マイリストに追加

和書>マルチメディアオーディオブック文芸名作小説

オーディオブック 中島敦 「山月記」

オーディオブック 中島敦 「山月記」


発行: パンローリング
価格:95pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 中島 敦(なかじま あつし)
 1909−1942 小説家。デビュー作は「山月記」「文字禍」で、つづけて「光と風と夢」を発表。気管支喘息悪化のため1942年、33歳で早逝。「李陵」などの作品は、遺作として没後発表された。

解説

 中島敦の短編小説。唐の時代に書かれた「人虎」として知られる中国の変身譚を元にしている。
 教材としても人気があり、高等学校の現代文の教科書に多く掲載されている。
 李徴は博学才穎で、若くして名を馳せ役人となったが、自尊心が強く官職に満足できなかった。
 官職を辞し詩作に耽るも、上手くいかずに挫折する。
 その後、生活のために地方官となるも、屈辱的な日々に自尊心はひどく傷つき、ついに発狂して姿を消してしまった。
 翌年、李徴の友人である袁参が、人喰虎が出るという道を危険を顧みずに進んでいると、一匹の猛虎が躍り出た。
 虎は、かつての友人李徴であった。
 李徴は袁参に語る。なぜ自分は虎になったのか。
 人との交わりを避け、詩家を目指すも切磋琢磨を怠った。
 それは臆病な自尊心と、尊大な羞恥心の所為であった。
 この羞恥心が心のうちに潜む虎であり、家族や友人を傷つけた。
 そうしてついに、本当の虎になってしまったのだ。
 誰しもが心中には猛獣を飼っている。
 それが自分や人を傷つける。
 李徴の場合はそれが虎であった。

 ※ この作品は音声データ(約27分)のみで構成されています。本文のテキストは含まれませんので、ご了承下さい。
   また、必ずご購入前に再生可能か無料サンプルでお試し下さい。
   無料サンプルを再生できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。