マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

一度のキスで…

一度のキスで…


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ペニー・ジョーダン(Penny Jordan)
 1946年にイギリスのランカシャーに生まれ、10代で引っ越したチェシャーに生涯暮らした。学校を卒業して銀行に勤めていた頃に夫からタイプライターを贈られ、執筆をスタート。以前から大ファンだったハーレクインに原稿を送ったところ、1作目にして編集者の目に留まり、デビューが決まったという天性の作家だった。2011年12月、がんのため65歳の若さで生涯を閉じる。晩年は病にあっても果敢に執筆を続け、同年10月に書き上げた『純愛の城』が遺作となった。

解説

 雑誌社に勤めるスージーは上流階級のパーティでスクープを狙っていた。そのためには警備担当のエキスパート、ルーカス・ソームズの気をそらさなくてはいけない。でもどうやって? 恐る恐るルーカスに歩み寄り、濃いブルーの瞳に見返されたとき、すべての思考は吹き飛んだ。気がつくと爪先立ちになり、相手の唇に唇を強く重ねていたのだ。だが至福の時はあっけなく終わった。体が乱暴に押しのけられ、怒りと嫌悪に満ちた表情でルーカスが言った。「記事に負けず劣らず、やり口も汚いんだな」

 ■ハーレクイン・ロマンスのベテラン作家ペニー・ジョーダンの新作です。運命の男性に嫌われたスージーは、意外なかたちで彼に再会します。

抄録

「放して!」狂ったように暴れて、彼女は叫んだ。
「よすんだ。ばかだな。そんなことをしたら、僕ら二人とも――」言いかけたルークの口元に激しく動かしていたスージーの手が当たった。
 本能にも、これまでに受けた訓練にも反して、そしてもちろん、そうする気持ちもなかったのに、彼は口を開けてスージーの指を二本くわえ込んでいた。
 ショックでスージーの体が一気に熱くなった。
 ルーカス・ソームズが私の指をくわえている。そして彼は……。
 ほかのすべてを忘れて、スージーはなんとか必死に逃れようとした。だが、頭も、心も、体も、すべてが、彼がゆっくりと舌を動かすにつれて生まれる歓びに満たされていく。
 温かく湿った舌の感触に、スージーの頭の中でショッキングな、経験したことのない官能がはじけた。指でなく、唇だったらいいのに……体の奥、胸のふくらみの内側に危険な感覚が生まれるのがわかった。
 自分を守るために、スージーは指を引き抜いた。
 柔らかく甘いものが舌から離れるのを感じたルークは、反射的にスージーの頭の後ろに置いていた手を引き寄せ、彼女の唇を代わりにむさぼった。
 スージーは抵抗しようとしたが無駄だった。唇が彼女を裏切っていた。
 ルーカスはそれをちゃんと感じたのだろう、彼女の唇をなぞるように舌を動かしはじめた。そうやってスージーの防御壁の弱さを探り、簡単に破れることを見抜いてしまった。
 固く抱きしめられ、動きを封じられたスージーは、彼に降伏するしかなかった。
 降伏? 自分から唇を開くことが? ルーカスの舌を迎え入れることが? スージーは激しい感情に突き動かされてルーカスの肩をぎゅっとつかんでいた。自分に立てた誓いはすっかり忘れて……彼に応じていた! この激しい求めに応じることは何かを意味するはずだと、自分をあえて納得させる。私をとらえているのと同じ感情が彼をとらえている。私たちは……魂が通じ合っている?
 スージーは小さくあえいだ。
 一方ルークは唇を引きはがし、スージーの肌に指を食い込ませて、自分がしたことを、自分の気持ちを、論理的に理解しようと努めていた。
 興奮した体を制御するために全身の筋肉に力をこめる。僕はどうしてしまったんだ? 肉体的には、彼女を自分のものにしたいという欲求を抑えることができるが、心配なのは体ではなく、頭の中で起こっている変化だ。これまで仕事に個人的な感情をまじえたことなどなかった。そのうえ、たった今スージーにしたような激しいキスをしたくなったのも初めてだ。
 彼は腹立たしい思いで、スージーから体が離れた喪失感や、続けろとささやき誘惑する心の声を無視しようと努力した。
 みだらな幻想を思い浮かべてしまう自分にますます腹を立てて、ルークはそれを脳裏から押しやった。
「放してだって?」キスなどなかったかのように怖い声で言うと、彼は二人の体の角度を変え、スージーの位置からすぐ下の岩が見えるようにした。「見ろ! 僕が止めなかったら君はあれに衝突するところだったんだぞ」
 スージーは恐る恐る頭を上げ、丘の下方を見た。表面がごつごつとそそり立った岩を見て、みぞおちのあたりから血が引くような恐怖を覚える。
「そんなことはないわ」彼女は嘘をついた。
 だが震えは止まらず、どうしたことか、彼女は目を閉じてルーカスの肩に顔をうずめた。
 ルーカスはすぐさまスージーを制し、腕を強くつかんで体を引き離した。固く引きしめられた口元が怒りを表している。
「僕がばかだった。君の勝手にさせておけばよかったんだ」彼がつぶやくのが聞こえる。「そのほうが手間が省けたのに」
 そんなに彼は私を嫌っているのだろうか?
「なぜそうしなかったの? 今のに比べたら、岩にぶつかるほうがずっとましだったわ」
 つらいのはルーカスに冷たくされたせいではなく、自分自身に対する怒りのせいだわ。スージーは心の中でつぶやいた。
 もう一度その岩を見ることができない。彼が止めてくれなかったら大怪我をしていたかもしれない、という事実からは逃げられなかった。
 そしてもう一つ、ルーカスからも逃げることができないような気がする。こうしてたくましい体に支えられ力強い腕に抱かれているのは、形の上では守られていることになるのだろうが、気持ちには逆の効果を及ぼしていた。
 気持ち? 私は何を考えているのだろう――実は充分にわかっている。認めたくないだけだ。今の一度のキスで、ルーカスに教えられたこと。それは、最初に会ったときにルーカスに対して感じた気持ちは気の迷いだったといくら否定してみても、彼の近くにいるとどうなってしまうかわからないという事実だった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。