マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

結婚も悪くない? ブライダル・ブーケ III

結婚も悪くない? ブライダル・ブーケ III


発行: ハーレクイン
レーベル: MIRA文庫mirabooks シリーズ: ブライダル・ブーケ
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

 家族を捨て愛人に走った父と、泣いてばかりの母。そんな両親の姿を見て育ったスターは、愛などこの世に存在しないのだと幼くして悟った。男性を軽蔑し、誰とも深くかかわるまいとしてきたある日、友人の結婚パーティで、恋愛観を語る鼻持ちならないゴージャスな男に出会う。“愛がなければセックスも虚しいだけ”だなんて、女をベッドに連れ込むための綺麗事だわ。その男カイルの本性をどうしても引きだしたくなり、スターは無謀にも彼に誘いをかけた。だが逆にキスで骨抜きにされたばかりか、彼の一言にプライドを粉々にされ……。

抄録

 たったいままでスターが感じていた余裕と勝利感は跡形もなく消え、かわりにふつふつと怒りがこみあげてきた。カイルに自分の行動を読まれたばかりか、それを見事にかわされたことが癪だった。
 こんなふうに自分から言い寄って男に拒まれることに、スターは慣れていなかった。予期せぬ事態に、一瞬スターは黙りこんだ。
「きみは広告関係のコンサルタントをしているんだったね?」ウェイターが去ると、カイルが自分の料理を食べながらきいた。
「ええ」スターは冷ややかに答えた。「ロンドンの大手広告代理店に勤めたあと、独立したの」
「競争の激しい、ストレスがたまる仕事なんだろうな。とりわけ……」
「女にとっては?」スターは挑むように言葉を継いだ。
「誰にとってもさ」カイルが言い直す。「とりわけひとりで仕事をするのはって言うつもりだったんだ」
「ストレスも競争も……好きよ」この人、何が言いたいのかしら。わたしにパートナーか後援者が……男の手助けがあるとでも思ったの? スターは誘惑を拒絶された悔しさを忘れることにした。わたしに誰かいい人がいるかどうか興味を持っているとしたら、これはいい兆候だわ。「それに女ひとりで仕事をするのも」スターは付け加えた。
「独立して成功する人は、私生活においても支配することを好むっていうよね」
「女性が支配したがることに、あなたは反対?」
「まさか。ただ、なにもそんなに支配することにこだわる必要はないんじゃないかって思うだけだよ。そういう人は、他人とかかわるのが本当は怖いんじゃないか、心をさらけ出すことに臆病なんじゃないかって思うんだ。本当は傷つきやすくて……だから他人から距離を置こうとする」
 ウェイターにワインのおかわりを勧められて、カイルがうなずいた。スターは彼が言ったことを大声で否定したかった。見当違いもはなはだしいと無視しようかとも思った。
「ぼくも個人で仕事をしているんだ。それで……」ウェイターが離れてからカイルが言った。彼はスターの手が止まっていることに気づき、顔を曇らせた。「やっぱり、すずきは口に合わない?」
「いいえ、おいしいわ」むっつりしてスターは答えた。「会話が気に入らないだけ」
 カイルがじっとスターを見た。
 彼の深みのある青い瞳は、危険で何を考えているかわからないわ。信じられないくらい濃い青に、吸いこまれてしまいそう。
 不意にスターは疲れを感じた。いまごろ時差ぼけかしら。それでなくとも、午前中はブラッドとの打ち合わせがあって疲れているのだ。こんなふうにデートの会話に精神分析まがいのことをする男なんてお断りよ。だけど、いまさら引き下がるわけにはいかない。少なくとも、カイルからベッドをともにしたいという暗黙の了解を引き出すまでは、彼女のプライドが許さなかった。
 スターはすばやく頭を働かせた。「ごめんなさい、なんだか気分が悪くなってしまったわ」彼女はもの憂げにカイルを見た。「よければ、部屋まで連れていってくださる?」
「いいよ」
 カイルは心配そうな表情を浮かべ、ウェイターを呼んだ。
「フロントで、医者を呼んでもらおうか?」
 スターは首を横に振った。「いいえ……その必要はないわ。いまになって時差ぼけかしら」
 カイルはあっという間に支払いをすませ、レストランをあとにした。エレベーターを待つ間、彼の手際のよさにスターは心の中で感心した。
 エレベーターのドアが開くとスターはおおげさに震えてみせ、いかにも気が進まないというように乗りこんだ。「ばかげてるって自分でも思うんだけど、エレベーターは嫌いなの」
「ばかげてなんかいないさ」カイルがスターのあとから乗り、彼女に何階かきいた。「こんな狭い空間に閉じこめられて楽しい人間なんて、実際のところいないんじゃないかな」
 エレベーターが目的の階で止まった。カイルは礼儀正しくスターを先に下ろした。
 スターは自分の部屋の前で、カイルが来るのを待った。彼女はバッグの中を探って鍵を取り出し、わざと手から鍵を落とした。カイルが体をかがめて鍵を拾う。必然的に、身を起こした彼と体がぴったり寄り添うかたちになった。
 スターは口をわずかに開けて、カイルの口元を見つめた。かすれた声で礼を言い、体をいっそう近づけ挑発する。スターはそっとまつげを伏せた。
 これでカイルが応じないわけがない。彼は頭を傾け、スターに両腕をまわした。
 ちょっとした策がうまくいって、スターが感じたのは勝利の喜びだけではなかった。引き締まった男性の体を間近に感じ、彼女の体は熱くなった。カイルからは清潔ないいにおいがした。この人と口づけを交わして、茶色の髪に指をうずめるのはどんな感じがするだろう。絶対、キスは上手なはずよ。唇を見ただけでわかる。スターは視線を上げ、彼の口元を見つめた。
 二人の胸と胸が重なった。カイルの濃い青色の瞳に暗い情熱がともるのを見て、スターはぞくぞくした。
「キスして」スターはささやき、唇をカイルの唇に重ねた。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。