海外ミステリ小説

1/35ページ(計:698点)
1|23・・35
ジャンルで絞込
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 死線のサハラ 上

死線のサハラ 上


発行: ハーパーコリンズ・ジャパン
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
ロンドン中心部で起きた死者千名超の大殺戮。弔いのために放たれたのは、伝説の暗殺者―スパイ小説の極北。



2 死線のサハラ 下

死線のサハラ 下


発行: ハーパーコリンズ・ジャパン
価格: 800pt
みんなの評価 (未評価)
作戦の標的はフランス人実業家の愛人で、元モデルのオリヴィア。ガブリエルは彼女に接近すべく…



3 遭難信号

遭難信号


発行: 東京創元社
価格: 1,296pt
みんなの評価 (未評価)
巨大な豪華客船で、彼女は忽然と姿を消した。巧みな構成で描かれる極上の船旅の裏側、そして驚愕の真相!衝撃のデビュー作!



4 ガイコツは眠らず捜査する

ガイコツは眠らず捜査する


発行: 東京創元社
価格: 1,111pt
みんなの評価 (未評価)
娘の通う高校で、殺人事件が起きた!―と言い張る親友の骸骨シドを信じた大学講師ジョージア、家族で事件に挑む!



5 師任堂(サイムダン)、色の日記(下)

師任堂(サイムダン)、色の日記(下)


発行: 新書館
価格: 1,500pt
みんなの評価 (未評価)
師任堂としての過酷な人生と、贋作騒動と夫の不祥事から家族を守ろうとするジユンの人生が交錯、やがて…!?感動の完結篇!



6 アメリカン・アサシン 上

アメリカン・アサシン 上


発行: オークラ出版
価格: 811pt
みんなの評価 (未評価)
彼らは敵だ。敵は死ななければならない。復讐心に燃えたラップは、暗殺者になるための第一歩を踏み出し─。



7 アメリカン・アサシン 下

アメリカン・アサシン 下


発行: オークラ出版
価格: 811pt
みんなの評価 (未評価)
ラップはCIAの極秘チームの一員となり、彼を暗殺者にするための訓練をしたハーレーと組んで任務にあたることになった。



8 イエスの遺言書 上

イエスの遺言書 上


発行: オークラ出版
価格: 888pt
みんなの評価 (未評価)
事故で父を亡くしたと思っていたブラヴォーだったが、その死には中世宗教の謎が絡んでいた!



9 イエスの遺言書 下

イエスの遺言書 下


発行: オークラ出版
価格: 915pt
みんなの評価 (未評価)
父親を殺されたブラヴォーは、父が命がけで守ろうとしていた謎、そして隠された歴史に迫るが─。



10 血の福音書 上

血の福音書 上


発行: オークラ出版
価格: 759pt
みんなの評価 (未評価)
余命わずかの少年トミーは、イスラエルのマサダにある要塞の遺跡に両親とともにやってきた。しかし、遺跡を大きな揺れが襲い…



11 血の福音書 下

血の福音書 下


発行: オークラ出版
価格: 898pt
みんなの評価 (未評価)
マサダの事故で生き残ったトミーの前に、謎の少年が現れた。その少年から、呪いともいえる恐るべき秘密をトミーは聞かされ…



12 聖十字架の守り人 上

聖十字架の守り人 上


発行: オークラ出版
価格: 741pt
みんなの評価 (未評価)
修道女でバチカンの秘密文書館の研究者であるオッターヴィアは、枢機卿から任務を命ぜられて─。



13 聖十字架の守り人 下

聖十字架の守り人 下


発行: オークラ出版
価格: 759pt
みんなの評価 (未評価)
手がかりを追うオッターヴィアの前に、次々に難題が立ちふさがり…。



14 贋作

贋作


発行: 東京創元社
価格: 2,407pt
みんなの評価 (未評価)
17世紀オランダ女流画家の謎めいた人生と女性美術史家の秘められた過去。ミステリアスで壮大な人間ドラマ!



15 罪人のカルマ

罪人のカルマ


発行: ハーパーコリンズ・ジャパン
価格: 1,100pt
みんなの評価 (未評価)
捜査官ウィルVS連続殺人犯(実父)!「壮絶なラストまで、一気読みの迫力」北上次郎(本書解説より)



16 イレーナ、闇の先へ

イレーナ、闇の先へ


発行: ハーパーコリンズ・ジャパン
価格: 900pt
みんなの評価 (未評価)
交錯する思惑と、その裏で蠢く陰謀…怒涛の展開でクライマックスに向け加速する、〈霊魂の探しびと篇〉第2幕!



17 空の幻像

空の幻像


発行: 東京創元社
価格: 1,204pt
みんなの評価 (未評価)
再会した幼馴染みと恋人になったら即プロポーズ!?こんなに愛されてたなんて聞いてない!



18 死後開封のこと 上

死後開封のこと 上


発行: 東京創元社
価格: 926pt
みんなの評価 (未評価)
屋根裏部屋で見つけた一通の手紙。夫の字で「死後開封のこと」と書かれていた。すべてはあの手紙がきっかけだった。



19 死後開封のこと 下

死後開封のこと 下


発行: 東京創元社
価格: 926pt
みんなの評価 (未評価)
パンドラの箱を開けた女たち。それぞれの秘密を胸に生きる三人の女。運命は衝撃の事件へと彼女たちを導いていく―。



20 わたしの小さなかけらをすべて

わたしの小さなかけらをすべて


発行: オークラ出版
価格: 1,048pt
みんなの評価 (未評価)
嵐の夜、車を運転していたフェイスは明かりのない道で迷ってしまった。暗闇を走るなか、前を横切ったなにかをはねた気がしたが…



1|23・・35
[前の20件][次の20件]


1/35ページ(計:698点)
ページ指定: