マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

片思いの日々

片思いの日々


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ベティ・ニールズ(Betty Neels)
 イギリス南西部のデボン州で子供時代と青春時代を過ごした後、看護師および助産師としての教育を受けた。戦争中に従軍看護師として働いていたとき、オランダ人の男性と知り合って結婚。以後十四年間、夫の故郷オランダに住み、ベティは看護師、夫は病院事務と、ともに病院で働いた。イギリスに戻って看護師の仕事を退いた後、よいロマンス小説がないことを嘆く女性の声を地元の図書館で耳にし、自ら執筆を決意した。1969年、「赤毛のアデレイド」を発表して作家活動に入る。穏やかで静かなロマンス、その優しい作風が多くのファンを魅了した。2001年6月、惜しまれつつ永遠の眠りについた。彼女が生みだした作品は百三十以上にも及んでいる。好きな映画は『逢いびき』(英1945年)、尊敬する人物はウィンストン・チャーチルだったという。

解説

 ■ひたすら彼のことを思う毎日だった――たとえ相手に美しい婚約者がいたとしても。

 ■ドクター・ラヴェルは目の前に座っている若い女性を見つめた。平凡な顔に落ち着いた声、そして地味な服装。うん、新しい受付係は彼女でいいだろう。こうしてマチルダは採用されることになった。彼女は最近、父母とともにこの小さな村に引っ越してきたばかりで、村の診療所が受付係を募集していると聞き、少しでも家計を助けられればと、面接を受けに来たのだった。マチルダの目に、ドクターはとても魅力的な男性に映った。実際、ひと目見た瞬間に、恋に落ちてしまったのだ。でもわたしは美しくないし、ドクターには婚約者がいるという。彼への思いはぜったいに隠しておかなければ……。診療所で働きはじめたマチルダは充実した日々を送るようになった。しかし、彼女に対するドクターの態度はなぜかよそよそしかった。

抄録

 村に戻る車中でマチルダは尋ねた。「ミスター・ダケットはどうすることに決めました?」
「手術を受けることに同意した。彼は若いからあっというまに回復するにちがいない」
「よかったわ。でも、彼は農場のことを心配しているそうです」
「それはなんとかなるだろう」
 マチルダは詮索好きだと思われたような気がした。だが、そう考えたとしても、彼はマチルダに留守番を頼むつもりのようだった。
「あさって、彼を病院に連れていく。ミセス・ダケットも一緒だ。きみが農場でトムと留守番をしてくれるとありがたいんだが」
「トムとふたりきりで?」
「農場の手伝いをしているジョンもいるはずだ。きみは怖がりじゃないだろう?」
「違います」マチルダはきっぱりと言った。
「よろしい。家まで送っていこう」
 驚いたことに、家に着くと彼は車から降り、マチルダのあとから玄関ホールに入ってきた。
 マチルダはあてつけがましく言った。「お入りになって、ドクター」
「もう入っているだろう? お父さんの診察をしたいんだ」
 向きになった自分がばかみたいに思え、マチルダは顔を赤らめた。
 キッチンでコーヒーをいれて書斎に持っていくと、ドクターが戸口でトレイを受けとり、下がりなさいとばかりに鼻先でドアを閉めた。
 そろそろ昼食の支度をする時間だったので、マチルダはテーブルの上を片づけ、スープをこんろにかけた。オムレツ用の卵を割りほぐしているとき、ドクターがキッチンに入ってきた。彼は手にしたコーヒーのトレイを流しの脇にきちんと置いた。
「お母さんはいつ帰るんだい?」
「木曜日に帰る予定だったんですけど、ゆうべ、電話で一日か二日、滞在を延ばすと言ってきました。父は大丈夫でしょうか? 母に戻ってもらうべきかしら? 昼間の数時間、父はひとりきりなので」
「今のところ心配はないし、数時間ひとりでいてはいけないという理由もない。だが、水曜日にきみがダケット農場に行っているあいだは、ミセス・インチかキティーに来てもらおうと思うが、どうだろう。さっきはそこまで考えもしなくて悪かったが、トムはきみを気に入っているようだし、きみはきちんと対処できる思慮深い女性だとぼくは考えている」
 本当は牛にでくわすのが怖いし、ましてや人里離れた農場で幼い男の子とまったく知らない農場労働者と半日を過ごすかと思うとたじろいでしまう。それをドクターに正直にうちあけるべきだろうか?
 マチルダは彼の穏やかな顔を見あげ、黙っていようと決めた。わたしは彼を愛している。彼のためならどんなことでもするつもりだ。牛の一頭や二頭に怖じけづいてどうするの?
 マチルダは静かな口調で言った。「わかりました、ドクター。話し相手ができて父も喜ぶでしょう」そこで、ふと気になることを思い出した。「父の健康について、今のところ心配はないとおっしゃいましたけど、どういうことでしょう」
「不安にさせたくはないが、きみのお父さんのような心臓の状態の人は、今は元気でもいつなんどきまた発作に襲われないともかぎらないんだ。きみはその点を留意しておくべきだし、きみのお母さんも理解すべきだと思う」
 ドクターはマチルダの落ち着いた顔をじっと見つめていたが、やがてにっこりしてドアに向かった。マチルダもあとに続いた。彼はドアの前で足を止め、屈んでマチルダにキスした。優しく元気づけるようなキスだった。
 ドクターが車に乗って走り去るのを見送ってから、マチルダはキッチンに引き返し、フライパンをとりだした。今のキスにはどういう意味があったのかしら。いいえ、彼は何も考えずにキスしたのよ。子猫を撫でたり、泣く子をあやすのと同じようなものだろう。でも、そんなキスは二度としてほしくない。
 夕方の診察のときには、彼はいつものようによそよそしい態度に戻っていた。最後の患者が帰ったあとも、“おやすみ”と言っただけで診察室に引っこんでしまった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。