マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインウエディング・ロマンス・ベリーベスト

魅せられた富豪

魅せられた富豪


発行: ハーレクイン
シリーズ: ウエディング・ロマンス・ベリーベスト
価格:200pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆2
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 リン・グレアム(Lynne Graham)
 北アイルランド出身。七月三十日生まれの獅子座。十代のころからロマンス小説の熱心な読者で、初めて自分でロマンス小説を書いたのは十五歳のとき。大学で法律を学ぶと同時に、十四歳のときからの恋人と卒業後に結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚するという経歴の持ち主。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで現在、スリランカとグアテマラからの養子を含めた五人の子供を育てている。時間のあるときは大好きな庭仕事に励み、得意のイタリア料理に腕をふるう。小説を書くときのアイデアは、自分自身の想像力とこれまでの経験から得ることがほとんどで、彼女自身、今でも自家用機に乗った億万長者にさらわれることを夢見ていると話す。ロマンス映画も大好きだが、ハッピーエンドでないものは好きではないという。

解説

 受付係のスージーは会社の新オーナーでギリシア人実業家のレオスの到着に怯えていた。以前、臨時に彼の下で働いたとき、二人は恋仲になった――つかのまで終わった恋だった。9カ月後、スージーは彼の子を密かに産んだ。妊娠を利用する女を忌み嫌うレオスには言えなかったのだ。だが今、リムジンを降りた彼の目がスージーをとらえ……。

抄録

 八日目――月曜日、午後

 眠りながら伸ばしたスージーの手に、覚えのない毛皮のような感触があった。手をさらに伸ばして触ってみると、今度はひんやりと冷たいものに触れる。レザー? はっとして目を開けると、驚いたことに自分がいるのはレオスのオフィスの中だった。
 当のレオスが、優雅に、クールに視界に現れた。
 スージーはあわててレザーのソファの上で身を起こそうとしたが、体にかけられたフェイク・ファーのラグがまつわりついて、すぐには自由な動きがとれない。「いったいどうして……」
 レオスは肩をすくめた。「昼休み前だというのに、君はデスクに突っ伏して寝ていた。起こそうとしたが、ぐっすり眠り込んでいたから……」
「揺すってでも起こしてくれればよかったのに!」つややかに光る髪を乱して、スージーはラグをはねのけ、立ちあがって靴を捜した。「いやだ。どうしてここに連れてきたりなんか……」
 レオスは顔をしかめた。「ほかに寝やすい場所はなかったからさ」
「でも私を……抱きあげて運んだのでしょう? 誰かに見られたらどうするの?」
「誰にも見られていないよ。内緒で運び込んだから」人を惹きつけずにおかない微笑を見て、スージーの気持ちは揺さぶられ、息が苦しくなった。「スージー、今朝はひどく疲れていたようだね」
「それにしたって……」自分を捕らえて放さない黄褐色の瞳の魔力から逃れようと、スージーは乱れた髪をぎこちなく手で整えた。「私、ひどい格好を見せてしまって……」
「そうやって以前のように髪を下ろしているほうが僕は好きだ」レオスが距離を縮めてくる。「自然なほうがきれいだ。いろんな色が微妙にまじっているのがよく見えるし」
 体じゅうの細胞が、彼が近づいてくることを感じ取り、血がざわめきだす。口の中が乾いて心臓がどきどきしてきた。お互いを性的に意識するあまり、あたりの空気がびりびりしているのがわかる。スージーは震えていたが、足は根が生えたようにその場を動かない。突然の出来事だったのと、まだ完全に眠りから覚めていないせいで、スージーの警戒心はゆるんでいた。抵抗しようもない彼の魅力と、彼に触れたいという強い思いに逆らえなかった。
 レオスは緊張しているスージーの肩に手を置いた。「僕は社員にセクシャルハラスメントを働くつもりはない。だから、いやだったらこの場からいなくなってくれ」
 スージーは思わず息をのんだ。「私……」
「だがこの場にとどまることを選ぶのなら、引き返すことはできないよ」レオスは低い声で警告した。
 強い光を放つ瞳を見ながら、スージーは、これは夢だわ、と思っていた。夢なら覚めないでほしかった。レオスは片手をスージーの背中に置き、彼女を引き寄せた。“夢じゃないわ、あなたは起きている。これは現実よ”スージーの良心が意思に反して忠告したが、こうつぶやく自分の声が聞こえてきた。「キスだけなら……」
 レオスはスージーを抱き寄せ、鮮やかな色のつややかに光る髪に指を差し入れた。けぶるようなまなざしで満足げにスージーの顔を見つめる。
「僕と交渉しているつもりか、それとも自分の気持ちを測りかねているのか、どっちだ?」
 彼はスージーの返事を待たずに、まだ自分の中での闘いを続けている彼女の唇に、唇を寄せてきた。これから起こることに期待し、抵抗する気持ちを失ったスージーは、火がつけられるのを待ち受けている火薬庫も同然の状態だった。そして……レオスは期待を裏切らなかった。
 スージーの体は興奮と喜び、彼に触れたいという熱い思いで燃え立つようだった。絹を思わせる豊かな黒髪を指にからめ、なぞるようにレオスの昂然とした頭に触れる。誇り高い頬骨にてのひらを押し当て、固く彼を抱きしめたい。もう二度と放さない、というように。
 レオスは顔を上げた。「もうすぐ六時だ。夕食を食べながら……話そう」
「六時?」スージーは驚いたように彼から飛びのき、ドアの方に走りだした。託児所は五時半で閉まる。ベンを迎えに行くのが遅れてしまった!

   9

 八日目――月曜日、夜

 無事に家に帰ってスージーがベンを寝かしつけたとき、アパートメントの玄関のベルが鳴り響いた。
 防犯用ののぞき穴に目を押し当てたスージーは、レオスの姿を見てパニックに襲われた。今になって気づいても遅すぎるが、理由も話さずに彼のオフィスから走り出たことは、キス以上に愚かな行為だった。ベンはいったん寝つくとめったに目を覚まさないことを改めて自分に言い聞かせて、スージーはドアを開けた。
「なぜあわてて逃げ出した?」レオスのいかめしい顔がこわばっている。
 真っ赤になったスージーは、内心さまざまな矛盾した思いと闘いながら、先に立って彼を居間に案内した。「後悔と……当惑して、どうしていいかわからなくて」
「そのどちらも無用の感情だ」力強い手がスージーの肩にかかり、彼の方に向かせる。視線がスージーの瞳を求めた。「スージー、僕のところに戻ってきてほしい」

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。