名編ノースウェスト・スミス・シリーズ第1巻。



8 異次元の女王

異次元の女王


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
金星の酒場で一服盛られたスミスが目覚めたのは真っ暗で無気味な土地で…宇宙無宿ノースウェスト・スミス・シリーズ第2巻。



9 暗黒界の妖精

暗黒界の妖精


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
火星古代のイラーの僧院の廃墟に逃げ込んだスミスはその中庭でむせび泣く女を見て…ノースウェスト・スミス・シリーズ第3巻完結編



10 飛行士たちの話

飛行士たちの話


発行: グーテンベルク21
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
戦記文学としても質の高い飛行機乗りの物語10編を収録したダールの最初の短編集。



11 若き日の芸術家の肖像

若き日の芸術家の肖像


発行: グーテンベルク21
価格: 700pt
みんなの評価 (未評価)
「ユリシーズ」へと引き継がれる青春文学の力作。ジョイスの若き日を描いたとみられる自伝的要素の強い作品です。



12 サンクチュアリ

サンクチュアリ


発行: グーテンベルク21
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
米国南部ミシシッピ州を舞台に展開する異常な性的事件を描く問題作。



13 刺青・秘密

刺青・秘密


発行: グーテンベルク21
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「刺青」「少年」「幇間」「秘密」「恐怖」の五編を収録した、谷崎文学のすべての萌芽がうかがえる初期短編集。



14 痴人の愛

痴人の愛


発行: グーテンベルク21
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
作者の悪魔主義的傾向の一つの頂点をなす作品であり、妖婦の一タイプを創造した話題作。



15 鍵


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
読まれることを前提として書かれた日記を夫婦がお互いに盗み読む物語。



16 卍


発行: グーテンベルク21
価格: 500pt
みんなの評価 (未評価)
弁護士の夫に不満を持っている園子は美術学校に通い始め、そこで絶世の美女と知り合い…複雑な女性心理の変容のさまを描いた傑作。



17 春琴抄

春琴抄


発行: グーテンベルク21
価格: 300pt
みんなの評価 (未評価)
盲目の三味線師匠に仕える佐助の、愛と献身を描いた物語。



18 少将滋幹の母

少将滋幹の母


発行: グーテンベルク21
価格: 300pt
みんなの評価 (未評価)
母を追慕する滋幹(しげもと)に焦点をあてて繰り広げられる王朝絵巻。



19 盲目物語

盲目物語


発行: グーテンベルク21
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
盲目の三味線弾きの思慕を縦糸にしてつづられるお市の方の物語。



20 吉野葛・蘆刈

吉野葛・蘆刈


発行: グーテンベルク21
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
大阪移住以来、作者の作風が純日本的なものに移行していった時期の代表作。



1|23・・61
[前の20件][次の20件]


1/61ページ(計:1208点)
ページ指定: