和書>小説・ノンフィクションミステリ小説日本ミステリ小説


解説

 作家・日能克久は、高校時代の同窓会で、クラスメイトの梅木万理子が、自分を好きだったことを知らされる。よくある青春の思い出話であるはずの告白。しかし、日能の記憶によれば、万理子は死んだはずだった。だが、死んだはずの万理子は、美しい女性となって日能の前に現れる……。日能は、なぜ万理子が死んだと思い込んでいたのか? ホラータッチの傑作ミステリー。