古典文学

1/4ページ(計:77点)
1|23・・4
ジャンルで絞込
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 省察

省察


発行: ゴマブックス
価格: 250pt
みんなの評価 (未評価)
今日まで連なる哲学と科学の流れの出発点―初めて読むのに最適な哲学書とされる古典の新訳。



2 アガメムノン

アガメムノン


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
アガメムノンの暗殺にまつわる悲劇。



3 テーバイを攻める七将

テーバイを攻める七将


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
「テーバイ」はテーバイ王オイディプスの二人の息子、エテオクレスとポリェネイケースの、父の呪詛を受けた二人の息子の権力争い。



4 縛られたプロメテウス

縛られたプロメテウス


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
人間に火を与えて大神ゼウスの怒りを招いたプロメテウスは、岩山に鎖でくくりつけられてしまい…プロメテウスとゼウスとの争い。



5 アンティゴネー

アンティゴネー


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
死を覚悟で兄の埋葬をおこなうアンティゴネーにまつわる悲劇。



6 オイディプス

オイディプス


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
テーバイ王の子オイディプスは、スピンクスを退治してテーバイの王位に即く。幸福に暮らしていたが…?ギリシア悲劇最高の傑作。



7 コロノスのオイディプス

コロノスのオイディプス


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
オイディプスの後日談で、これをソポクレスの最高の作品とする評者は多い。



8 メデイア

メデイア


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
夫イアソンの不貞に憎悪のとりことなったメデイアの悲劇。メデイアは激しい憎悪のとりこになって…



9 ヒッポリュトス

ヒッポリュトス


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
自分の継子との恋に悩み自殺した若い妻にまつわる悲劇。エウリピデスの代表作の一つ。



10 タウリスのイピゲネイア

タウリスのイピゲネイア


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
弟を人身御供として捧げる儀式の浄めを強いられるイピゲネイア。「アウリスのイピゲネイア」の後日譚。



11 バッコスの狂信女たち

バッコスの狂信女たち


発行: グーテンベルク21
価格: 260pt
みんなの評価 (未評価)
バッコス神の復讐を描くエウリピデスの傑作。この劇ほど舞台で歓迎され、また多く引用され模倣された劇は他にないくらいである



12 好色女傑伝(上)

好色女傑伝(上)


発行: グーテンベルク21
価格: 1,000pt
みんなの評価 (未評価)
事例の豊富さで冠たる艶笑文学の古典的名作。ギリシア・ローマの娼婦や皇帝にまつわる話も満載。上巻。



13 好色女傑伝(下)

好色女傑伝(下)


発行: グーテンベルク21
価格: 1,000pt
みんなの評価 (未評価)
事例の豊富さで冠たる艶笑文学の古典的名作。ギリシア・ローマの娼婦や皇帝にまつわる話も満載。下巻。



14 ギリシア悲劇全集

ギリシア悲劇全集


発行: グーテンベルク21
価格: 3,000pt
みんなの評価 (未評価)
古代ギリシアの三大悲劇詩人の、完本に近いかたちで現存する全作品33編を収めた決定版。



15 ラーマーヤナ(上)

ラーマーヤナ(上)


発行: グーテンベルク21
価格: 900pt
みんなの評価 (未評価)
古代インドの大叙事詩。コーサラ国の王子ラーマが魔王に拉致された妻を、猿族の助力を得て奪還、王位に着くまでを物語る。上巻



16 ラーマーヤナ(下)

ラーマーヤナ(下)


発行: グーテンベルク21
価格: 900pt
みんなの評価 (未評価)
古代インドの大叙事詩。コーサラ国の王子ラーマが魔王に拉致された妻を、猿族の助力を得て奪還、王位に着くまでを物語る。下巻



17 古事記物語

古事記物語


発行: PHP研究所
価格: 602pt
みんなの評価 (未評価)
日本の伝統をその始まりから伝える古事記。この日本最古の古典を芸術的作品にまで高めた鈴木三重吉の名著『古事記物語』を復刊。



18 古事記物語

古事記物語


発行: オリオンブックス
価格: 100pt
みんなの評価 (未評価)
日本創世の物語。さまざまな神さまが生まれ、国を造っていった。日本人として一度は読んでおきたい古事記。



19 いっきに読める三国志

いっきに読める三国志


発行: PHP研究所
価格: 1,185pt
みんなの評価 (未評価)
黄巾の乱から曹操・劉備・孫権の三国時代を経て晋による中国統一まで、数多くの英雄の活躍を描いた陳寿の正史『三国志』を描く。



20 「孫子」を読む

「孫子」を読む


発行: PHP研究所
価格: 417pt
みんなの評価 (未評価)
「戦わずして勝つ」を理想とする兵法の書『孫子』。天才兵法家の波瀾の生涯にふれ、人間学としての『孫子』を紹介する。



1|23・・4
[前の20件][次の20件]


1/4ページ(計:77点)
ページ指定: