マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションライトノベルミステリー

碧い宝石箱

碧い宝石箱


発行: 集英社
レーベル: コバルト文庫
価格:450pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 久美 沙織(くみ さおり)
 1959年4月30日、盛岡市生まれ。O型。上智大学文学部哲学科卒業。
 79年「水曜日の夢はとても綺麗な悪夢だった」でデビュー。集英社文庫コバルト・シリーズに、「宿なしミウ」「抱いてアンフィニ」「丘の上のミッキー」シリーズなどがある。
 また、「MOTHER」「ソーントーン・サイクル」シリーズなどSF・ファンタジーの分野でも傑作を発表。実力派作家として活躍するかたわら、小説家志望者たちの育成にも力を注いでいる。

解説

 恋人兼大家の遥(はるか)と沖縄のリゾート地に繰り出した自称・私立探偵のせりか。ロマンチックかつトロピカルなヴァカンス――になるはずだったのに、なぜか殺人事件発生! 被害者の谷村はスクーバのインストラクターで、ホテルのマンタ(イトマキエイ)乱獲に反対しているグループのリーダーだった。でも、こういう社会問題で殺人を犯すなんて……。どうやらもっと複雑な原因があるみたい。
 南国の海を舞台に、宝捜しも加わって大騒ぎのときめきミステリー!

目次

1  TROPICAL HIGHNOON
2  MURDERER’S PARADISE
3  MYSTERIOUS BEAUTY
4  PRIVATE LESSON
5  OPPOSITION
6  3―D SIMULATION
7  UNDERWATER
8  CAPTURED CINDERELLA
9  DANGEROUS GAME
10 FOR A SIMPLE REASON

抄録

 こうして見てると、海の色ってすごく変わるわ。深い深い青。エメラルド・グリーン。黄色がかった潮流の帯。色彩感覚に対する語彙(ごい)の狭さがくやしくなるような美しさだっつーのに、自分の目でそれを見るチャンスを、たかが船酔いのために捨てちゃうなんて、あいつってほんっとに美意識ゼロね。
 だいたいよ、この広い海原の中、妙齢(みょうれい)の美女がひとりデッキでまどろんでたりする構図がいかに決まってるか、いかに誘惑的か、よくも心配せずにいられるもんだわね。若い男、若くない男もいっぱい乗ってるっていうのに。
 しかも、あたし、どうやらいい気持ちで眠っちゃってたのよ。襲われでもしたら、どーするつもりなんだろ、まったく。
 「ナイフの血は?」
 ほら、何やら深刻な声で、おもしろそうな話してるひとだっているんだから。
 「水に落ちたら取れちゃうんじゃないの?」
 「そりゃ一見そうだけどさ。このごろの科学捜査をみくびっちゃいけない」
 ……うきゃっ!! ? ? ……???
 あー、やだ。びっくりした。
 音もなく冷たい飛沫(しぶき)が降ってきたんだ。タヌキ寝入りがバレて、水ひっかけられたのかと思った。
 でも、ただの高波だったらしい。話し声は途切れなかった。
 「じゃあいっそのこと、海に落としてきちゃったってことにしたらどうかしら? あ、そうだ、センセ、鮫(さめ)出しましょうよ!! 鮫を!! 血の匂いを嗅ぎつけて、ジョーズがいっぱい寄ってくるとか。で、ナイフで格闘するの!! わぁ、それってスリル!」
 ひと呼吸の沈黙。
 「あのね、友美(ともみ)くん……」
 「はい?」
 「鮫にはほかのとこで登場してもらう予定があるの。悪いんだけど、ちょっと黙っててくれないか?」
 どさっ、と重たい音がして、ふたつみつ向こうのデッキ・チェアのビニールが、きゅっ、ときしんだ。
 「あー。せっかくまとまりかけてたのにぃ! まいったなぁ……ううむ……よし。指紋はいい。ナイフもまぁいいとして……肝心な動機をどうするか、だな。しかるに、タクヤとシノブは、いかなる理由があって、そんな危険な海に潜ろうとしたか……」
 どうもおかしい。普通の殺人計画じゃないみたい。
 そおっと、薄く目をあけて見ちゃおう。
 くだんのチェアでは、白いバミューダ・パンツに麻っぽいなかなか良さげなセーターのオジサマが、額いっぱいに汗を浮かべながら、うんざりした表情で、茄子型のサングラスをずりあげていた。
 かなりポチャポチャしてるわね。バミューダの裾が腿(もも)にくいこんでるし、背中を丸めて座ってる椅子のビニールが、ぽっこり丸く落ち込んでて、横からのシルエットはゴキゲンザウルスか熊のぬいぐるみってとこ。
 サングラスの脇からのぞく垂れぎみのやけに優しい目が、自信なさそうにしょぼしょぼしてたりして、まぁ、愛らしい。
 「だって、センセ、沈没船に宝物があるんでしょう?」
 黙ってろ、って言われたくせに、すっとぼけた鼻声は、止まらない。
 「ううう……そのへんが妥当だと思うんだけど、問題はその宝が何かってことなんだ」
 「フランス王家の幻の財宝!!」
 「沖縄にかい?」
 「旧日本軍の財宝!! アメリカに負けそうになって、急いで隠した金の延べ棒とか」

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。