和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説業界人

愛と混乱のレストラン

愛と混乱のレストラン

著: 高遠琉加 画: 麻生海
発行: 二見書房
レーベル: シャレード文庫 シリーズ: 愛と混乱のレストラン



解説

 赤字続きで休業に追い込まれたフレンチレストラン「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」復活のため、本社外食事業本部から出向してきた鷺沼理人は、若手シェフ・久我修司の引き抜きを試みる。確かな腕を持ちながら暴力沙汰を起こし、今は実家に戻っているという久我は、理人の依頼を「あんたが気に入らない」と言下に拒否する。それでも通い続けてくる理人に久我が提示した交換条件は「言うことをなんでも聞く」というとんでもないものだった。しかしある理由から店の再興を失敗できない理人は、その崖っぷちの選択を呑むことに――。“夢の庭”(Le Jardin des Reves)の実現は果たして――。

※こちらの作品にはイラストが収録されています。
 尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

目次

愛と混乱のレストラン〈前編〉
愛と混乱のレストラン〈後編〉
愛よりも甘い
あとがき