和書>マルチメディアオーディオブックビジネス

オーディオブック 渋沢栄一 先見と行動 時代の風を読む

オーディオブック 渋沢栄一 先見と行動 時代の風を読む

著: 渋沢栄一
発行: パンローリング



著者プロフィール

 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち)
 現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。
 幕末の動乱期には尊皇攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。
 欧州各地を視察して帰国後、大蔵省租税司、大蔵権大丞を歴任。
 辞職後は実業に専心し、第一国立銀行(第一勧業銀行の前身)の創設をはじめ、実業界の第一線から退くまで500あまりの会社を設立、資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、東京高等商業(現一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した。

解説

 髷を結い刀を差した渋沢には、日本の進むべき未来が見えていた―
 倒幕の際、フランスを訪れていた渋沢は、格段に進歩した西欧の国情を目の当たりにして、このままでは日本が植民地化されるのは時間の問題であると危惧し、一日でも早く日本の国力を蓄えなければならないと悟った。
 国家の力とはすなわち経済力、商工業の力である。
 その当時、日本の商工業は国家的にも軽視され未熟であったが、渋沢は先の時代を見通して様々な事業を行った。
 女子教育・商業教育の必要性を説いて優れた実業家の育成に尽力。
 国富をもたらす地方繁栄策の言明。国民の元気振興を目指した独立自営論。
 社会問題解決のための福祉事業の推進。
 将来の日米商戦を予言し、その対策を提言。
 明治においてその先進的な取組みには多くの反対もあったが、日本が今日のような発展を遂げて列強と肩を並べるまでに至ったのは、まさに渋沢の先見性によるものである。
 時代の風を柔軟に読み取る渋沢栄一の言葉は、日本のこれからを見通す助けとなるであろう。

 ※本商品は『渋沢栄一 先見と行動 時代の風を読む』 [国書刊行会刊渋沢栄一著 ISBN:978−4−336−05314−5 1、890円(税込)]をオーディオ化したものです。

 ※ この作品は音声データ(約350分)のみで構成されています。本文のテキストは含まれませんので、ご了承下さい。
   また、必ずご購入前に再生可能か無料サンプルでお試し下さい。
   無料サンプルを再生できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。

目次

 刊行にあたって Track.2
 「先見と行動 ―時代の風を読む―」について Track.3
 新時代の実業家に望む Track.4 − 9
 事業経営の理想 Track.10 − 14
 カーネギー氏のこと Track.15 − 22
 地方こそ国富の源泉 Track.23 − 27
 元気振興の急務 Track.28 − 31
 貯蓄と貯蓄機関 Track.32 − 37
 独立自営論 Track.38 − 42
 労働問題への対処 Track.43 − 47
 利用厚生と仁義道徳論 Track.48 − 50
 学生の就職難善後策 Track.51 − 56
 雇用主と雇用者の心得 Track.57 − 63
 過失をどう問うか Track.64 − 69
 実業教育の必要性 Track.70 − 77
 女子高等教育の必要性 Track.78 − 82
 女子教育の本領 Track.83 − 88
 理想的な妻の条件 Track.89 − 93
 アメリカ漫遊の九十日間 見聞編 Track.94 − 103
 アメリカ漫遊の九十日間 感想編 Track.104 − 116
 見えなかった青年時代 Track.117 − 120
 老後の思い出 Track.121 − 130