和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説社会人

すべてはお好みのままに

すべてはお好みのままに

著: 愁堂れな
発行: フロンティアワークス
レーベル: ダリア文庫e



著者プロフィール

 愁堂 れな(しゅうどう れな)
 12月20日生まれ。東京都出身・在住。趣味(公称)は旅行・読書・舞台・映画鑑賞・ゴルフ。実は2時間サスペンスの再放送を見ながらまったりすごす休日が好き(笑)。

解説

 社長の一人息子である三宮優は父が脳卒中で倒れたことで突然社長代行をすることに。 そのサポートとしてつけられた秘書の東郷礼一は初めて会った時からやたらと優のカンに障る。 『虫が好かない』と思いつつも、東郷のおかげで何とか仕事をクリアできた優だが、東郷は優の欲求不満の解消と称して優に触れてくる。 まるで対処が出来ず東郷に翻弄されてしまう優だが……。

※ イラストは含まれていません。

目次

すべてはお好みのままに
あとがき