和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説御曹司

新宿退屈男〜快楽の祭典〜

新宿退屈男〜快楽の祭典〜

著: 愁堂れな 画: 奈良千春
発行: 竹書房
レーベル: ラヴァーズ文庫 シリーズ: 新宿退屈男



著者プロフィール

 愁堂 れな(しゅうどう れな)
 12月20日生まれ。東京都出身・在住。

解説

「必ず救い出すから、待っていてくれ……」
 元刑事の竜野友紀は、潜入捜査中に姿を消した兄を捜すため、新宿の便利屋、早乙女のもとで働いている。刑事時代、兄の捜査協力と引き換えに、早乙女に身体を要求されてから、そのまま肉体関係は続いているが、いまだ兄の確実な情報はつかめていなかった。そんな時、友紀はテレビで見たマフィアのボスに連れられた兄らしき人物を発見する。すぐに北京へと向かう友紀と早乙女だが……。便利屋の早乙女事務所VS大陸マフィア! 国境を越えたラブバトルが始まる!
※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

目次

新宿退屈男〜快楽の祭典〜