マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

結婚は幸せの鍵?

結婚は幸せの鍵?


発行: ハーレクイン
レーベル: MIRA文庫mirabooks
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

 ブーケは花嫁の手を離れ、宙に舞った。次の瞬間、3人の女性が同時にブーケを手にしていた――決して結婚しないと誓った3人が。そのひとり、クレアは愛する人を亡くして2年たつが、結婚する気などまったくなかった。心の傷がうずき、誰かと親密になることも考えられないのだ。ところが義理の妹に頼み込まれ、クレアは義妹の夫の上司に部屋を貸すことになってしまう。そして現れたブラッドの顔を見たとたん、彼女は驚いて頬を赤く染めた。予想外に若くハンサムな彼はその日、公園でクレアの唇を奪い、心を掻き乱した男性だった。

抄録

 クレアは泣きたかった。だが、二人の前で泣けるわけがない。泣けば、それまで積み重ねてきた努力をおとしめることになる。あとで職員用トイレでひとり泣けばいい。
 結局、クレアは公園からそのまま子供たちをそれぞれの家へ送り届けることにした。ジェニーがポールの車椅子を押す“お手伝い”をしているとき、サッカーをしている子供たちを少し見ていてもいいかとポールが尋ねた。
 クレアはためらった。だが、そろそろジェニーは疲れてきたようだった。それにポールの母親がパートタイムの仕事から帰宅するまで、まだ時間がある。クレアは近くのベンチに向かった。
 そこにはひとりの男性が腰かけて、サッカー少年たちを見守っていた。誰かの父親だろうかとクレアは思った。だが、その男性を見た瞬間、なじみのない奇妙な感覚に襲われてクレアはどぎまぎした。真っ白のTシャツからのぞく日に焼けたたくましい腕に、どきりとするなんて。
 そんなことはあり得ない。すぐにクレアは打ち消した。ほかの女性ならセクシーな男性にときめくだろうけど、わたしに限ってそんなことはあり得ないわ。むしろその逆だもの。あからさまなセックスアピールはいとわしいだけ。そういうものは警戒心をかきたてるだけ。
 こんなふうに男の人をいつまでも見ていたいと思ったりするのは……およそわたしらしくないことだ。
 そう気づいたとたん、クレアは困惑で顔を赤らめた。同時に体がかっと熱くなる。わたしったら、いったいどうしたの?
 少年たちからクレアに視線を移した男性が、顔をしかめた。無理もないとクレアは思った。再びサッカーを見つめる男性の眉間のしわが深くなっていく。ついに彼は立ち上がり、その場を離れようとした。
 クレアのかたわらにいたポールが、苦しげな声をあげた。少年の心の痛みを察したクレアは、たちまちこの子たちを守らなければという、熱い怒りに駆りたてられた。
 クレアはジェニーにポールとここで待っていてねと言うと、ほとんど反射的に男性を追いかけた。そして彼の腕をつかんで立ち止まらせ、振り返らせた。
「どうしてこんなことができるんです?」クレアは怒りをぶつけた。「なぜ、わたしたちから離れるんですか? なぜ、あの子たちを傷つけるの? あの子たちも、わたしたちと同じじゃありませんか。いいえ、わたしたち健常者を受け入れて愛しているぶん、あの子たちのほうが優れているわ。いまあなたがしたようなことをされてどんなにあの子たちが傷つくか、わからないんですか? あなたには……同情する気持がないの?」
 涙がこみあげてくるのを、クレアはどうすることもできなかった。たちまち怒りが引いていく。いったい自分に何が起きたのだろう。こんなふうに誰かをなじったことなんて、これまで一度もなかったのに。およそわたしらしくないことだ。
 感情を爆発させたことを恥じて、クレアは踵を返してその場を立ち去ろうとした。だが、驚いたことに男性が彼女の肩に手を置き、行かせまいとした。
 ショックと同時に怒りに駆られたが、どういうわけか怖いとは思わなかった。
「放してください」クレアはもがいた。
 だが彼はそれには応じず、優しくクレアを揺すってアメリカなまりの発音で穏やかに言った。「一瞬でいいからどなるのはやめて、ぼくの言うことに耳を傾けてくれないかな」
「いやです。放して」
「話を聞いてくれないうちはだめだな。あなたは言いたいだけ言ったんだから、今度はぼくの番だ」
「放して」クレアは彼をにらみつけた。
 なんてびっくりするほど温かみを感じさせるグレイの瞳なのだろう。それになんて濃く長いまつげかしら。クレアは思わず息をのみ、彼のまなざしにぼうっと見とれた。彼が何やら低くつぶやき、頭を下げる。唇がクレアの唇へと下りてくる。彼女はただ立ちつくし、何が起きるか予感するように、唇をそっと開いた。
 唇と唇が触れ合う前に、クレアは彼のつぶやきを聞いたような気がした。「あなたのような怒りっぽい女性を黙らせる方法は、これしかないな」言葉より彼が何をするつもりかに気をとられていたクレアには、それが空耳なのか本当に聞いたものなのか、わからなかった。
 男性から自分が女であることを意識させる口づけを受けるのは、いつ以来だろう。ずいぶん久しぶりのような気がする。いいえ、こんなふうな口づけは……されたことがないかもしれない……。
 胸の鼓動が速くなる。探るような口づけに、いつしか応えようとする自分をクレアはぼんやりと意識した。
 だが憤りの小さな悲鳴をあげて、クレアは彼から身を振りほどいた。顔が燃えるように熱いのは怒りやショックのためばかりでなく、説明のつかない感情と困惑のせいもあった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。