マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

プロジェクトX 挑戦者たち 壁を崩せ 不屈の闘志 魔の山大遭難 決死の救出劇

プロジェクトX 挑戦者たち 壁を崩せ 不屈の闘志 魔の山大遭難 決死の救出劇


発行: 日本放送出版協会
シリーズ: プロジェクトX 挑戦者たち
価格:100pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 昭和30年代、日本は登山ブームを迎え、山での遭難事故が増え始めた。昭和38年、後にサンパチ豪雪と呼ばれるドカ雪で、北アルプス薬師岳を登山中の愛知大学山岳部13人が全員死亡。前代未聞の大量遭難となった。
 この事故で、救助チームの隊長を務めたのは富山県警上市署の鑑識係、伊藤忠夫40歳。伊藤はかつて最愛の弟を山で亡くしていた。昭和40年、伊藤を指揮官とする山岳警備隊が発足。しかし県内の警察署から集められた隊員達は、山歩きの経験が無い素人集団。伊藤は助っ人を頼もうと、北アルプス麓の集落、あしくらじ芦峅寺を訪ねた。黒部ダム建設の際、資材を運搬。第一次南極観測隊にも選ばれた山のエキスパート達が住んでいた。隊員は、あしくらじ芦峅寺の男達に山登りの技術を学んだ。
 昭和44年正月、剣岳を記録的なドカ雪が襲った。15パーティー81人、史上空前の大量遭難が発生。山岳警備隊はあしくらじ芦峅寺の男達に応援を頼み、山頂付近にいた金沢大学山岳部17人の救助に向かった。しかし猛吹雪の中、先頭を切っていたベテランガイドが谷に転落。あしくらじ芦峅寺の男達は仲間を救出、山を降りた。後には、3人の若き警備隊員が残された。「今こそ厳しい訓練の成果を見せる」遭難者が待つ山頂に、足を踏み出した。
 生死をかけ、山岳救助に挑んだ若者達の熱きドラマを描く。

目次

一 登山ブームの陰で
二 史上最悪の大量遭難
三 決死の救出行
四 登頂なきアルピニスト賛

抄録

一 登山ブームの陰で


魔の山、剱岳


 北アルプス立山連峰、剱(つるぎ)岳。
 標高二九九八メートル。荘厳なまでに美しく、しかも険しいその姿から、「岩と雪の殿堂」と呼ばれる。三〇〇〇メートル級の山々が一〇を超して連なる北アルプスでも、屈指の名峰である。
 しかし、剣の刃先のごとく連なる鋭い絶壁、深く入り組んだ沢、狭い尾根。半歩足を踏み外せば深い谷に吸い込まれる。日本海までわずか三〇キロ余り、富山平野から急に三〇〇〇メートルも立ち上がっている地形は、他の山よりはるかに変わりやすい天候と、冬場のドカ雪をもたらす。
 滑落、雪崩(なだれ)、疲労凍死……。日本で近代式登山が始まり、剱岳の登頂がめざされるようになったのは大正時代半ば。それ以降、剱岳がのみ込んでしまった命はあまりにも数多い。
 昭和二(一九二七)年、当時、前剱の東斜面にあった剱沢小屋が雪崩で崩壊し、『東大山の会』のメンバーや山岳ガイドなど七名全員が死亡。
 昭和二五(一九五〇)年、剱岳から西に走る早月(はやつき)尾根の北側直下、二二〇〇メートル付近で雪崩に遭い、山岳ガイドが死亡。
 昭和二七(一九五二)年、単独行の明治大学生が、頂上手前で疲労凍死。
 昭和三四(一九五九)年、早月尾根北側の池ノ谷で雪崩に遭い、立命館大学山岳部の六人パーティーが全員死亡。
 昭和三六(一九六一)年、池ノ谷で雪崩に遭い、『不二越山岳会』の三人が死亡。その池ノ谷をはさんだ北側の赤谷(あかたん)山で耐寒訓練中、豪雪に閉じ込められ、富山大学山岳部のパーティー六人が凍死。
 別名、魔の山。
 死と隣り合わせであることで、ますます多くの登山者をひきつける山。それが剱岳だった。
 昭和四四(一九六九)年正月。その剱岳で、史上最悪の大量遭難が発生した。一五パーティー八一人が、猛吹雪に閉じ込められた。かろうじて機能していた無線で救助を要請してくるパーティーがいた。何の連絡もないまま、下山予定日を一週間過ぎても下りてこないパーティーがいた。
 救助に向かったのは、発足から四年目の『富山県警山岳警備隊』。そして、北アルプスの山岳ガイドからなる民間協力隊。そこに全国から駆けつけた三〇〇〇人のボランティアたちも加わった。
 山岳警備隊の指揮官には、つらい過去があった。弟を山で失った。子どもや兄弟を失って嘆き悲しむ家族の姿は、もう見たくなかった。
 この日に備え、岩場や厳冬期の剱岳で猛訓練に励んできた隊員たちは、張り切っていた。
 その前に、冬の剱岳が襲いかかった。風速三〇メートルの猛吹雪に視界は消えた。先頭を歩くベテランガイドは、雪山の罠に落ちた。
 残されたのは三人の若手隊員。
「俺たちの助けを待つ人がいる」――隊員たちは魔の山の頂に、踏み出していった。
 これは、剱岳で遭難する人たちを救おうと、魔の山に挑んだ男たちの物語である。


