マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル

緋色の髪の乙女

緋色の髪の乙女


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル
価格:700pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 ひた隠しにしてきた片想いが、こんな形で砕け散るとは……。

 1年前に事故で両親を亡くし天涯孤独になったエレノアは、遠縁の公爵未亡人のもとに身を寄せ、話し相手を務めている。そんな彼女が寝ても覚めても頭に思い描くのは、公爵未亡人の孫、ジャスティン――経験豊かな金髪碧眼の公爵だ。しょせんは身分違いの片想いだと自分を戒めるエレノアに、ある日、社交界デビューの話が持ち上がった。しかも公爵未亡人が後見人に指名したのは、なんとジャスティン。彼女がきちんと嫁げるよう持参金を用意してやると話す彼の、どこか面白がっているような様子に、エレノアは傷ついた。彼は適当な花婿を見つけて、私を追い払おうとしているんだわ!

 ■『碧の瞳の家庭教師』の関連作です。社交界デビューをともにして以来親友同士の老婦人が、独身を謳歌する孫たちの花嫁探しに頭を悩ませる物語もいよいよ本作でラスト。C・モーティマーが描く華麗な貴族の恋愛模様をご堪能ください。

抄録

 ジャスティンは尊大な調子で眉を上げた。「ロイストン公爵が公の場でエスコートする最初の女性になるという栄誉に浴することができても?」
 一瞬、彼女は驚いた顔を見せたが、すぐに言いかえした。「それなら、なおさらお断りします」
 頑固なまでの楽観主義に、ジャスティンの笑みはますます広がった。「きみが逃れられる方法があるとは思えない。舞踏会の前に階段から落ちて、脚を折りでもしないかぎりね」エレノアが眉間にしわを寄せ、その案を真剣に考えている姿を見て、ジャスティンは腹を抱えて笑った。「ぼくに手を取られて広間に入るのは、本当にそんなに不愉快なことかい、エレノア?」彼はやさしく文句を言いながら、部屋を横切って彼女の前に立った。「だとしたら、きみは男の自尊心をちっとも満たしてはくれない」
「あなたの自尊心は満たされる必要はないと思うけど」ふいにジャスティンが目の前に来たので、エレノアは狼狽しながらかすれた声でつぶやいた。実際、こめかみにかかった巻き毛を揺らす温かい息を感じるほど、彼はそばにいた。
「どうなんだ?」長く細い指が伸びてきて、巻き毛をやさしく払いのける。熱くなった額に、その手はひんやりと心地よかった。
 エレノアは答える前に唾をのみ、それと同時に、心の中でふだんどおりの声が出るように祈った。「そんなこと、あるはずがないわ。あなたは結婚市場で、なかなか手に入らないと同時に大いに望まれている男性だというのに」
 さいわいにも、ほんのわずか息が弾んでいるだけだった。だが、その一方で、言うことをきかない膝はいまにも崩れそうになり、もはや体を支えきれなかった。
「ぼくが?」彫刻されたような唇の端がつりあがり、細長い指は熱い頬をそっと撫でる。
 エレノアは、またしてもごくりと唾をのんでから応じた。「なかなか手に入らないというのが? それとも大いに望まれているのが?」
「両方だ」
 彼の指はいまやふっくらとした唇の周囲をからかうようになぞり、かといってけっして触れようとはせず、気がつくとエレノアは息が苦しくなっていた。ふいに唇も喉もからからになり、口を開く前にどうしても湿らせなければならなかった。「こんな会話はばかげています、閣下」
「ああ、またしても敬称を使って、あくまで距離を置こうとするのか」
「そんなつもりじゃないわ」エレノアは怒りを呼び起こそうとしたが、そう簡単なことではなかった。というのも、公爵のやわらかな親指の腹が下唇をそっとかすめた瞬間、胸の頂にかすかな興奮が走り、脚のあいだがいつになく熱くなるのを感じたからだ。「閣下……」
「ジャスティンだ」彼はやさしく訂正した。「あるいは、いとこのジャスティンでも構わない」
「いいえ」エレノアはきっぱりと拒んだ。いますぐ公爵を止めなければ、彼のぴかぴかに磨きあげたブーツの足もとに力なくくずおれてしまうだろう。「もうこんな時間です。そろそろ……ひょっとしたら誰かが、いまごろあなたが戻ってくるのを待ちわびているのでは?」
 彼は身をこわばらせ、青い目を細めて彼女の紅潮した顔をじっと見つめた。「さっき、ぼくが来たときも、同じようなことを言っていたが……」
「閣下?」
「どうやらきみも祖母と同じように、今夜、ぼくの到着が遅れたのは、愛人の腕の中にいたからだと思っているようだな」ジャスティンは考えこむようにつぶやいた。
 エレノアはますます頬が赤くなるのを感じた。またしても赤毛と相まって見苦しくなり、昔から悩みの種だった頬から鼻にかけてのそばかすが際立っているにちがいない。「あなたが遅くなった理由には、これっぽっちも興味はありません……」
「そんなはずはない、エレノア」ジャスティンは静かに反論した。「むしろ、とても興味がある」
 エレノアは苦しげに眉をひそめながら、まっすぐな青い目を見あげ、もう今夜はこの紳士にからかわれるのはじゅうぶんだと考えた。「ずいぶん、うぬぼれているのね。出会った女性は、誰でもたちまちあなたの魅力の虜になると思っているの?」
「まさか」こちらを見下ろす青い目が陽気にきらめいた。「だが、少なくともきみがぼくを魅力的だと思っているとわかってうれしいよ、エレノア」
「わたしが思っているのは、あなたがとんでもないうぬぼれ者で――」ふいにジャスティンが顔を近づけて、下唇を軽く、とがめるように噛んだせいで、エレノアは言葉を失った。
 彼女は凍りついたようにその場に立ち尽くしていた。そして、無情なほど傲慢なロイストン公爵――人を小ばかにしたようなハンサムなジャスティン・セント・ジャストが、開いた唇に湿った舌をたくみに這わせていることに気づくと、彼女の心臓は一瞬、鼓動を止めた……。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。