マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

ギリシア名家の遺産

ギリシア名家の遺産


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★☆☆☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ジュリア・ジェイムズ(Julia James)
 十代のころに初めてミルズ・アンド・ブーンのロマンスを読み、それ以来の大ファン。ロマンスの舞台として理想的な地中海地方、そしてイギリスの田園が大好きで、とくに歴史ある城やコテージに惹かれるという。趣味はウォーキング、ガーデニング、刺繍、お菓子作りなど。現在は家族とイギリスに在住。

解説

 別世界から現れたギリシア人富豪が、貧乏学生の私にプロポーズ?

 リンは酒浸りだった母に代わり、妹リンディの世話をしてきた。だが母の死後、妹は若気のいたりで妊娠し、出産中に亡くなった。リンは男の子をジョージーと名づけ、決して手放さないと誓ったが、貧困のなかで学業と子育てを両立するのは難しかった。そんなある日、アナトール・テロニディスというギリシア人富豪が現れ、遺児の父親は、近頃亡くなった彼のいとこだとリンに告げる。愛しい妹の忘れ形見は、なんとギリシア名家の遺産でもあったのだ! ああ、なんてこと。彼を相手に、私が親権を保持できるすべなどない。ジョージーを失う恐怖に真っ青になったとき、彼が意外な提案をした。養子縁組が成立するまで、夫婦にならないか、と。

 ■ひっつめ髪にすっぴん顔の地味なリンと、便宜的とはいえ結婚することを自ら決めたアナトールですが、彼女が子守りと間違えられたことに業を煮やし、むりやり美容室に送りこんで大変身を遂げさせます。久しぶりのJ・ジェイムズの新刊をお楽しみください。

抄録

 アナトールが前回と同じレストランを選んだのは、知っている場所のほうがリンが安心できるのではないかと思ったからだった。とはいえ今日の彼女はまったくの別人だ! アナトールの満足感がいっそう強まった。イメージチェンジをすすめたことは間違いではなかった。正しいことをしたのだ。彼の視線を釘づけにするこのエレガントで洗練された女性は、もともとこうなるものを持っていたのだから。向かいに座ったリンを、彼はさらに念入りに吟味した。
 ただひとつ気になるのは、彼女の不安げな様子だ。アナトールは不思議に思い、なぜなのか尋ねた。
 ばかげたことをきかれたかのように、リンはアナトールを見返した。実際、彼女にしてみればばかげた質問だった。不安で自信がなくて当然でしょう! みっともない格好をしていたときもそうだったけれど、正反対の格好をしている今も不安で自信がない。まったく同じ理由で。
 自信がないのは彼のせいよ! だってわたしは彼がどれほどすてきか、いやというほど知っているんだもの! 彼をずっと見つめていたいけれど、恥ずかしくてできないんだもの!
 否定できない事実がリンの胸を熱くした。アナトール・テロニディスの前で自信がなくなってしまうのは、彼が大金持ちだからではなく、ジョージーの父のいとこだからでもなく、結婚相手だからでもない。黒い髪から長い脚の先まで、すべてがとてつもなく魅力的な彼といるときはなぜか、自意識過剰になってしまうのだ。ほかの男性に対しては一度もそんなことはなかったのに。
 だからこそ、リンは女として痛いほど彼を意識しながらも、彼と視線を合わせることもできず、震えながらただそこに座っているしかなかった。
 先ほどの質問の答えを求めるように、黒い瞳がリンを見つめている。何か言わなければ。
 リンはマニキュアの施された指でフォークをもてあそびながら言った。「こんなに着飾ったことがないから、慣れていないだけよ」
 人に見られることにも慣れていない。アナトールの視線だけでなく、ほかの人たちの視線にも慣れていない。前回ここに来たときはジョージーを連れていたからだけど、今日はわたしも見られている。こんなこと、生まれて初めてだ。
「きみは美しいことに慣れていないんだよ。ぼくが美しいと言ったら、それは嘘ではないよ」
 その言葉は本当だった。彼女の美しさはうわべだけのものではなく、そこには繊細さと上品さが感じられた。アナトールはずっと彼女を見つめていたかった。吟味したかった。
 味わいたかった。
 だがそれは彼女にとっていたたまれないことに違いない。
 リンの敏感さを配慮し、アナトールはできるだけ彼女から視線をそらそうとしたが無理だった。そう気づいたとき、彼の意識の奥から深い思いがわきあがり、頭の中で渦を巻いた。何かが変わっている。彼女に対する思いがこれまでとは違っている。だが今は深く考えたくない。今はリンをリラックスさせ、ランチを楽しみたい。
「今日は何を食べようか?」
 ふたりで一緒にメニューを見ながら、ジョージーをあやすうちに、お互いに平静を取り戻した。ジョージーはおもちゃ売り場の子供用カフェで食事をすませていた。おいしそうにたいらげはしたものの、アナトールはあと片づけに四苦八苦し、子供用の着替えを買わなければならなかったほどだ。ジョージーの着ている新しいシャツの話から、ふたりの話題は今朝のジョージーの様子へと移った。
「ちゃんと対処してくれたのね」今度はリンが彼を励ます番だった。ひとりで赤ん坊の世話をするのは大変なことだが、彼はいやな顔ひとつ見せずにやってくれる。
「ジョージーと一緒にいるのが楽しいんだよ」
 彼はリンの目を見て笑った。リンの胸が高鳴る。ああ、彼はギリシア神話に登場する神のようだ。それとも超一流の権力者の血を引くビジネス界の大物かしら。でも彼のジョージーへの愛情はすべてのことを超越している。それがわたしたちの共通点なのは議論の余地がない。
「楽しいけれど激務だ」アナトールが言った。
「確かに」リンが意味ありげに言い、ベビーカーの中ですやすやと眠るジョージーに目を向けた。
 革表紙のメニューを閉じて、アナトールが言った。「ランチのあとで、きみの服をもっと見よう。たくさんそろえなければならないからね」
 テーブルの上に腕を伸ばし、彼はリンの手を取った。美しく磨かれた爪がほのかに輝く。やわらかな手はあたたかかった。ずっと握っていたい……。
「そんなに怖がらなくていい。大丈夫だ、約束する。信じてほしい」
 リンは彼を見つめた。すでに彼を信じている。ジョージーと一緒にいられるようにしてくれると信じているし、すべての手続きをまかせてもいる。ジョージーと引き離されずにすむ最良の方法を彼が見つけてくれるはずだ。
 小さく咳払いしてリンは言った。「信じるわ」
 一瞬ふたりは目と目を見つめあった。
 アナトールはうなずき、リンの手を放した。
「よかった。そう言ってもらえるのを待っていたよ」

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。