愛知大学山岳部一三人、薬師岳に消ゆ


 この物語の大量遭難事故から逆上ること六年前、昭和三八(一九六三)年一月。日本列島を戦後最大のドカ雪が襲った。日本海側の福岡から新潟まで、交通が寸断。新潟や富山、石川では積雪が平野部でも二メートルに達し、家や工場に潰れるものが出て、都市機能はマヒした。のちにいう「三八(サンパチ)豪雪」である。
 一月一三日。
 剱岳のふもと、富山県上市(かみいち)町の警察署に、突然連絡が入った。剱岳の南約一八キロにある薬師岳(二九二六メートル)を登山中の、愛知大学山岳部パーティー一三人の捜索依頼だった。下山予定は一月六日。すでに一週間が過ぎていた。
 急きょ、警察官九人と山岳ガイドからなる捜索隊が結成された。
 隊長は、刑事課鑑識係の伊藤忠夫。大正一一(一九二二)年生まれの四〇歳。山登りの技術は県警一だった。五年前に「山岳救助担当兼任」ということで上市署に転勤になっていた。
 降りしきる雪の中、先頭を歩く伊藤――。捜索に出るたびに去来する苦い記憶があった。


 ――伊藤は四人兄弟姉妹の長男。下二人は妹で、一番末が弟の辰三(しんぞう)だった。伊藤の兄弟は、父親譲りのスポーツ一家。伊藤自身、スキーは県大会で優勝するくらいの腕前だったし、弟・辰三は、それに加えて野球のピッチャーもこなすという万能選手だった。伊藤は六つ下の辰三をことのほかかわいがってきた。
 戦後まもない、昭和二三(一九四八)年、その辰三が山で行方不明になった。営林署仲間といっしょに朝日岳(二四一八・三メートル)に向かったまま、帰らなかった。まだ二一歳の若さだった。父の小四郎は猟師や村人を雇って探し回ったが、見つからない。自費で人を雇い入れ探してもらうしかない時代である。家の財産はひと月で底をついた。当時、「家族が山で遭難すれば家が潰れる」といわれていた。しかし、どんなに月日が経とうとも、母は、葬式を拒みつづけた。
「両親はいまにどっかから出てくるんじゃないか、明日にでも帰ってくるんじゃないかと、何回でも言っとりました」
 伊藤はそんな両親の姿を見ていられなかった。せめて骨だけは拾ってやりたい。それから何年も周辺の山を探しつづけてきた。伊藤の山登りは、そんななかで培われたものだったのである――。


 愛知大学の一三人のもとに向かった、伊藤たち救助隊。当面の目的地は標高二二七三メートル、薬師岳頂上まで約四キロの地点にある山小屋『太郎小屋』だった。
「小屋にこもってくれていれば、助かる」
 しかし、吹雪と、三メートルを超す積雪が行く手をふさいだ。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。