和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説貴族

手折らん、いざ気高き華を【イラスト入り】

手折らん、いざ気高き華を【イラスト入り】

著: 愁堂れな 画: 佐々木久美子
発行: 白泉社
レーベル: 白泉社花丸文庫 シリーズ: 『禁忌』



著者プロフィール

 愁堂 れな(しゅうどう れな)
 12月20日生まれ。東京都出身・在住。趣味(公称)は旅行・読書・舞台・映画鑑賞・ゴルフ。実は2時間サスペンスの再放送を見ながらまったりすごす休日が好き(笑)。

解説

 華族の園池格は、失恋の痛手から酒に溺れる自堕落な日々を過ごしていた。桜咲く季節、格は思い出の地・軽井沢で後輩の桜井京一と偶然にも再会する。若き美貌の伯爵である京一は「氷の花」と呼ばれるほど気位が高い。しかし彼はゴロツキのような成り上がり者と連れ立っていた。なぜそんな男と……? さらに格へ「あなたの偽善者めいたところが嫌いだ」と言い放ちつつも「抱け」と迫り……!?

目次

手折らん、いざ気高き華を