マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

僕だけを愛して

僕だけを愛して


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ダイアナ・ハミルトン(Diana Hamilton)
 イギリスの作家。ロマンチストで、一目で恋に落ち結ばれた夫との間に三人の子供をもうけた。就寝前の子供たちにベッドで読み聞かせるために物語を書きはじめる。ロマンス小説家としてのデビューは1987年、その後数多くの名作を世に送る。2009年5月、ファンや作家仲間に惜しまれつつ亡くなった。

解説

 母が幸せになるならなんでもする。たとえ、したくもない結婚でも。

 ■アリーは数年前、悲しい事情で父を失った。母はいまだに立ち直れず、貧しさのなかで希望も持てずにいる。そんな母に家を買ってあげようと、アリーはモデルになった。有名になった今も、派手な生活はせずに貯金に励む毎日だ。ある日、アリーは夢のような知らせを受けた。亡くなった伯父が、彼女に田舎の家を遺したというのだ。だが、それにはひとつ条件がついていた――伯父の死後一カ月以内に、アリーが結婚していること。彼女の心は決まった。形式だけの結婚をして、家を手に入れよう。でも、そんな話に乗ってくれる人はいるだろうか? アリーは最近知り合ったばかりの男性を思い出した。ハンサムだが、しがない窓拭き屋のジェスロ・コール。ひょっとすると、彼なら同意してくれるかもしれない。

抄録

 スタッドレー館を継ぐチャンスは水の泡と消えた。
 どんな顔で母に会い、もうスタッドレー館を取り戻す見込みはないと言えばいいのかしら? かわいそうに、いたずらに期待させてしまって。そもそもあの弁護士に嘘をついたのがいけなかった。
 がっくりして、昨日の飲み残しのシャンペンのように気が抜けた。これではとても炎天下の埃っぽい道を町まで十キロ近くも歩いては戻れない。電話でタクシーを呼ぼうと振り向いてパブに戻りかけたとき、アリーは岩のように固いジェスロの広い胸にぶつかった。
 彼のたくましい腕が体にまわされたのを感じて、体中の息がぜんぶ押しだされた。彼の体の温かさが、肌に焼けるようで体が震える。極度の興奮にも似た緊張に、神経の隅々にまで火が走った。ジェスロを押しのけようと上げた手のひらに、彼の鼓動と熱っぽさが伝わってきて、なぜか手を動かす力が抜け、そのままそこに置いたままになった。
「大丈夫かい?」
 ハスキーな甘い声でささやかれ、燃える額に羽毛のように軽く息がかかり、アリーはようやくはっとした。まるで体を離すのに耐えられない恋人同士のように、どれほど長くそうしていたのだろう!
 ジェスロの両手が腰まで下がってきて、もっと下がりそうな気配を見せ、触れ方がますます親密になってきたので彼女は飛びのいた。喉元で脈が狂ったように激しく打ちはじめるのが感じられた。
「私、これから……」絞め殺されかけた雌鳥のような声だと気づいてぎょっとした。おまけに、彼が海賊のような笑みを浮かべてこちらを見ている。アリーは、気品があるという定評を守りたい一心でごくりと唾をのんだ。すると少し落ち着き、最後まで言うことができた。「これから電話でタクシーを呼ぶところなの。あなたもこれ以上時間を無駄にしないで」
「ぼくの時間はぼくのものだ」彼は黒く濃いまつげに囲まれた金色の目をきらきらさせて、楽しそうに言った。「ぼくの好きなように使う」片手で目にかかった柔らかい黒髪を払い、片手で彼女の肘をしっかり取る。「ぼくの未来の妻は、夫がそばにいて車に乗せてやれるときは、タクシーは使わないんだ」
 アリーの息が胸で張りつめて重くなり、足が砂利道に根を生やしたようになった。聞き違いでないのなら、そしてそうでないとわかっているのだから、この人を引っぱって中に戻り、このパブが出せる最高のシャンペンをごちそうし、伯父が仕掛けてきた試合で勝てたお祝いをするべきなのに。
 どうしてそうしないの? しびれるようなこの深い不安は何? 私の未来がもう自分の意のままにならないような? 人生を快適で予測できるものにしていたすべてが変わってしまい、何事ももう二度と同じでないような気がするのはどうしてだろう?
 ショックのせいよ。きっぱり決めつける。予測もしていなかったことですもの。だめだとあきらめていたのにOKされて、驚いたのよ。当然だ。すぐによくなるわ。
「行こうか?」手が肘から離れた。ジーンズのポケットに手を入れ、車のキーを探している。アリーは乾いた唇に舌先を走らせた。体のほんの一部だったが、触れ合っていた部分のぬくもりが引いていき、肌が急に冷たくなるのが感じられた。
 ぴかぴかのサルーン車の列や、二、三台のしゃれたクーペ型コンバーチブルの間で、いっそう惨めに見えているバンを見て、思わず身震いする。声がどこかへいってしまったようだけれど、ありがとうとか何か言わなくては。流砂の上に立っているように感じるのではなく、少なくとも感謝はしているはずでしょう?
 けれど何か分別のあることを探して言うまでもなく、エンジンが疲れたような咳払いを二、三回して始動するとすぐに、ジェスロのほうが先に言った。「うちまで送るよ。お母さんと伯母さんが仕事から帰ったら、このニュースを知らせてあげたいだろう? あわただしさの言い訳は、きみが何か考えてくれるよね? 式の手配はぼくがしておくよ。派手にはしたくないだろう? したくても準備の時間もない」淡々と続ける。「登記所に届けでるだけでいいかい? どうせ長い結婚ではないし……一年、だったね? 守るつもりもない誓いを教会でするのは偽善だから。それでいいかな?」
「もちろんよ」
 彼の細かい心遣いにアリーは驚いた。でもどうして驚かなくてはいけないの? だって、この人の人柄については、助けを必要としていた母に親切にしてくれたということしか知らないんだもの。だからこれで彼の長所は二つ見つかった。それが三つになるかもしれない質問をしようと、彼女は決心した。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。