マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションライトノベルSF

AR2014/瞳の中の殺人者

AR2014/瞳の中の殺人者


発行: マイカ
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 ゲーム会社「テドリ」社は、AR技術を使った臨場感あふれるゲームを開発した。コンタクトレンズ型ディスプレイ「ギガン」を装着すると、目の前に本物のモンスターがいるような臨場感が味わえるのだ。多くのプレイヤーがこのゲームに参加したが、他のプレイヤーに危害を加えるプレイヤー・キラーが出現するようになった。そこでテドリ社取締役の娘、月菜が潜入し、プレイヤー・キラーと戦うことになった。月菜は盲目の少女だが、「ギガン」を装着すればAR世界だけは見える。旅の途中、月菜はプレイヤー・キラーに誘拐されたが、彼女を救うために現れたのが、亡きテドリ社社長敦史の息子、峰岸隆志だった。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。