近代小説

1/6ページ(計:104点)
1|23・・6
ジャンルで絞込
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 [新訳]武士の娘

[新訳]武士の娘


発行: PHP研究所
価格: 1,204pt
みんなの評価 (未評価)
本書は、1925年(大正15年)に全米でベストセラーとなった旧長岡藩筆頭家老の娘・杉本鉞子による自伝的小説の完全新訳版。



2 入江のほとり

入江のほとり


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
教職に就きながらも独学で何年も英語を勉強していた辰雄。



3 魔のひととき

魔のひととき


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
己の病状が悪化したなか、肉体と精神の苦しみを叙情と詩情にあふれた文体で描かれる。



4 死までを語る

死までを語る


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
直木三十五の自叙伝的な小説。直木三十五の破天荒な生き方が描かれている。



5 環礁 ミクロネシヤ巡島記抄

環礁 ミクロネシヤ巡島記抄


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
小説家、中島敦が戦時中、パラオ駐在時に書いた作品、「環礁」。日本の統治下だった当時の島人達の暮らしが興味深く描かれている。



6 虎狩

虎狩


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
33歳の若さで早世した小説家、中島敦の短編小説。日本統治下の朝鮮を舞台に、友人である趙大煥との交流が描かれた作品。



7 光と風と夢

光と風と夢


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
中島敦のデビュー作となる「光と風と夢」イギリスの作家スティーヴンソンが死に至るまでの数年間を日記体で書かれた作品。



8 貧しき人々の群

貧しき人々の群


発行: ゴマブックス
価格: 680pt
みんなの評価 (未評価)
昭和期の小説家、評論家である宮本百合子による作品。宮本百合子による作品。



9 鮨


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「鮨」は大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家岡本かの子による作品。漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだ。



10 百喩経

百喩経


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「百喩経」は大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家岡本かの子による作品。漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだ。



11 あめんちあ

あめんちあ


発行: ゴマブックス
価格: 544pt
みんなの評価 (未評価)
富ノ沢麟太郎による作品。代表作は自伝的作品の「流星」。没後に横光の編集による「富ノ沢麟太郎集」が刊行された。



12 螢火

螢火


発行: 文藝春秋
価格: 768pt
みんなの評価 (未評価)
あなたの人生の染み、抜かせていただきます…染み抜き屋つるの許に今日も訳ありの染みが舞い込む。心にしみる連作5篇。



13 へび女房

へび女房


発行: 文藝春秋
価格: 657pt
みんなの評価 (未評価)
商家から武家へ、大名の姫から芸者へ、そして異人の妻へ。激動の世を生き抜く女たちの哀しさと潔さが胸に迫る佳品集



14 花や散るらん

花や散るらん


発行: 文藝春秋
価格: 590pt
みんなの評価 (未評価)
名作『いのちなりけり』の雨宮蔵人と咲弥が、今度は赤穂浪士の討ち入りに巻き込まれた!二人の運命は如何に…。



15 その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ

その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ


発行: 文藝春秋
価格: 543pt
みんなの評価 (未評価)
北関東の紅雲町でコーヒーと和食器の店を営むお草。シリーズ第2弾。



16 長宗我部(ちょうそがべ)

長宗我部(ちょうそがべ)


発行: 文藝春秋
価格: 686pt
みんなの評価 (未評価)
四国統一の覇者から「下士」へ転落。秦の始皇帝を遠祖とする名門一族の2000年にわたる興亡を、17代目当主が描く!



17 信長の血統

信長の血統


発行: 文藝春秋
価格: 770pt
みんなの評価 (未評価)
戦国乱世の中、天下統一目前に斃れた織田信長。秀吉から徳川政権へ移行するなか、稀代の改革者の血はどこへ流れたのか。



18 手のひら、ひらひら 江戸吉原七色彩

手のひら、ひらひら 江戸吉原七色彩


発行: 文藝春秋
価格: 657pt
みんなの評価 (未評価)
江戸吉原には、うぶな娘を花魁へと染めかえる裏稼業があった…色と欲、恋と情けの吉原を描いたデビュー作!



19 月影の道 小説・新島八重

月影の道 小説・新島八重


発行: 文藝春秋
価格: 600pt
みんなの評価 (未評価)
強くひたむきに明治を駆け抜け「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた新島八重。激動の一生を描ききった書き下ろし小説。



20 春はそこまで 風待ち小路の人々

春はそこまで 風待ち小路の人々


発行: 文藝春秋
価格: 1,238pt
みんなの評価 (未評価)
江戸は芝神明宮にほど近い「風待ち小路」。商店街活性化のために催された素人芝居の意外な顛末とは?人情時代小説



1|23・・6
[前の20件][次の20件]


1/6ページ(計:104点)
ページ指定: