マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクション対談

嫌われ者の流儀

嫌われ者の流儀


発行: 小学館
価格:1,200pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 堀江貴文×茂木健一郎! 嫌われないことよりも大切にしていることがある。
 ライブドア事件から民主化革命、東日本大震災、そして収監まで全15時間超の大激論!
 日本を、自分を、変えたい人の「必読書」
 「ホリエモン、刑務所収監へ」――2011年4月末、最高裁の上告棄却で堀江貴文氏の実刑判決が確定した。かつて「フジテレビ買収騒動」「衆院選出馬」などで注目を集め、時代の寵児として持て囃されたベンチャーの旗手は、ついに2年以上の刑務所暮らしを迎えることとなった。旧来の研究手法にこだわる日本の脳科学学会に背を向ける茂木健一郎氏と堀江氏が、ウェブ上でお互いを“再発見”し、初対談の運びとなったのが10年秋。以来、6回に及ぶ対談では、日本の既得権益層から「嫌われる」者同士として、日本の伝統的秩序・価値観が孕む危険性、それらと「たとえ世間から嫌われても闘わなければならない理由」を熱く語る。「国家とは何か」「司法とは何か」「革命とは何か」「ライブドア事件とは何か」「社会を変えるものは何か」、そして二人は「日本の変革を阻むものの正体」に迫る。実刑確定を受けて急遽行なわれた5.11緊急対談では、「これで、もっと自由に生きられるかな」と堀江氏は心中を吐露し、茂木氏とのやりとりを通して湧き上がってきた「出所後の夢」を語っている。
 二人の「嫌われ者」を支持する人、反発する人双方にオススメの一冊です。

目次

プロローグ……茂木健一郎
第1章 全体主義国家ニッポンなう
第2章 ライブドア事件の「真相」
第3章 激変する「国家と個人」の関係
第4章 日本の“ラスボス”は誰か
第5章 「幻想」を追い求める日本人
第6章 なぜ宇宙ロケットビジネスか
第7章 3・11後の世界
最終章 【5・11緊急対談】若者よ、狂気を抱えよ
エピローグ……堀江貴文

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。