マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・デジタルS

愛を重ねる日々に 後編

愛を重ねる日々に 後編


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・デジタルS愛を重ねる日々に
価格:300pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆3
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ヘレン・ビアンチン(Helen Bianchin)
 ニュージーランド生まれ。想像力が豊かで、読書を愛する子供だった。十代の初めのころに初めて物語を書く。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという。イタリア人男性をヒーローにした最初の小説は、一年をかけて完成され、その後イギリスのハーレクイン社から出版された。もっとも尊敬する作家はノーラ・ロバーツと語るが、プライベートな時間に“座り心地のいい椅子に丸くなって”する読書は、ミステリーからロマンスまで幅広い。これまでに訪れたいちばんロマンティックな場所はハワイのホノルルだという。

解説

 ハンナはスペイン人実業家の魅力的な夫ミゲルと一緒に、友人の家で開かれたディナーパーティに出かけた。そこでカミーユというフランスから来た妖艶な女性と知り合う。厄介を引き起こしそうな人ね――本能がハンナにそう告げた。ハンナとミゲルの結婚は、両家の事業のための便宜的なものだ。だから、彼との日々がどれほど情熱に満ちていても、ハンナは夫に愛を打ち明けて傷つくのを恐れている。気弱な心を隠し、社交界の華として振る舞うハンナだったが、それを嘲笑うかのようにカミーユはミゲルを奪うと宣言し……。後編。

抄録

 ミゲルにじっと見つめられ、ハンナは軽く肩をすくめた。「お客さんがクラッカーやチーズをのせた大皿を届けてくれたの。午後中エレインと二人でつまんでいたのよ」
「明日の夜はデイビッド・ウィリアムソンの新作の初日だよ。忘れてないだろうね?」
 カミーユに煩わされるあまり、ここ数日、社交予定をチェックしていなかった。「ええ、もちろん覚えているわ」
「一時間ほど仕事をしなければならないんだ」ハンナが食事の皿をわきへ押しやるのを見ながら、ミゲルが言った。
「わたしも同じよ」月末の仕入れ書と、山のような領収書、それにあちこちのブランドから送られてきたカタログもチェックしなければならない。「仕事を始めないと」
「皿洗い機に食器を運んでくれ。コーヒーはぼくがいれるから」
 コーヒーができあがるのを待って、ハンナは二つのカップにつぎ、自分のはミゲルの書斎の隣の部屋に運んだ。そこは彼の部屋ほど広くなかったが、アンティークの机と本棚が並び、コンピュータや書類整理用のキャビネットが置かれている。
 それから二時間、仕事に専念したあと、ハンナは日ごろから連絡をとりあっている数人の友達にメールを送った。
「まだ終わらないのかい?」
 目を上げたハンナは、戸口にもたれている長身のミゲルに気づいた。彼はシャツの袖をまくりあげ、胸元のボタンもいくつかはずしていた。髪は指で何度もかきあげたかのように乱れている。
「あと五分よ」
「ビデオを見る?」
 断るはずがないでしょう。「ええ」
「コメディ? アクション? シリアスドラマ?」
 ハンナは鼻の頭にしわを寄せ、ちゃめっぽく笑った。「まかせるわ」
 ハンナが娯楽室に入っていくと、ミゲルは革張りのソファにゆったりくつろいでいた。冷えたシャンパンの大瓶がアイスペールにおさまり、ポテトチップの袋が封を切られるのを待っている。照明が落とされ、テレビ画面には本編が始まる前の予告編が流れていた。
 ミゲルは自分の隣を叩き、片手をのばした。彼の瞳は深みを増し、口元にはセクシーな笑みが浮かんでいる。「おいで」
 ハンナはアイスペールのほうへ手を振った。「何かのお祝い?」
 ミゲルは近づいてきた彼女の手をとり、隣に座らせた。シャンパンの栓を抜き、二つのグラスについで、ひとつをハンナに渡す。「乾杯《サルー》」
 彼は年代物のシャンパンをひと口飲み、ハンナが同じようにグラスに口をつけるのを見守った。それから彼女のグラスを奪い、自分のグラスを渡した。
 それは、官能をそそるためにわざとしたことだった。視線がからまっただけで、ハンナは二人のあいだに流れる性的なものを痛いほど意識した。
 金色の液体が血管を巡り、知覚神経が目覚めるにつれ、彼の愛撫を求めて体がうずきだす。
 ハンナは無理やり彼から視線を引きはがし、テレビ画面の映像を見るともなしに眺めた。
 シャンパンは申し分ない味だった。ゆっくりとグラスを傾けていたハンナは、彼が体の位置を変えるのを意識した。ソファの背にのばしたミゲルの腕は、彼女の肩から数センチのところにある。
 ミゲルが選んだのは恋愛映画だった。俳優の演技はすばらしく、ハンナの記憶が正しければ、主演女優も男優もアカデミー賞にノミネートされているはずだ。
 彼女はしだいに映画にのめりこみ、緊張を解いていった。いつしかシャンパンのグラスが空になっていた。
 しばらくするとミゲルはハンナの髪をもてあそび、ねじってとめてあった髪からピンを抜いた。
 身をかがめて彼女の耳たぶに顔をうずめ、うなじに軽くキスをする。ハンナはすっかり集中力を失った。感じやすい喉のくぼみを攻められたときは、あえぎ声を抑えるのが精いっぱいだった。
「映画を見たくないの?」かすれた声でミゲルにきく。
 彼は忍び笑いをもらした。「きみは見ればいいさ、かわいい人《ケリーダ》」ハンナのシャツのボタンをひとつはずし、レースのブラジャーのなかに指をもぐりこませて、固くなった頂を愛撫する。「ぼくはほかにすることがある」
「ここで?」
 ハンナの太腿に置かれていた片手がゆっくりと上がっていく。「いずれ寝室へ行くよ」ミゲルはもうひとつシャツのボタンをはずした。「だけど、今は今だ」
 ハンナが彼のシャツをたくしあげ、体を引き寄せて唇をむさぼるのに数分とかからなかった。やがてミゲルがかすれた笑い声をあげ、両腕できつく彼女を抱きしめた。
 ハンナはせっかちに彼のウエストを探り、同じ愛撫を自分も返したくて、ベルトのバックルを乱暴にはずした。恥知らずなくらい、みだらな気分になっていた。そして、ミゲルが彼女を抱きすくめたまますばやく立ちあがって階段に向かったときは、思わず息をのんだ。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。