マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌くらし福祉

わたしはレンタルお姉さん。

わたしはレンタルお姉さん。


発行: 二見書房
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 ラウンジホステスからレンタルお姉さんへの転身、それから3年間にも及ぶニートや引きこもりたちとの熱い交流――最前線の現場で殻に閉じこもったニートの再出発をサポートする女性訪問員の活動記録。
「彼らに対して特別なことをしているわけではありません。人が人として向き合う。そこには出会いがあり、喜びや感動があります。それだけで私はこの仕事に巡り会えて幸せだと感じています」

目次

Part1 私が出会ったニートの素顔
わたしはレンタルお姉さん
家族との会話を絶って七年
理屈だけで行動しない人
“いつでも働ける”の落とし穴
初めて訪問、即日入寮!


Part2 ニートとその親たち
真面目な親がニートをつくる
ニートは王様、親は家来
親の覚悟が“子ども”を変える
ときには憎まれ役にも
擬似恋愛も生きるチカラ


Part3 人を癒すことのできる仕事
一生の財産となった出会い
自分を活かせる仕事を求めて
好奇心がエネルギーに
心を潤してくれる仕事
気分が沈んだときは


Part4 楽な気持ちで生きようよ
頭でっかち厳禁!
100か0ではない
幸せになるには幸せに目を向けること
トラブルこそ心が成長する機会
あるがままの自分でスローワーク
今を大切にし、“切に生きる”


あとがき

抄録

 ★わたしはレンタルお姉さん☆


「“レンタルお姉さん”って、どんなお仕事なんですか?」
 よく、そういう質問を受けます。そんなとき私は、こう答えています。
「引きこもっているニートに対して、“おせっかいおばさん”の代わりをするような仕事なんです」と。
 そう、ちょっと昔の日本にはどこにでもいた、近所のおせっかいなおばさん。他人の家にずかずか上がりこんできて、「天気がいいのに、若いモンが昼間から家でゴロゴロしてちゃダメよ。外に出て体でも動かしなさいよ。おばさんがいい仕事の口でも探してあげようか?」といったノリです(実際には、もっと優しいときも、厳しいときもありますが)。
 昔は、近所の大人がよその子どもを叱ったり、家に近所の人が出入りすることも当たり前でした。子どもはいろいろな大人に触れる機会があったはずです。
 子どもにとっては面倒なことが多いものですが、そんなかかわりのなかで、世の中には多種多様な人がいて、さまざまな生き方があることを子どもは自然に学び、地域の大人に育てられていました。
 ところが、現代ではそんな機能は失われてしまい、核家族化が進み、親だけで子どもを育てなければならない時代です。ニートと呼ばれ、働かずに引きこもっている若者を抱えて、行き詰まっている家庭がたくさんあります。
 そういう家庭を訪ね、おせっかいおばさんのごとく、「外に出て、また人と交わってみようよ」と、ニートに“大きなお世話”を焼くのが、私たちレンタルお姉さんの仕事です。
 少し遠回りな説明になりましたが、なんとなくイメージが湧きましたでしょうか?
 このレンタルお姉さんの訪問は、目標を喪失した若者を支援する「NPO法人ニュースタート事務局」の活動のひとつとして始まりました。
 ニートとは、学業にも、職業にもついていない人たちで、日本の省庁の統計などでは、十五〜三十四歳が年齢の対象になっていますが、三十代後半や四十代のニートも増えているのが現状ですから、私たちは特にこの定義にはこだわっていません。
 レンタルお姉さんの担当者は、いちばん共感を得やすい同年代の女性がなるのが特徴です。私たちはほとんどのニートと同年代ですから、“おせっかいおばさん”ではなく、“おせっかいお姉さん”、ときには“おせっかいな妹”といった感じでしょうか。
 訪問部隊には男性もいますので、現在は、約二十五名のレンタルお姉さん、レンタルお兄さんが活動しています。
 私たちの役割は、引きこもっている若者に「外へ出てみよう」という気持ちを起こさせて、そのきっかけをつくり、次のステップへつなぐことです。
 次のステップについては、両親との最初の面談で方針が話し合われますが、事務局で運営している寮に入って同年代の人たちと共同生活をしながら、いろいろな仕事の体験をしてもらい、そのなかで人との接し方を学び、自分のやりたい仕事を見つけてもらうのが一般的な流れです。
 そのほかに、「四国お遍路」というイベントへの参加や、アルバイトを見つけて働くこと、不登校の若者の場合には学校へ戻ることなどが目標になる場合もあります。
 いずれにしても、行動を起こすところまでを見届けるのが、私たちの役目なのです。
 レンタルお姉さんの実際の活動は、親御さんからの依頼によって始まります。事務局とご両親との面談で方針が決まると、年齢や性別、地域などを考慮して担当者を決定します。それからが、私たちの出番です。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。