マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションSF・ファンタジー小説ファンタジー小説

カッパ九千物語 2

カッパ九千物語 2


発行: タイクーン
レーベル: タイクーンブックス シリーズ: カッパ九千物語
価格:200pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 田辺達也(たなべたつや)
 ●河童共和国大統領。
 1933年熊本市生まれ。1987年、河童共和国の建国を提案、88年建国に参加。1989年くまがわ自然大学(通称かっぱ大学)建学に参加。
 著作・河童渡来伝説と河童共和国(不知火出版会)
 日本のかっぱ(桐原書店)
 オレオレデライタ・呉人呉人的来多(不知火出版会)
 九州河童紀行(葦書房)
 田辺達也の新河童学(不知火出版会)
 河童遊々(不知火出版会)
 など。
 受賞・河童学博士、河童文化勲章、川内文学賞、栖本河童文学大賞、など多数。

解説

 現在、日本は水の被害が多くなっています。それは、昨年の東日本大震災の津波、そして今は前代未聞の梅雨の大雨、特に南の地域も雨の被害が多く報告されています。
 これはカッパの神様が怒っているのかも知れません。
 この物語を読んで、人は水をもっと大事にしなくてはいけないことがきっと分かるでしょう。
 ぜひ、このカッパ九千物語を読んで水と自然と人間の歴史をもう一度見直してはいかがですか。

目次

 カッパ九千物語
 ガラッパ・トーク
 ガラッパとシュウマイ

抄録

 ガラッパ・トーク
 俺ら〜ない、球磨川に棲むガラッパたい。河童共和国じゃ一番えらか大統領たい。
 年はいくつってな。もう六百八十年も生きとるばい。
 こないだ中村先生の河童共和国にわざわざ来らしたもん。何で来なはったっな、って聞いたら、松高小学校ン三年生に「ガラッパん話ばしてはいよ」って言うこっで、
 今日は久しぶり川かる浮き上がってトラックで来たバッテン。松高も家だらけで都会になっとるもんだけん、たまがった。
 むかし、て言うたっちゃ、二百五十年前ンこつばってんこン松高はない、海だったっば、うめ立てて田んぼになったったい。そんころ、家はあっち一軒こっち二軒って、少としかなかったたい。所々馬入れ川ンあって、きれいな水も流れてない、魚もいっぱおったばい。
 そン頃あ、大人も子供も川ば大事にしよったばい。子供が川に小便でンすんなら、罰かぶってチンポン腫るぞっておごられよったもんね。今ン子供は、そぎゃんこっあなかろバッテン。みんなゴミばう捨てよっとじゃなかろね。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。