マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションホラーホラー小説

怪集 蟲

怪集 蟲


発行: 竹書房
シリーズ: 「超」怖い話
価格:700pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 画商の和田は新進気鋭の女流画家小春と、彼の生家の寺に伝わる異形の「小野小町九相図絵巻」を見に、京の外れの山村に向かう。だが、それは二人の運命を変える地獄への道行きであった……(「小春小町」)。カマキリを飼う孤独なホラー作家・真知子は、銀座の画廊で一枚の絵に出会う。恐怖の本質を写し取ったその絵の魅力に圧倒された彼女は、絵を超える恐怖を自らの筆で描くため、禁じられた手段に出る……(「あなたを待ち詫びて」)。高校生の和哉は失踪した科学者の父が使っていた地下の研究室で二つのものを見つける。一つは人間の体内に寄生して爆薬を精製し、宿主の怒りを引き金に爆発を誘発する恐るべき寄生虫、そしてもう一つは母の肖像画であった……(「父と子と精霊と」)。独立しながらも絡み合う、スリリングな3つの悪夢たち!

目次

「小春小町」
「あなたを待ち詫びて」
「父と子と精霊と」

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。