マイリストに追加

和書>趣味・生活・雑誌くらし子育て

わかった! 子育てが楽しくなるコツ

わかった! 子育てが楽しくなるコツ


発行: ゴマブックス
価格:1,200pt
形式:XMDF形式⇒詳細 
対応端末:パソコン ソニー“Reader”
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 越坂部 重之(おさかべ しげゆき)
 1970〜
 東京生まれ。3児の子育て中の現役『お父さん』。「色素性乾皮症」という稀な体質を持つ子育ての様子が、テレビで放映され話題を呼ぶ(過去に5回)。著書に『月夜に遊ぶ天使たち』(新潮社)がある。現在「ラクで楽しい子育て」のメッセンジャーとして奮闘中。著者ホームページ『ふゆぼうの部屋』。

解説

 子育ては、「親育ち」と考えたらラクになった! 「色素性乾皮症」という稀な体質を持つ三人の子供。子供たちは、太陽の下では遊べない。その子たちは、なぜ自分の子供として生れたのだろうか? さまざま悩んで、毎日真剣に子供とぶつかっていたら、いつのまにか親の私が育ってました! 「親育ち」は、親だけに与えられた、子供からの贈り物。かけがえのない学びの場。だからとてもありがたい。

目次

〈推薦文〉自由な子育ては、親を自由に幸せにしてくれる 本田 健


はじめに


1 私、ふつうと「ちょっと違う」体質の子供の父親です
 3人の子供たちと、真剣に向き合うことで見えてきたこと


 子育てをしていたら、親が育っていた!
 子供たちに「おおらか」になれた
 「太陽の光」に当たれない私の子供たち
 わかった!「子育ての悩み」解消法
 すぐにイライラ、融通のきかない意地っ張り
 「物事には、正しいことと悪いことがある」に疑問
 「人によって判断基準が違う」という現実
 人にやさしくできる子供に育てたい!


2 子育てが楽しくなる〈親育ち〉7つのステップ
 まず、昨日の自分とちょっと変わってみる


 妻から学んだ「おおらかさ」――〈親育ち〉ステップ1
 自分を受け入れ、好きになる――〈親育ち〉ステップ2
 なりたい自分の姿を意識する――〈親育ち〉ステップ3
 細かいことを気にせず、受け入れる――〈親育ち〉ステップ4
 いろんな子供がいて当たり前――〈親育ち〉ステップ5
 答えは一つではありません――〈親育ち〉ステップ6
 自分自身の「悩み」について考える――〈親育ち〉ステップ7
 「子育て本日休業」――〈親育ち〉おまけのステップ
 〈ひとやすみコラム〉
 子育てが“ラク”になる「おすすめの本」があります


3 自分を信じ、子供を信じることだけ
 今の自分の思いの積み重ねが、未来になっていく


 その子は、なぜあなたの子供なのか
 子供が、「障害」と呼ばれるものを持って生まれてきたら
 子供とは、大人とは
 「育てる」ということ
 やさしさの中にある「厳しさ」とは
 「家族」それは小さな社会
 親しか伝えられないことを伝えよう
 子供を伸ばす親の心がまえ
 親子の関係は、いろんなスタイルがあっていい


4 仲良き夫婦が子供を支える
 夫婦の笑顔こそ、子供を育む大切な栄養


 夫婦という親の姿
 「いつも仲良く」という意識
 子供の前で争わない
 相手の話を黙って聞く
 子供を“だし”に使う
 仲良し夫婦のコツあれこれ
 「子供たち」へ……


おわりに

抄録

妻から学んだ「おおらかさ」――〈親育ち〉ステップ1


「理想と現実」のギャップについて思い悩む一方で、もう一つ私を苦しめるものがありました。それは、しばしば訪れる子供の行動に対して、大人であるはずの自分が、感情的にとらえてしまうことへの罪悪感。
 そんな場面を迎えるたび、またやるせない気持ちになってしまうのです。
 親としての責任感と使命感。それ自体は必要なものだと思います。
 行き過ぎた考えは押しつけになり、子供の人格をねじ曲げる可能性もありますが、ほったらかしの放任主義もまた、同じように子供の成長のうえで、問題があります。
 親は親である以上、ある程度の責任はあるものです。
 この理屈、頭ではわかるのですが、どうしたら実際の子育ての中で自分も「楽しく・明るく」なれるのか、相変わらず、「どうして……」と感情的になるたびに考えました。
 ところが答えは、意外にも近くにありました。
 あるとき、冷静になってみると、一生懸命やってるはずの私だけが怒ったり、イライラしたりしていることに気がつきました。
 同じ状況を目にしているかーさんも、私のような態度を取ることはありません。かーさんは私と人間性がかなり違う、とても、とてもおおらかな人です。くよくよ悩んだり、考え込むことがありません(ですから、今まで子育てで悩んだことはないそうです)。私のようなイライラ人間にしてみれば、ある意味、うらやましい性格です。悪く言うと『能天気』?
 いつも笑顔のたえないかーさん(妻)に惚れたのは、きっと私のほうでしょう(笑)。結婚して子供が生まれてからも、いつもニコニコ。先ほど書いたように、結婚してから、かーさんに悩みを打ち明けられたことはありません。くよくよしているところも見たことはありません。
 そういえば、今までに二度だけ、
「子供たちが泣きやまないの……」
 と、家の外にいた(私の職場が家の隣なので)私のところに、トボトボとやってきたことがありましたが、それくらいです。
 私は、一日に最低でも一時間は妻と話をしています(一方的にしゃベっていると言ったほうが正解でしょうか)。ですから、こっそり悩み、苦しんでいることはないはずです(と思います)。
 そんな妻は、やっぱり、毎日をイライラすることも怒ることもなく自分のペースで生活しています。
 同じ子育てをしているのに、なぜこんなに心の状態が違うのか。同じ風景を目にして、なぜとらえ方がこうも違うのでしょうか。
 そこでまずかーさんと、自分の違う点を探してみました。


 ・物事にこだわらない
 ・細かいことを気にしない
 ・何か起きてもあわてない
 ・人の目を気にしない
 ・他人の悪口を言わない
 ・何かやりかけでも気にしない
「どうして?」と思うことはあるが、その答えが出なくても気にならない


 そうです! まさに「おおらか」なのです。そして私にはないものばかり。
 そして、そんな「おおらか」な性格の妻には、悩みもイライラもない(ように見えます)。私は「かーさんのようになれば、間違いなく成長できる」、そう思いました。
 これこそ、まさに〈親育ち〉最初のステップ、「おおらかさ」を知るということなのです。私が気づいた「楽しく・明るく主義」子育ての基本は、「おおらか」だったのです。


*この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

紙書籍初版: 2004/3/10
趣味・生活・雑誌くらし子育て

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。