マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説ファンタジー小説

異世界の勇士

異世界の勇士


発行: オンライン出版
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 高千穂 遙(たかちほ はるか)
 1951年11月7日、名古屋生。本名・竹川公訓(たけかわきみよし)。法政大学社会学部社会学科卒。大学在学中にアニメーションの企画・制作集団「スタジオぬえ」を設立。1977年、「クラッシャージョウ 連帯惑星ピザンの危機」で作家デビュー。1980年「ダーティペアの大冒険」で星雲賞(日本短篇部門)受賞。1986年「ダーティペアの大逆転」で星雲賞(日本長編部門)受賞。
 日本SF作家クラブに所属。

解説

 受験をひかえた高校生の竜二は幻覚に悩まされていた。だがそれは彼に救世主として来てほしいという、異世界ガンギロドドアからの必死の要請であったのだ。ガンギロドドアは人々の精神によって支配された世界。蓄積された悪の感情が凝り固まると、悪霊“ガンダーグ・ボア”が出現してしまうのである。
 恋と友情、そして剣と幽魔のヒロイック・ファンタジー!

目次

1 不思議な幻覚
2 見知らぬ世界の勇士
3 ミラーナがさらわれた!
4 小魔トプルの裏切り
5 グロッタートの森
6 遺跡のコンピュータ
7 ゴルロ砦の攻防
8 空魔の襲撃
9 死を目前にした二人
10 砂漠の死闘
11 魔海城爆破!
12 再び王の館へ……
13 ガンダーク・ボアの逆襲
14 最後の闘い

抄録

 トプルは黒い舌をペロッとだした。
 「あたしはねェ、小魔の生活(くらし)がつくづくいやになったンですよ……」急にしみじみとした口調になった。目まで心なしか伏せている。「ガンダーク・ボアは冷酷無比(れいこくむひ)。自分のつくりだしたものには命なんぞないかのように扱うし、幽魔は幽魔で、ガンダーク・ボアの前ではヘイヘイと頭さげてるくせに、あたしたち小魔に対してはふんぞり返ってるんですからね。だいたい、きょうのザウダンにしてからが、見知らぬ世界の勇士がわしに向かってきたらトプル、おまえは命を賭してやつに体当たりをかまし、わしの身に危害が及ばぬようにせよ、の一言なんですよ。――それであたしは、あのくそザウダンのかわりにひっつかまって、釈明(しゃくめい)の機会も与えられないまま引き裂かれようとしてたんですから、こんなむごい話はありませんやな!」
 「なるほどね」
 「で、あたしは考えたんです。どうせ死ぬんなら、ガンダーク・ボアと幽魔どもに一アワふかせてから死んでやろうってね――。だけど、あたし一人じゃ、一アワふかそうにも、手のだしようがない。ホントの話、あきらめてたんスよ……」
 「そしたら、俺たちのやりとりが耳に入ったってわけだな」
 「当たったり、ドンドン! そうなんスよ! 聞いててこりゃあ好都合だと思いやしてね。ここで寝返りゃ、ガンダーク・ボアが一アワふくのは間違いないでしょ!」
 「なーにが!」
 だしぬけにダルカンが鼻を大きく鳴らした。
 「黙って聞いてりゃ調子のいいことペラペラほざきおって。命ごいなら命ごいらしくもちっとうまくやれ!」
 「命ごいなんかじゃないスよ。全部ホントの実・話・なんですよ……」
 トプルは不服そうにキイキイ鳴いた。
 「ほう……ホントの実話ねえ……」
 ダルカンは、まったくとりあわなかった。と、とつぜんリュージが音をたてて立ち上がった。
 「俺は信じるぜ、トプル」リュージはきっぱりと言った。「ゴルロ砦に案内してくれ!」
 「正気かきさま……!」
 血相を変えてダルカンが、わめいた。
 「正気だよ、ダルカン」ダルカンのうろたえようとは逆に、リュージは落ち着き払っていた。「たとえどんなに信ぴょう性に乏(とぼ)しくても、俺は行動するつもりでいたんだ。それでも、怒鳴りちらすだけで何もしないよりは、ずっとマシだからね」
 これはケンカを売ったも同然の発言だった。あんのじょうダルカンの目がすうっと細くなり、顔面が蒼白(そうはく)になった。
 「ほざいたな……」
 声に凄味(すごみ)があった。誰もがゴクリと生つばをのみこんだ。二人の視線が空中で激突(げきとつ)し、火花を散らした。身長は二メートル余、体重は百キロをゆうにこすプロレスラーのようなダルカンが相手である。リュージは足がガクガクと震えるのをおぼえた。
 だが、そのあとのダルカンの反応は意外なものだった。
 いきなり笑いだしたのである。
 それもただの笑いようではない。涙がでるほどの哄笑(こうしょう)である。からだを二つに折って、ひいひいと笑いだした。リュージははじめ唖然(あぜん)とし、そしてつぎに腹をたてた。なんだか、ひどく馬鹿にされているような気がした。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。