マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

過去があるなら

過去があるなら


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 ■ずっと秘密にしてきたあのことを、彼には決して知られたくなかった。

 ■ローラの出版社に送られてきた、ライリー・オーシェイなる新人作家の原稿を読んでローラは驚く。人気作家リーアム・オライリーの作品に間違いないわ! 八年前、学生だったローラはリーアムと知り合い、半年後に結ばれた。その直後、彼は小説の映画化のためにアメリカに行き、連絡を絶つ。妊娠に気づいたときには、彼はすでに別の女性と結婚していた……。二度と彼には会いたくないと思いながらも、ローラはライリーの滞在するホテルに向かい、リーアムと再会する。抱き寄せられ、キスをされると、ローラの体に震えが走った。彼は言った。「また会いたい」頭では拒否しているのに、リーアムの唇の感触が忘れられない。彼のような男にどうしてこんな気持ちを抱いてしまうの?

抄録

 ロバートはボビーの実の父親ではなかったけれど、そのほかのあらゆる面で、彼のいい父親だった。妊娠中もローラのそばにいてくれたし、出産にも立ち会い、赤ん坊から幼児に成長していくボビーの面倒をよく見てくれた。夜ボビーが目を覚ますと、ローラより先に見に行ってくれたものだ──そう、ロバートはボビーの父親だった。
 ローラは意を決したように彼のそばを離れた。頬にあてられていた彼の手が行き場を失って下に落ちた。「私の息子のことよりもっと大事な話があるはずだわ」“私の息子”という、まるで所有しているような言い方に自分でもちょっとショックを受けたけれど、ロバートがいなくなった今、ボビーはローラの、ローラだけの、息子だった。
「会いたいな」リーアムが言った。
「なぜ?」ローラは彼の方を振り返って突っかかるように尋ねた。
「いけないかい?」
 落ち着くのよ、ローラ。彼女は自分に言いきかせて深呼吸した。「父親が死んでから、ボビーはずっとつらい思いをしているの。子供って片親を亡くすと、残った親にことさら近くなるのね。いっときしかつき合わない友だちに紹介して、彼をいたずらに混乱させるとかわいそうですもの」自分でも手ひどいことを言っていると思ったが、案の定リーアムの口元に力がこもり、目が細められるのがわかった。
 彼は挑むように顔を上げた。「それで君は、今ベッドをともにしている男を、自分の生活に立ち入らせないようにしているのかい?」
 見事な報復パンチだった。ひどいことを言ったんだもの、やり返されても仕方がない。でも、言われて黙って聞いているものですか。
 ローラは固く唇を結んだ。「矛盾したことを言うのね。あなたの想像の中のその男性がもし私とベッドをともにしているとしたら、彼はとっくに私の生活に立ち入っていることになるわ」
 問いかけるように彼は目を細めた。「僕の想像?」
 しまった。彼はちょっとした言葉に敏感に反応する人だということを忘れていたわ。
 ローラは方針を変更した。「そうよ。私に男がいると勝手に言い張っているのはあなたですもの」
「女だとは思えないからだ。それにこの二年間何もなく一人でいるには、君は美しすぎる。それともさっき君が言った、いっときのつき合いの友だち、というのが次々に現れては消えていたのかな?」嘲るような口ぶりだった。
 なんてひどいことを言うのだろう。こんな状況でなければ侮辱されて黙ってはいないけれど、ここは私の家だし、ボビーがいつ起きてこないとも限らない。今はとにかく、なんとか彼を追いだすことを考えなければ。
「質問に答える気はないわ、リーアム。話はそれでおしまい? 私、今日は忙しいの」そうは言ったが本当は、家から出てマスコミの集中攻撃にさらされる気はなかった。
「今つき合っている男に、新聞の報道はおおげさだと説明しないといけないから?」
 ローラは冷ややかな目でリーアムを見た。「今の私は、いちいち他人に許可を求めなくてはならない立場にはないわ」ことにあなたには!「それにこの記事は“おおげさ”じゃなくて真っ赤な嘘、でっちあげよ」きっぱりとローラは言い放った。
「そうとは限らないさ」リーアムはまたローラのそばに来た。
 近すぎる!
 そもそも彼を家に入れたのが間違いだわ。それなのにこんなに至近距離に来るなんて──彼の体のぬくもりが伝わってくる。
 かつては自分の体以上によく知っていた体。
 私ったら、何を考えているの? ローラは内心うめき声をあげる。八年前彼と分かち合った親密な時間を、今さら思いだしたくないのに。
 時に夜、眠りがすべての防御を取り払ってしまったあとに、夢の中で、彼の腕の中で味わったうっとりするような快感の記憶が戻ってくることがあった。そんな朝は、忘れられない悦びに体が熱くうずいて、自己嫌悪にかられた。
「ローラ……」リーアムはささやくように言ってローラのウエストを両手で引きよせ、じっと顔を見つめながら、唇を寄せてきた。
 過去の記憶がよみがえって感情が高ぶっていたローラは、すぐに快感の波にのまれ、知らないうちに彼に身を寄せて、唇を開いていた。舌が差しいれられ、キスが激しさを増す。
 身長こそ違うけれど、ローラの体は鋳型にはまるようにぴったりとリーアムのたくましい体に収まっていた。乳房が胸に押しつけられ、太ももに彼の印が感じとれる。
 ローラの体はその感触を忘れてはいなかった。唇をむさぼられているうちに、体の中心が熱くなっていく。
 彼の両手が背中に回り、指がセーターの下に入ってきた。手は前に移動して柔らかな胸を包む。親指がその先端をそっと探った。
 ローラはうめき声をあげた。彼の手は、震えながらまたウエストに下りていき、ローラの体をしなわせてぴったりと自分に寄り添わせた。
 唇が離れて滑らかな頬に押しあてられ、今度は喉にそって愛でるように下に下りていった。
 欲望の大きさに、ローラはめまいさえ覚え、リーアムの肩にしがみついて崩れ落ちそうになるのに耐えていた。彼の存在、湿りけを帯びた温かい唇、耳をそっと噛む歯、全身を矢のように射抜いていく快感──それしかローラの意識にはなかった。


 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。