文芸

1/55ページ(計:1085点)
1|23・・55
名作小説現代小説近代小説海外文学古典文学詩歌民話・伝説戯曲児童文学
ジャンルで絞込
並び替え
端末
詳細リスト|表紙リスト(50件表示)
[前の20件][次の20件]


1 5分で人間が怖くなる サイコホラーショートストーリーズ

5分で人間が怖くなる サイコホラーショートストーリーズ


発行: エブリスタ
価格: 590pt
みんなの評価 (未評価)
『5分で人間が怖くなる サイコホラーショートストーリーズ』人間心理の深淵を描いた珠玉の掌編11本。



2 伝説の「武器・防具」がよくわかる本

伝説の「武器・防具」がよくわかる本


発行: PHP研究所
価格: 556pt
みんなの評価 ★★★★★(1)
オーディンの槍グングニルやアーサー王の聖剣エクスカリバー等、神話やファンタジーに登場する武器・防具をイラストと共に紹介。



3 拝啓、眩しい季節

拝啓、眩しい季節


発行: ブリジットブックス
価格: 200pt
みんなの評価 (未評価)
ある日届いた一通の手紙。差出人は生前の父が親しくしていた女性だった…!亡き父とその女性には一体どんな関係が…?



4 カクテル言葉を教えて

カクテル言葉を教えて


発行: いるかネットブックス
価格: 200pt
みんなの評価 (未評価)
繁華街の路地裏では、今夜もカクテルと共に物語が待っている。



5 私のくだらない半生

私のくだらない半生


発行: いるかネットブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
過食に苦しむ一人の女の告白を通して、何かに貪欲に生きることの苦しさや恐ろしさが明らかになる。



6 BISビブリオバトル部2 幽霊なんて怖くない

BISビブリオバトル部2 幽霊なんて怖くない


発行: 東京創元社
価格: 787pt
みんなの評価 (未評価)
夏休みを迎えたビブリオバトル部員は、〈怖い話〉と〈戦争〉のふたつのテーマバトルに挑む。ビブリオバトル青春小説第2弾!



7 文蔵 2017.2

文蔵 2017.2


発行: PHP研究所
価格: 556pt
みんなの評価 (未評価)
【ブックガイド】家族小説から恋愛、ミステリまで心あたたまる小説【連載小説】長岡弘樹「影絵のミザンセヌ」ほか



8 淋しいおさかな

淋しいおさかな


発行: PHP研究所
価格: 571pt
みんなの評価 (未評価)
戯曲『マッチ売りの少女』などで小劇場演劇の先駆者として活躍した著者が読者の虚をつくような結末を用意した大人のための童話集。



9 ペナンブラ氏の24時間書店

ペナンブラ氏の24時間書店


発行: 東京創元社
価格: 926pt
みんなの評価 (未評価)
風変わりな書店には、世界を揺るがす秘密が隠されていた?本好きならば見逃せない、爽快エンタテインメント小説!



10 僕たちのミュージック

僕たちのミュージック


発行: いるかネットブックス
価格: 300pt
みんなの評価 (未評価)
たまたま観たライブで、めちゃくちゃにかっこいいバンドと出会った。そしてりかは突っ走る。好きを原動力にして。



11 ブルックリン橋をわたって

ブルックリン橋をわたって


発行: Benjanet
価格: 1,200pt
みんなの評価 (未評価)
母親を亡くし、別居中だった父親とニューヨークで暮らす事になった小野寺早紀。学校では打ち解けず孤独な毎日を送っていたある日…



12 夜を創った男たち 黒服王 奥澤健二

夜を創った男たち 黒服王 奥澤健二


発行: Benjanet
価格: 1,200pt
みんなの評価 (未評価)
夜の世界に足を踏み入れて40余年。銀座で超一流と言われるクラブを経営者として創り上げ、「黒服王」となった奥澤健二の物語!



13 er−ショートニング3 続続・短くてくだらない100の物語

er−ショートニング3 続続・短くてくだらない100の物語


発行: KADOKAWA/エンターブレインDMG
価格: 460pt
みんなの評価 ★★★★★(1)
図に乗って第3弾!説明不要のくだらなさ!心のすきまは埋めますが、空腹は…満たせません!



14 卒業の歌 ぼくたちの挑戦

卒業の歌 ぼくたちの挑戦


発行: PHP研究所
価格: 1,019pt
みんなの評価 (未評価)
翔太は、アメリカからの転校生、麻里絵と校内合唱コンクールの創作曲を作ることになった。そして、クラスもまとまり始めたとき…



15 出家とその弟子

出家とその弟子


発行: ゴマブックス
価格: 744pt
みんなの評価 (未評価)
「出家とその弟子」は日本の劇作家、評論家倉田百三による作品。親鸞とその弟子唯円を描いた戯曲。



16 信太妻の話

信太妻の話


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「信太妻の話」は日本の民俗学者、国文学者、国語学者折口信夫による作品。柳田國男の高弟として民俗学の基礎を築いた。



17 葬列

葬列


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「葬列」は日本の歌人、詩人石川啄木による作品。代表作に歌集『悲しき玩具』、詩集『呼子と口笛』等がある。



18 南京の基督

南京の基督


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「南京の基督」は日本の小説家芥川龍之介による作品。その作品の多くは短編である。



19 夫人利生記

夫人利生記


発行: ゴマブックス
価格: 400pt
みんなの評価 (未評価)
「夫人利生記」は日本の小説家泉鏡花による作品。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説の他に戯曲や俳句も手がけた。



20 ただいるだけで

ただいるだけで


発行: PHP研究所
価格: 1,111pt
みんなの評価 (未評価)
あなたにめぐり逢えてほんとうによかった…生きる苦しみ悲しみに心折れそうなとき、励まし勇気づけてくれる、あたたかな書と言葉。



1|23・・55
[前の20件][次の20件]


1/55ページ(計:1085点)
ページ指定: