マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

さよならの演技

さよならの演技


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆3
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ダイアナ・ハミルトン(Diana Hamilton)
 イギリスの作家。ロマンチストで、一目で恋に落ち結ばれた夫との間に三人の子供をもうけた。就寝前の子供たちにベッドで読み聞かせるために物語を書きはじめる。ロマンス小説家としてのデビューは1987年、その後数多くの名作を世に送る。2009年5月、ファンや作家仲間に惜しまれつつ亡くなった。

解説

 ■名目も外見もパーフェクトな夫婦。でも、内実は……これ以上、演技はもう無理よ!

 ■ジェイク・ウィンターは全女性が理想の夫と憧れるすばらしい男性だ。実業家としても大成功をおさめている。クレアはそのジェイクと二年前、正式に結婚した。誰もが完璧な夫婦と称えているが、実態は二人だけしか知らない。実は、病気の母を抱えて困っていたクレアと、結婚はする気がなく有能な個人秘書だけを求めていたジェイクの、必要に迫られた契約結婚だった。寝室もベッドも別なのだ。契約が解消される唯一の条件は、二人のどちらかが真剣に誰かを愛して、再婚を望んだ場合だけと定められている。これまで二年間、母親には完全な保護を与えられ、ジェイクとの仕事もとても楽しく、何もかもうまくいっていた。だが最近、ジェイクはイタリア貴族の美しい令嬢と本気で恋を……。

抄録

 とんでもない。シャンパンの効き目は充分すぎるほどだわ。クレアは心地よいクッションに無防備な気分で横たわった。美しい顔? わたしが? 彼は本当にそう思ったのだろうか。わたしをロレッラ嬢と同じくらい美しいと……まさか。そんなはずないわ。クレアは自答自問するうちになんだか悲しくなり、うろたえながら目を伏せた。彼の言うつまらないことって、わたしが仕事に飽きたから契約を破棄したいと言い出したことなんだわ。
 確かに、彼にすれば一笑に付すような問題でしょうね。彼は自分に合わないことはすべて掃いて捨ててしまう性分だもの。いつだって自分の都合が一番なのよ。
 だけど、わたしの人生はどうなるの? これ以上かき乱されるのはいやよ。絶対にいや……。クレアはだんだん頭がぼんやりして、体の力が抜けてきた。するとジェイクは同じデッキチェアの端に腰を下ろし、クレアの足から靴をていねいに脱がせ始めた。彼の指が足の甲にかすめるように触れたが、クレアは抵抗する力を失っていた。
 うっとりとした心地よさに、クレアの閉じたまぶたが小さく震えた。彼の両手がゆっくりとふくらはぎをなでながらスカートへとのぼり、腰の脇の小さなファスナーを引き下ろした。
「このほうが気持ちいいだろう?」彼がわずかに身動きすると、互いの下半身が触れ合った。クレアは黙ってなすがままになりながらも、頭の中では必死で抵抗していた。気持ちがいいですって? 失礼だわ。ばかにしないで!
 その瞬間、体の芯に焼けるような熱いうずきが走った。クレアは思わず小さくうめいた。紛れもない歓喜の声だった。さらにジャケットのボタンをはずそうとする彼のひんやりとした指が素肌に触れたとたん、クレアは言い知れぬ解放感を覚えた。
 暑いわ。まるで砂漠にいるみたい。ウールのスーツを今すぐ脱ぎ捨てたくなった。ジェイクに抱えられると、彼女は細い茎を支え切れなくなった花のように力なく頭をのけぞらせた。
 肩からするりとジャケットを脱がされ、クレアの頭は再び椅子の背に戻された。彼女は目を閉じたまま自分の体に熱い視線が注がれるのを感じた。すると、全身に興奮が荒波のように襲いかかり、胸の先端が薄いコットンのブラジャーの中でつんと固くなった。
 不思議なことに羞恥心は少しもなかった。ジェイクの目の前で素肌をあらわにしていることが、ごく自然な、当たり前のことのように思えた。長いあいだのフラストレーションから解き放たれ、喜びでいっぱいだった。
 わたしは今までずっと無関心を装って、自分の感情を麻痺させてきたのね。クレアは重い衣装をいっぺんに脱ぎ捨てたような身軽な気分だった。ジェイクがただ性欲に駆られているにすぎないとわかっていても、今はすべてを彼にゆだねたかった。クレアは決然とした面持ちでそっと目を開けた。
 ジェイクの彫刻のような精悍なオリーブ色の顔には、無数の細かい玉の汗が浮いていた。そして引き締まったあごには、何かを必死にこらえているような表情があった。けれどもクレアがその意味を考える間もなく彼のすらりとした指がブラジャーにかかり、彼女は熱い予感に身もだえした。
 質素なコットンの下着をつけていることさえ、もう気にならなかった。世間の目に触れる部分には、ジェイクが望むとおりの優雅でお金のかかった服装を心がけている。でも下着にまで贅沢をする気にはなれなかった。ジェイクはそんなことには今まで気づかなかったにちがいない。彼の前で下着姿になったのはこれが初めてだから。
 クレアは今、不思議な解放感に満ちていた。このまま奔放な欲望に身を任せてしまいたかった。彼もわたしにそう望んでいるはずだわ……。ああ、なんだか空中を浮遊している気分。彼の目がゆっくりと熱を帯びていくのがわかる。わたしは世界一みだらな女に映っているのね。でも、もうどうでもいいの。たとえ二度と地に足をつけなくたって構わない……。
 クレアは両腕を伸ばして彼の首に巻きつけ、指先を彼のうなじの髪にうずめた。彼のまなざしが動揺と満足感とのはざまを揺れ動いた。
「クレア……」低いつぶやきとともに、唇が重なった。クレアは全身をまばゆい炎に包まれながら、ジェイクの狂おしい口づけに応えた。生まれて初めてありのままの自分に出会った気がした。欲望があとからあとからあふれ出てくる。彼女はジェイクと激しく唇を重ねながら、次第に熱くしなやかになっていく体で彼にしがみついた。
「クレア……」ジェイクは彼女をきつく抱き締め、黒髪を優しくなでた。耳元で聞こえる彼の熱いつぶやきにクレアはめまいを覚えた。もう行き着くところまで行くしかないのだと感じた。
 彼はわたしがこうしてたちまちみだらな女に変わってしまうことを、二年前から知っていたのかしら。それで絶対にわたしに触れまいとして、ひたすら機が熟すのを待っていたのかしら。
 クレアはジェイクの広い胸に指をはわせ、胸の鼓動を味わった。それからシャツのボタンをひとつひとつはずしていった。いつの間にか冬の短い午後が終わり、あたりは暗くなっている。自動的に点灯した温室内の小さな無数の明かりが、青々とした熱帯植物の中で光をにじませていた。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。