マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌旅行トラベル会話集その他言語

旅の指さし会話帳2 インドネシア[第三版]

旅の指さし会話帳2 インドネシア[第三版]


発行: 情報センター出版局
シリーズ: 旅の指さし会話帳
価格:1,143pt
形式:MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 武部 洋子(たけべ ようこ)
 1997年、指さし会話帳の創刊準備が始まった頃、著者はインドネシアに住み始めて4年ほど。すでに、一人旅、留学、居候生活、結婚、出産、子育て、仕事……と、ありとあらゆる場面でインドネシア語を操り、ロマ・イラマ(p58参照)の日本ツアー通訳から、漫画『コボちゃん』のインドネシア語訳までこなしていたのだから、経験、実力ともに折り紙付きだった。インドネシア人に受ける話題を随所に盛り込むことができたからこそ、「指さし」は多くの読者に支持されてロングセラーとなっていったのだろう。その後仕事をする広告業界では、インドネシア各地をプロモーションのために飛び回ったり、トラブル対応に追われたり、の多忙な日々をすごす。現在は子育てがややひと段落し、ひさしぶりに「ガッツリ一人旅がしたい」とのこと。フローレス諸島に激しくひかれるそうだ。1969年東京生まれ。バンドンのパジャジャラン大学留学を経て上智大学文学部新聞学科卒業。著書に『食べる指さし会話帳・インドネシア』『恋する指さし会話帳・インドネシア語編』(小社刊)がある。

解説

 海外旅行に・語学学習に「指さし」!
 累計510万部突破のベストセラー旅行会話集『旅の指さし会話帳』シリーズが電子書籍で登場! 喋れなくても、聞き取れなくても大丈夫。『旅の指さし会話帳』は「指さす」だけで通じます!
 ◆厳選された使えるインドネシア語を4000語以上収録
 ◇本編・単語集すべてに読みガナつき
 ◆親しみやすいイラスト満載
 個人旅行や出張・留学にもぴったり。第三版には「会話のきっかけ」「重要フレーズ」や「日本の文化」「休日」の紹介なども加わって、ますます現地での会話がはずみます。インドネシアの生活文化や風習・グルメも楽しいイラストと共にたっぷりご紹介。眺めるだけでも楽しい旅行会話集です。
 ◆「旅の指さし会話帳」及び「YUBISASHI」は株式会社情報センター出版局の登録商標です。
 「YUBISASHI」は国際商標登録済みです。

目次

 親愛なるインドネシアのみなさんへ
 第1部 『旅の指さし会話帳』本編
 第2部 インドネシアで楽しく会話するために
 第3部 日本語→インドネシア語 単語集
 第4部 インドネシア語→日本語 単語集
 あとがき

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。