マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌くらし美容・ダイエット

女医が教える マジカル「美脚」エクササイズ

女医が教える マジカル「美脚」エクササイズ


発行: すばる舎
価格:1,040pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 中村格子(なかむらかくこ)
 医師、医学博士、スポーツドクター
 ●─国立スポーツ科学センター医学研究部研究員
 ●─昭和41年9月生まれ。横浜市立大学医学部卒業。卒業後、同大学整形外科学教室入局、同大学大学院医学専攻科卒業
 ●─横浜市立大付属病院、厚生連相模原協同病院、横須賀北部共済病院勤務の後、自治医科大学整形外科入局、同大学講座助手(助教)。日光市民病院整形外科科長、自治医科大学整形外科非常勤講師を兼任し、現在に至る。 主な資格日本整形外科学会専門医日本整形外科学会認定スポーツドクター日本体育協会公認スポーツドクター日本オリンピック協会医学サポート部会員日本NSCA協会認定CSCS(ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)JADA認定DCO(ドーピングコントロールオフィサー)など。 競技団体と活動日本スケート連盟医事委員 JOC強化スタッフ日本代表チームドクターとして、世界選手権、ワールドカップなど数多く帯同(アメリカ・カナダ・オランダ・ドイツ・ノルウェー・中国など)日本体操協会医科学委員 新体操日本代表(フェアリージャパン)チームドクターとして帯同全日本テコンドー協会医科学委員栃木県体育協会 スポーツ医科学委員。 主な競技スポーツ歴水泳、ハンドボール、トライアスロン、軟式・硬式テニスなど

解説

 トップアスリートたちのコンディションを整え、若さと美を保つために、整形外科医が開発した「マジカルエクササイズ」の「メリハリ美脚」バージョンが登場! 整形外科医としての視点から、安全に骨の角度を正常に整えることを目的としているので、O脚、X脚、ぞう脚など、脚にコンプレックスを持つすべての女性に朗報です。早い人なら、たったの2時間でも効果を実感! 流行のショートパンツを堂々とナマ脚ではきこなすためのケアなども収録された美脚の必読書です。

目次

 Part1 細くなりたいだけですか? それとも、「キレイな脚」になりたいですか?
 Part2 2週間でメリハリ美脚を手に入れる マジカル「美脚」エクササイズ〈美脚コース編〉
 Part3 2週間でメリハリ美脚を手に入れる マジカル「美脚」エクササイズ〈セルフケアコース編〉
 Part4 もっとキレイになるために 〜これを読めばあなたも美脚のエキスパート〜

抄録

 はじめに 細いだけでない、10年先も美しい脚のために若い女性であれば、すらりと伸びた美しい脚は誰もが憧れるもの。そして最近は、脚の形を気にしている男性も多く見かけます。美しい脚は、同時に、素晴しい機能を備えた脚でもあります。そして高齢者の中には、一生自分の脚で歩き、旅行をしたりして人生を楽しむことが理想だという方も多いのではないでしょうか? 医師になった初めの10年間、当時私の所属していた大学の研究室は膝の研究を中心にしていました。私も乳幼児のO脚に装具をつけて矯正したり、中学生の脚の骨を切ってまっすぐに治す手術をしたり、高齢者の人工膝関節などなど、膝や脚のことばかり考える毎日を送っていました。膝が曲がると、膝ばかりでなく腰や首などいろいろなところが痛くなります。そうして運動するのも億劫になり、だんだんと身体が衰えていくこともあります。そしてたどり着いた答えは、「脚の健康は身体全体の健康につながる」ということです。脚は骨盤から続く身体全体の土台です。脚が変形している陰には、身体の歪みが潜んでいます。この歪みを丁寧に取っていくと、脚は自然にキレイになるのです。脚の理想の形と使い方を知れば、ずっと健康で美しく素敵な脚でいられます。そしてそれは、人生を何倍も楽しむということにもつながります。いくつになっても健康でいてほしい。そんな願いからこの本は、何歳からでも始められるようにつくってあります。脚を大切にし、いたわってあげる意識を持つ。脚の真実を本書を通して知ることで、正しいケアを行って、トラブルのない健康で素敵な生活を送っていただきたい。それが私の願いです。2011年7月 中村 格子

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。