和書>マルチメディアオーディオブックビジネス

オーディオブック 渋沢栄一 立志の作法 成功失敗をいとわず

オーディオブック 渋沢栄一 立志の作法 成功失敗をいとわず

著: 渋沢栄一
発行: パンローリング



著者プロフィール

 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち)
 現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。
 幕末の動乱期には尊皇攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。
 欧州各地を視察して帰国後、大蔵省租税司、大蔵権大丞を歴任。
 辞職後は実業に専心し、第一国立銀行(第一勧業銀行の前身)の創設をはじめ、実業界の第一線から退くまで500あまりの会社を設立、資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、東京高等商業(現一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した。

解説

 道理を知り無邪気であれ。
 渋沢流、完成された人間になるための修養と処世の手引き。
 非凡さはいらない。必要なのは平凡な常識を円満に備えた人である。
 青年は誰しも己を過信し、徒に不平不満を発して軽挙妄動に走り、そうして自ら誤った方向に道を定めてしまうものである。
 若き日の渋沢栄一もまたその一人であった。
 一七歳にして幕末の世の不合理を嘆き、武士となって国を変えるという分不相応な立志を抱き、結果として道に迷い尊皇攘夷に走った。
 維新後、日本の商工業の発達の必要性を感じた渋沢は、自分自身の素質と才能を顧みて、三十歳の時に実業家として生きることを決意し、生涯歩むべき道とした。このときが真の立志であったと渋沢は語り、青年期を迷走して無駄に過ごし、立志が遅れたことを悔いている。
 渋沢は自身の経験を逆説として、「青年にはよく精査して志を立て、有意義な生涯を送ってほしい」と言う。
 若者は新しい知識や技術を早くから学ぶことができる。
 そうであれば、常識や人格を正しく修養して素質に応じた志を立てれば将来は明るいはずであると青年を激励し、その修養法や社会で生き抜くための処世術を教える。
 青年期は人生における大切な修養期間である。若者たちが自分を磨いてその本領を知り、自信を持って社会に出られるよう渋沢は切望する。
 渋沢が若者たちに贈る期待と勇気に満ちた言葉は、時代を超えて現代の若者たちにも向けられていることを我々は知る必要がある。

 ※本商品は『渋沢栄一 立志の作法 成功失敗をいとわず』(国書刊行会刊 渋沢栄一著 ISBN:978−4−336−05313−8 1、890円(税込))をオーディオ化したものです。

 ※ この作品は音声データ(約359分)のみで構成されています。本文のテキストは含まれませんので、ご了承下さい。
   また、必ずご購入前に再生可能か無料サンプルでお試し下さい。
   無料サンプルを再生できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。

目次

 刊行にあたって Track.2
 「立志の作法−成功失敗をいとわず−」について Track.3
 立志の工夫 Track.4 − 9
 功名心 Track.10 − 12
 成功について Track.13 − 19
 初めて世に立つ青年の心得 Track.20 − 23
 役に立つ青年 Track.24 − 26
 私が好きな青年の性格 Track.27 − 30
 会社銀行員に必要な資質 Track.31 − 34
 服従と反抗 Track.35 − 39
 逆境における処世術 Track.40 − 44
 現代学生気質 Track.45 − 47
 退廃した子弟の情義 Track.48 − 52
 人格の修養 Track.53 − 56
 精神修養と陽明学 Track.57 − 59
 常識の修養法 Track.60 − 66
 意志の鍛錬 Track.67 − 71
 克己心の養成法 Track.72 − 76
 勇気の養い方 Track.77 − 81
 健康維持の方法 Track.82 − 86
 読書法 Track.87 − 91
 激務処理法 Track.92 − 96
 大事と小事 Track.97 − 100
 未婚女性の覚悟 Track.101 − 105
 結婚と男女交際 Track.106 − 112
 交際の心得 Track.113 − 117
 先輩と後輩 Track.118 − 125
 人生の慰安 Track.126 − 130
 娯楽 Track.131 − 134
 習慣性について Track.135 − 138
 故郷に対する思い Track.139 − 142