マイリストに追加

和書>ビジネス・教育教育教育書

わが子を東大に入れる本

わが子を東大に入れる本


発行: 主婦の友社
価格:1,000pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 和田 秀樹(わだ ひでき)
 1960〜
 大阪市生まれ。1973年私立灘中学に入学するものの、高校一年生まで劣等生で過ごす。高校二年生のときに独自の受験術に開眼し、東大理科3類に現役合格。その後、医師国家試験に合格、精神科医となる。大学在学中より家庭教師、受験塾でのカリキュラム作成、通信教育の添削など受験産業のなかで独自の受験指導を展開。現在は、そのノウハウを生かした受験勉強法の通信教育「緑鉄受験指導ゼミナール」代表も務める。

解説

● 裕福な「勝ち組」と、お金に困る「負け組」の差が開いていく。
● わが子を幸せにしたいなら、「お金を十分に稼げる能力」を身につけさせよう。
● 子どもの勉強は、手をかければ伸びるし、かけなければかけないほど伸びない。
● 要領のいい勉強のやり方でがんばれば、誰でも東大へいける。
 小学校低学年は何より「国語」
 九九は早いうちに丸暗記させよ
 「お前はできる」と暗示をかけよ
 算数の答えは暗記させよ
 勉強時間は「学年×20分」

 受験に強い子を育てる和田式勉強法のすべてを紹介する!

目次

【プロローグ】 今の「ゆとり教育」では、子どもは幸せになれません
 「お金をたくさん稼げる能力」が必要、ゆとり教育は、「将来の負け組を増やす政策」 ほか
【第1章】 子どもの「頭」は、小3までに決まります
 鉄は熱いうちに打て、「お受験」は必要ない ほか
【第2章】 「小4の壁」を乗り越えましょう
 「9才の壁」につまずくな、算数の答えは暗記させよ ほか
【エピローグ】 本当の勝負は、中学・高校から始まります
 中高一貫校にもデメリットがある、「朝型の生活リズム」を身につけさせよ ほか

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。