マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションノンフィクションルポ・ドキュメント

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ 嵐の海のSOS 運命の舵を切れ

プロジェクトX 挑戦者たち 情熱が奇跡を呼んだ 嵐の海のSOS 運命の舵を切れ


発行: 日本放送出版協会
シリーズ: プロジェクトX 挑戦者たち
価格:100pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


解説

 昭和56年元日、海難史に残る救出劇があった。
 房総半島野島崎沖2000キロで、大型貨物船「尾道丸」が三角波と呼ばれる謎の大波に襲われ、船首が折れた。船は、沈没の危機に陥った。
 野島崎沖は、アメリカから日本への最短航路。過去18隻の大型貨物船が遭難していた。「魔の海域」と呼ばれていた。
 SOSを聞いたのは、チリから鉄鉱石を運搬し、近くを航行中の貨物船「だんぴあ丸」。船長の尾崎哲夫は、シケの海で進路変更の決断をし、現場に向かう。
 尾崎は、「海の仲間を見殺しにできない」と、決断した。
 10mを越える波に流され衝突の危機。真冬の海、落ちれば助からない。そして、遭難の現実に尾道丸乗組員たちの精神的ダメージも大きかった。
 だんぴあ丸船長尾崎には、気がかりなことがあった。
 尾道丸船長・北浜のことだった。
 「一人の犠牲者も出したくない」。
 だんぴあ丸乗組員24人は、万全の体制で救助に備える。
 真冬の海に落とさない救助方法を考えた。
 しかし、突然、風が吹いた。
 救命イカダが波間に消えた。
 男たちの運命は……
 嵐の中、決死の救出劇に挑んだ船乗りたちのドラマである。

目次

一 嵐の中のSOS
二 魔の海域との闘い
三 船乗りの宿命と誇り

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。