マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

たそがれの訪問者

たそがれの訪問者


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 閉店後の美容院を訪れたひとりの客。その戸が開いたとき、運命の扉も開く。

 ■ジョーイは小さな美容院を経営し、つつましくも幸せな毎日を過ごしている。ある日、閉店後の美容院に、ひとりの男性がやってきた。ほこりまみれの様子からして、隣の建設現場で働いているらしい。ジョーイはひと目で、彼の優しい笑顔と温かいまなざしに惹かれ、忘れかけていたときめきを感じながら、髪をカットする。彼は、財布を忘れたと言い、お金を払わずに帰っていった。ジョーイの人生には、これまでも予期せぬ災難が多かった。今回も結局、時間を無駄にしただけ。もうあの人に会うことはないだろう。ところが翌朝、きれいな服装で散髪代を持ってきた彼は、ニックと名乗って、ジョーイを強引に昼食へ誘う。いったいどういう人なのだろう? 仕事を休んで平気なのかしら? そのときすでに、ジョーイの平穏な生活は、大きく変わりはじめていた。

抄録

 リリーが生まれてからの六年間、ジョーイにはヒラリー以外に悩みを打ち明ける相手はいなかった。ヒラリーでさえすべてを知っているわけではない。それが自分で選んだ道なのだと最初からわかっていたし、受け入れもしていた。
「そうよ」ジョーイはかすれ声で言い、唾をのんだ。
 ニックが首を傾けた。「僕がドミニク・メイスンだという事実はもう許してくれたのかい?」
 どうだろう? 彼の素性を知らずにあれこれしゃべってしまったことは今でも恥ずかしいが、彼の素性を知ったからといって、大事な部分はあまり変わっていない気がする。特に今は……。
「昨日はあんな格好で何をしていたの?」なんといっても、ニックを建設作業員だと思ってしまったのはそのせいだった。
 ニックはしかめっ面をした。「父は経営を指揮している。僕の役割はもっと実務的だ。正直言って、会社経営より建設作業のほうが僕には面白いんだ」彼は肩をすくめた。「許してくれるかい?」
「もうどうでもいいわ」それは本当だ。ニックがだれで、何をしていようと、それがなんだろう? 今はデイヴィッド・バニングの脅威というもっと切実な問題がある。「でもどうしても動かなければならなくなるまで、お店は引っ越さないわよ」
 ニックはまたしかめっ面をした。「だれがそう頼んだんだい?」
「今は頼まれていないわ」ジョーイは認めた。「私はもう帰らないと。ベビーシッターに悪いから」
「そうか」ニックは考えた。「もし僕が明日の晩、君をディナーに誘うとしたら……」
「私は断るわ。だからきかないで」
 ニックはため息をついた。「わかった。ディナーはあきらめるよ。昼食はどうだい?」
「だめよ」彼のしつこさに思わず笑みがもれた。
 ニックも笑みを返した。「なぜだい?」
 ジョーイは首を振った。「とにかく今は、いい考えだと思えないの」それでなくても問題は山積みだ。それにニックは勘が鋭い。親しくなればきっとデイヴィッド・バニングがどういう人かをすぐに察してしまうだろう。人に知られる前に、自分でこの問題にどう対処するかを決めなければならない。もしだれかに知られるとすればの話だが。
「つまり、別のときに誘えばもっと色よい返事がもらえるかもしれないってこと?」
「本当にしつこい人ね!」ジョーイは吹き出した。
 ニックが一歩踏み出して、すぐ目の前に立った。
「これは遺伝なんだ。たぶん優勢のね」彼は自嘲するように言った。「ジョーイ……」
 どうしてそうなったのか、気がつくとジョーイは彼の腕に抱かれ、そっと唇を重ねていた。
 男性にキスをされたのは本当に久しぶりだった。頼りがいのある腕に包まれてぬくもりと安らぎを覚えるのも。いや、初めてかもしれない。
 耳の中で血がどくどく脈打ち、体は相手の体に寄り添い、唇は開いて全面的に彼を受け入れている。
「ジョーイ……!」ニックが唇を離し、ジョーイの顔を両手で包んで額に額を押しあてた。
 私は何をしているの? してはいけないと以前から自分に言い聞かせてきたことよ。ニック・メイスンと面倒なことにならなくても、デイヴィッド・バニングに生活を乱されるだけで十分ではないの?
「今のは間違いよ」ジョーイはかすれ声で言い、きっぱりと身を引いた。「おやすみなさい、ニック」
 車に乗り込む彼女を、ニックは顔をしかめて見守った。「遺伝はしつこさだけじゃないよ」彼は車のドアが閉まる前にぶっきらぼうな声で言った。
 ジョーイは警戒の目で見上げた。「そう?」
「心配しなくていい」ニックがもったいぶって言った。「それを知る時間はたっぷりある」
 まるで脅し文句に聞こえる。しかしジョーイが答える前に、ニックが外からドアをばたんと閉め、後ろに下がって道をあけた。
 ジョーイは急いで車を出し、とたんにまたデイヴィッド・バニングのことを考えはじめた。今はニックのことはたいした問題ではない。
 ジョーイが食事の途中で出てきてしまったことを、デイヴィッド・バニングが快く思うとは思えない。しかしあの状況で最後まであそこにいたら、きっと食べ物が喉につまっていただろう。
 ベビーシッターの娘が帰ると、すぐにジョーイはリリーの寝室に行った。リリーは金色の髪を枕の上に広げてぐっすり眠っていた。いつものとおり、上がけは体からずり落ちている。
 ジョーイはそれをそっとかけ直し、かたわらの揺り椅子に腰かけた。かわいい娘を見るたびに感じる切ないいとしさで、胸がいっぱいになった。
 リリーへの思いは、子供に対してしか感じることのできない完璧な愛だ。生まれたばかりのリリーをひと目見た瞬間から、ジョーイは彼女に恋をした。その気持ちは年とともにますます深くなる。
 何も、だれも、私たちを引き離すことはできない。
 今夜デイヴィッド・バニングは、リリーはバニング家のものだとは言わなかった。しかし暗にそれをほのめかした。彼が計画に成功するかどうかはジョーイしだいだ。なんとしても止めなければならない。
 バニング家はお金持ちで権力もある。リリーに対して、シングルマザーのジョーイよりも多くのものを与えられると思っているかもしれない。でも愛情という点では、それは違う。リリーをバニング家に引き渡すことなどありえない。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。