マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ロマンス小説

誘惑者は心を見せない

誘惑者は心を見せない


発行: ハーレクイン
レーベル: MIRA文庫mirabooks
価格:800pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★★1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ローリー・フォスター(Lori Foster)
 愛に対する確固たる信念をセクシーな作風と切れ味のいい文章で表現し、読者の支持を得ている。高校時代からの恋人である夫と三人の息子とともにアメリカのオハイオ州に住んでいる。小説を書くのは大好きだが、いちばん大切なのは、どんなときも家族だと言う。

解説

 隙のない笑顔に隠された本当のあなたを見せて――
 絶好調、L・フォスターの人気シリーズ第3弾!

 ある事情により1年前から身を隠して生きるエイヴリーは、バーテンダーとしてロディの下で働いていた。甘いマスクと見事な肉体の彼はやけどするほどの魅力の持ち主で、毎晩エイヴリーをベッドに誘ってくる。彼女はロディに惹かれる気持ちをおくびにも出さず、すげなく断り続けていた。一夜の情事を求める男に深入りしても傷つくだけだ。そのうえロディはうまく隠しているつもりだが、異様に用心深く、他人を寄せつけないところがある。そんなとき、エイヴリーに無言電話がかかってきた。どうしよう、私の居場所が見つかったのだ。

 ■愛され続ける作家、ローリー・フォスターの新作! 〈Love Undercover〉シリーズ第3弾をお届けします。第1弾『隣人は切ない嘘をつく』で、妹のペッパーを守るために自らの身を危険にさらして生きてきた兄ロディがついに主役を務めます。ローリー・フォスターのヒーローといえば、筋肉隆々でセクシーなのはもちろんですが、愛情深く、女性や子ども、動物に優しいところも魅力のひとつ。陰のあるロディはその愛情深さと不器用さの点では本シリーズNo.1かもしれません。ずっと妹を守って生きてきたロディは人に頼ることも、弱みを見せることも知らず、気になる女性エイヴリーにも本当の自分を見せることができません。でも彼女は心をさらけ出すことを求めてきて……。ロディとエイヴリーの心と身体の攻防にご注目ください。

抄録

「今のところは大丈夫だが、もしさしつかえなければ、玄関ドアの錠を交換するようにぼくから大家に話しておきたい」
「わたしももう言ったけど、自分で勝手にやれと言われたわ」エイヴリーは自分の気持ちをもてあましていた。あんな荒っぽい暴力場面を見て興奮するタイプではなかったはずなのに。ロディの対応が巧みだったから、暴力といってもたいしたことはなかったけれど。
 ロディは部屋の向こうからエイヴリーの唇を、のどもとを、そして最後に胸を見つめ、気もそぞろな様子で言った。「仕事に行く前にぼくがやるよ」
 エイヴリーははっと息をのんだ。「そんなこと、してもらわなくても」
 約束は守ると言いたげに両手を上げ、ロディは大またで彼女に歩み寄った。「ぼくがやりたいと言ってるんだ」
 ああ、その自信たっぷりな口調。古い錠を交換することなどそっちのけで、ありとあらゆる思いがエイヴリーの胸にわいてくる。「じゃ、お願いするわ」
 ロディはエイヴリーの立つすぐそばのドア枠にさりげなくもたれた。「さて、と」
 また感謝の言葉を言いかけたエイヴリーをロディはさえぎった。
「きみはぼくがほかの女たちと親しくしているのが気に入らなかったんだ」
 エイヴリーは開いたままのドアから――ロディという誘惑から後ずさりし、心にもないうそをついた。「そんなの、毎晩のことでしょう。たいしたことじゃないわ」
 少し考え込んでからロディがうなずいた。「そうか。じゃ、きみが気に入らなかったのは、彼女が口でぼくの――」
「やめて!」エイヴリーは思わず飛びのき、自分に課したルールを破って、ロディの唇に指を二本押し当てた。「それ以上は言わないで」
 ロディはゆっくりと大きな手で彼女の手首を包み込み、その手を自分の胸に当てた。唇に触れられたときと変わらず、エイヴリーの手は炎のように熱い。彼は親指で彼女の手の甲をそっとなぞった。「約束するよ、もうあんなことは二度としない」
 エイヴリーはロディの胸に当てた指を丸めた。短く切った爪やバーでの水仕事で荒れた手が少し恥ずかしい。体にもまだバーの匂いが残っているに違いない。
 そこまで考えてから、関係ないわとエイヴリーは思い直した。わたしはもう二度と、以前のようなマニキュアを塗る生活には戻らないのだから。「仕事中は、という意味?」
 ロディが唇を引き締めた。「きみにうそをつくつもりはないよ、エイヴリー。ぼくは修道僧になる気はないからね」
 確かに、それは宝の持ち腐れというものだわ。彼の言葉の意図がはっきりつかめないまま、エイヴリーは言った。「わたしだってそんなことは望んでいないわ」
「よかった。実はきみに一つ質問があるんだよ」ロディはエイヴリーの手を離し、一歩下がってドアの外へ出ると言った。「ぼくはいつまで待たされるんだ、ハニー?」
 エイヴリーの心臓が飛び上がった。意味がわからないふりをしようかとも思ったが、彼が何を言いたいかは痛いほどわかる。答えをせかさず、冗談にまぎらせたりもしないロディは真剣らしいと、エイヴリーも正直な心のうちを答えた。「わたし、ただの都合のいい女にはなりたくないの。だれとでもすぐ取り替えがきくようなのはいや」
 ロディの目の色がかげり、その視線がさらに強くなった。
「だから……」ただ口に出すだけじゃなく、本気で思いをこめなければ。勇気を奮い起こしてエイヴリーは続けた。「あなたが単なるお手軽なセックスだけじゃなく、本当にこのわたしを求めていると確信できるまでは待ってもらわないと」
 ロディが彼女のあごからのどもとに、それからうなじに触れた。「がんばってみるよ」
 がんばってみる? そんなことしか言えないの? 反論しかけたエイヴリーの唇を、ロディは深く柔らかく、むさぼるようなキスでふさいだ。温かい舌に口内を軽くくすぐられ、固く引き締まった体に思わず息が止まる。
 ロディが唇を離すと、エイヴリーは玄関ドアの外で彼の腕にぐったりと体を預けた。「まったく、きみはじらすのがうまいな」そう言って彼はもう一度すばやくしっかりと唇を重ね、それからエイヴリーの体を抱き上げて部屋の中へ戻した。「じゃ、また明日。ぼくが帰ったらすぐにドアに錠を下ろして。それから、何かあったらすぐぼくに知らせるんだ。何時でもかまわない、電話してくれ。いいね」
 エイヴリーはうなずいた。何かって、いったい何があると思っているのだろう。「ありがとう、その……いろいろと」
 ロディはたまらなく魅力的な笑みを浮かべた。「きみのためなら、いつだって」
 いつだって……自分のほしいものを手に入れるまでは。そして手に入れたら、わたしのことなどすぐにほうり出すんでしょう。
 エイヴリーはドアを閉めて錠を下ろした。思わず笑みがこぼれてくる。さっきのロディのキスは本当に強烈だった。これから先のことはわからないけれど、自分の世界ががらりと変わることだけは確かだ。
 早く病院に電話して予約を取ろう――やはり近いうちにピルが必要になりそうだわ。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。