マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説ファンタジー小説

舞いおりた翼

舞いおりた翼


発行: オンライン出版
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 久美 沙織(くみ さおり)
 1959年4月30日、盛岡市生まれ。O型。上智大学文学部哲学科卒業。
 79年「水曜日の夢はとても綺麗な悪夢だった」でデビュー。集英社文庫コバルト・シリーズに、「宿なしミウ」「抱いてアンフィニ」「丘の上のミッキー」シリーズなどがある。
 また、「MOTHER」「ソーントーン・サイクル」シリーズなどSF・ファンタジーの分野でも傑作を発表。実力派作家として活躍するかたわら、小説家志望者たちの育成にも力を注いでいる。

解説

 ソーントーンの見習い魔女ジリオンは、瞳を封印され、山の館に戻れなくなってしまった。青狼の毛皮をまとった王子ユルスュールと大海原をさまよううちに、二人は竜の部族の女戦士たちに囚われてしまう。その日からジリオンは、部族を救う巫女姫になることを求められるのだった。
 しかし閉ざされた瞳は邪悪な石の瞳。そして廃虚の城で、その封印が解かれてしまった。邪悪な人格を顕現させたジリオンは、竜と女戦士たちによるソーントーン攻略を開始する……。
 大好評の本格異世界冒険ファンタジー!

目次

1 裁定
2 大海
3 封印
4 巫女姫
5 竜王の旗
6 影の剣
7 闇の結託

抄録

 彼女は眼を開けていた。その眼に虹彩(こうさい)はなかった。眼球全体が、石であった。昆虫の瞳めいてゴツゴツと多面体の、ただしどこまでも透明な結晶体のまなこなのであった。その手の中にあの石のないのを見れば、填め込まれたのは、サイトシリンそのもの、如何なる魔術によってか、手を離れ、その双眸(そうぼう)と化したものらしい。この世ならず力強く美しいが、同時にこの上もなく不気味で恐ろしかった。しみじみと覗き込めばそこには闇の中の闇、虚無をしか見出し得ぬ、ひどく邪悪な魔眼であった。
 ユルスュールは、喉の干上がるのを感じた。
 「……ジリオン……?」
 擦れ声でユルスュールは呼んだ。
 「ジリオン? 俺がわかるか?」
 「ああ。ユルスュール。青。遠いお国の王子さま」
 歌うように、からかうように、相手は応えた。少女のような、細く甲高い、うまく舌のまわらぬような声色で。
 「白いお馬のお婿さん。青い狼の殺し屋さん。いにしえのソーマの国の女王の、大事な大事なお稚児さん」
 「な、なにを……?」
 青ざめ、ことばを失するユルスュールの腕に、何かが触れた。気づかわしげに差し出された、オーラの手であった。
 「……これは……あの娘は、いったい何を言ってるんだ?」
 オーラは囁き、ユルスュールは答えようとしたのだが。
 「オーラ! そいつを捕えよ! 逃すな」
 揺るがぬ権威を込めた声で、ジリオンが叫んだ。オーラはびくりとして、思わず、ユーリの腕に爪を立てた。
 「……イリジャ……嘘だろう……姉さん? 姉さんかい?」
 ジリオンは、おやおやと言うように唇を丸め、少しの間考えこんだが、やがて首を振った。
 「あいにくあたいはイリジャじゃないよ。でも、ふふふふ、あんたの大事な姉さんを、出してあげることだってできるんだけどね」
 「な、……なんだと?」
 「ふふふ、説明はあとだ。勇敢なオーラ。ここであんたの姉さんのふりをして、騙してやっても良かったけれど、そうしなかったあたいを信じな。いいかい、その男はあんたの敵、地這いの蛆虫(うじむし)だ。地這いどもが崇め奉る山の婆ぁたちの飼い犬なんだ。あたいを見張って、ふん縛って、このきれいな目を絶対に開けさせないよう、ずっとずっと邪魔しやがってた。天下の大悪党さ!」
 「何を言」
 「黙れ!」
 ジリオンの手が、ユルスュールの口許を叩いた。凄じい力で。唇が切れた。ユルスュールはあっけにとられ、抗弁するゆとりをも持たなかった。ジリオンはここまで歩み寄って来たのではない。ただ瞬時のうちに、すぐそばに来ていたのだった。
 (ただならぬ力が宿っている……これが、庵(いおり)の巫女(みこ)たちの畏(おそ)れた力か?)

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。