創元推理文庫

1/29ページ(計:567点)
1|23・・29
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 遭難信号

遭難信号


発行: 東京創元社
価格: 1,296pt
みんなの評価 (未評価)
巨大な豪華客船で、彼女は忽然と姿を消した。巧みな構成で描かれる極上の船旅の裏側、そして驚愕の真相!衝撃のデビュー作!



2 ガイコツは眠らず捜査する

ガイコツは眠らず捜査する


発行: 東京創元社
価格: 1,111pt
みんなの評価 (未評価)
娘の通う高校で、殺人事件が起きた!―と言い張る親友の骸骨シドを信じた大学講師ジョージア、家族で事件に挑む!



3 星水晶の歌 上

星水晶の歌 上


発行: 東京創元社
価格: 1,296pt
みんなの評価 (未評価)
預言の英雄、敵地へ。世界中は滅びを免れることができるのか。戦いに翻弄される人々の運命は?物語は圧巻の結末を迎える!



4 星水晶の歌 下

星水晶の歌 下


発行: 東京創元社
価格: 1,296pt
みんなの評価 (未評価)
自らの運命を知った英雄は、光の剣を奪還するべく敵国へ旅立つ。永遠の友情、初恋、遙かな国の伝説…壮大な四部作ついに完結!



5 望月のあと 覚書源氏物語『若菜』

望月のあと 覚書源氏物語『若菜』


発行: 東京創元社
価格: 880pt
みんなの評価 (未評価)
隆盛を誇る平安の世が「源氏物語」をなぞらえはじめた?!紫式部が物語に仕掛けた、雅な意趣返しとは?王朝推理絵巻第3弾!



6 海泡

海泡


発行: 東京創元社
価格: 787pt
みんなの評価 (未評価)
暑い小笠原での憂鬱な夏休み、ぼくはかつての同級生が変死した事件に遭遇する。海の泡のような儚い青春を描く、傑作ミステリ。



7 劇場の迷子

劇場の迷子


発行: 東京創元社
価格: 1,204pt
みんなの評価 (未評価)
優美なり雅楽の絵解き。表題作ほか、著者最晩年の「演劇史異聞」まで、名探偵・中村雅楽、珠玉の28篇。シリーズ第4巻。



8 松風の記憶

松風の記憶


発行: 東京創元社
価格: 1,111pt
みんなの評価 (未評価)
シリーズ最終巻は、優雅で趣き深い名編『松風の記憶』と、安楽椅子探偵の妙味が味わえる『第三の演出者』の長編2本を掲載。



9 魔導の黎明

魔導の黎明


発行: 東京創元社
価格: 880pt
みんなの評価 (未評価)
禁術、それは強大な力を秘めた恐るべき技。迫害に耐えたくましく生きる魔導士たちの姿を描く〈真理の織り手〉シリーズ完結!



10 空の幻像

空の幻像


発行: 東京創元社
価格: 1,204pt
みんなの評価 (未評価)
再会した幼馴染みと恋人になったら即プロポーズ!?こんなに愛されてたなんて聞いてない!



11 イメコン

イメコン


発行: 東京創元社
価格: 620pt
みんなの評価 (未評価)
謎のイケメン・一色一磨。“イメージ・コンサルタント”だと名乗る彼が、服装や仕草についてアドバイスをすると…



12 團十郎切腹事件

團十郎切腹事件


発行: 東京創元社
価格: 1,111pt
みんなの評価 (未評価)
江戸川乱歩に見いだされ、旧「宝石」誌に掲載された「車引殺人事件」にはじまる、老歌舞伎役者・中村雅楽の推理譚。



13 グリーン車の子供

グリーン車の子供


発行: 東京創元社
価格: 1,296pt
みんなの評価 (未評価)
元祖“日常の謎”ミステリ。第2巻は、第29回日本推理作家協会賞を受賞した「グリーン車の子供」を含む19編を収録。



14 目黒の狂女

目黒の狂女


発行: 東京創元社
価格: 1,111pt
みんなの評価 (未評価)
梨園を描く、雅楽推理譚。第3巻は、雅楽の推理が冴える表題作「目黒の狂女」を含む全23編を収録。名シリーズ、ますます快調!



15 死後開封のこと 上

死後開封のこと 上


発行: 東京創元社
価格: 926pt
みんなの評価 (未評価)
屋根裏部屋で見つけた一通の手紙。夫の字で「死後開封のこと」と書かれていた。すべてはあの手紙がきっかけだった。



16 死後開封のこと 下

死後開封のこと 下


発行: 東京創元社
価格: 926pt
みんなの評価 (未評価)
パンドラの箱を開けた女たち。それぞれの秘密を胸に生きる三人の女。運命は衝撃の事件へと彼女たちを導いていく―。



17 火災調査官

火災調査官


発行: 東京創元社
価格: 880pt
みんなの評価 (未評価)
都内で起こる連続放火事件。炎に魅せられた火災調査官と正義感の強い消防士。火災のプロ達が、放火犯の謎を追う!



18 日曜の午後はミステリ作家とお茶を

日曜の午後はミステリ作家とお茶を


発行: 東京創元社
価格: 926pt
みんなの評価 (未評価)
数々の謎に遭遇し、見事解決に導くミステリ作家のシャンクス。推理短編の名手である図書館司書の著者が贈る連作短編集!



19 気まぐれ食堂 神様がくれた休日(なつやすみ)

気まぐれ食堂 神様がくれた休日(なつやすみ)


発行: 東京創元社
価格: 583pt
みんなの評価 (未評価)
「おいしい」の一言で、明日も私は頑張れる。瀬戸内海の小島に建つ不思議な食堂で過ごす、かけがえのない休日。



20 占い師はお昼寝中

占い師はお昼寝中


発行: 東京創元社
価格: 565pt
みんなの評価 (未評価)
霊感が無くても、お客さんの悩みは解消できるのです。始終寝ている心やさしき占い師・辰寅叔父の、安楽椅子探偵連作集。



1|23・・29
[前の20件][次の20件]


1/29ページ(計:567点)
ページ指定: