マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ

謎めいた美女 魅惑の独身貴族 II

謎めいた美女 魅惑の独身貴族 II


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ魅惑の独身貴族
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

解説

 ナイトクラブでひとり鬱々とグラスを傾けるファーガスの前に、華奢で黒髪の、青い瞳をしたとびきりの美女が現れた。彼女はクロエと名乗り、強引にファーガスの向かいに座りこんだ。彼が売れっ子作家であることをなぜか知っていて、さりげなく質問を投げかけてくる。作家の追っかけか? それともレポーターか何かか? あやしむうちに酔いがまわったファーガスは、不覚にもクロエに支えられて帰途につき、記憶はとぎれた。翌朝、自分の部屋で目覚めて仰天した。彼のシャツをはおったクロエが、コーヒーを持って傍らにいる。昨夜はどうやらベッドをともにしたらしい。ところが、ファーガスは何ひとつ覚えておらず、内心うろたえるばかりだった。

 ★長年のキャリアを誇る人気作家キャロル・モーティマーが描く『魅惑の独身貴族』は、リッチで魅力的な従兄弟同士の三人が主人公をつとめている連作です。★

抄録

 車の中で、ポールが誰かときかれたとき、動揺はさらに激しかった。
 クロエは今夜、ファーガスの家に寄るつもりはなかった。レストランを出たら“おやすみなさい”を言って家に戻る予定だったのだ。もっとも店を出たのが十時半では、そのまま家に戻るのは早すぎる気はしたものの。
「キッチンへどうぞ」ファーガスは案内した。「大丈夫だよ。家政婦は夜は自室に引き上げている」
 わたしを安心させようとして言ったのなら完全な失敗だ。誰かまわりにいてくれたらどんなにほっとしただろう、とクロエは思わずにいられなかった。先週、一夜をともにしたふりをしたために、今夜もまた同じことが起こるという期待を彼にいだかせてしまった。
 クロエとて以前に男性と恋愛関係になった経験はあるし、パリでは一度結婚まで考えたこともある。しかしそのどれもが結局、気楽な関係止まりだった。次から次へと違う男性のベッドを渡り歩けるようなタイプではないのだ。
 でもすでにベッドをともにしたと信じている以上、ファーガスは今夜またそうなることを期待しているのでは……。
 こんなばかなまねを始めるんじゃなかった。正気の沙汰ではない。
 ファーガスがジャケットを脱いでキッチンの椅子にかけ、てきぱきとコーヒーの用意をすませるころには、クロエの頭痛は仮病ではなくなっていた。
「さあ」ファーガスは彼女に錠剤を二錠渡し、彼女の着いたテーブルの正面にカップを置いた。
 ファーガスは親切で思いやり深い。この二つこそクロエが彼に望んでいたものだった。だけど、三つ目はどう? ほかの人間のために自己犠牲を払うだけの度量があるかしら?
「ずいぶん顔色が青いよ」ファーガスは顔をしかめて彼女を見下ろした。「居間に行こう。ヒーターをつければ体も少し暖まるだろう」
 暖まりたくなんてないわ。彼のあとをついてキッチンを出ながら、クロエは胸の中でつぶやいた。ここを出たいの! 手遅れになる前に。先週の土曜日、わたしたちがベッドをともにしていないとファーガスが気づく前に。
 居間はいかにも男性的な雰囲気で、金色と茶色で統一されていた。室内全体に持ち主特有の温かさがあふれている。
「これでいい」ファーガスは満足げに言い、彼女と並んでソファに腰を下ろした。
 クロエはまずいと思ったが、あいにくソファはヒーターに近い場所にある。彼女はこういうことは苦手だった。わたしがどんなに‘うぶ’かばれたら、ファーガスはなんと言うだろう。クロエは心配になった。
 あまりにも近くに座っているので、彼の体から発散する熱やアフターシェーブローションの匂いまで感じられる。まつげの下から彼をうかがいながら、クロエの胸はうずいた。
 ファーガスはクロエに向き直り、片手でこめかみにかかる巻き毛を払いのけた。「少しは気分がよくなったかい?」かすれた声できく。
 こんなに近くで顔をのぞきこまれたら、あらが見えてしまうわ! クロエは両脚ががくがくした。彼女は震える手でコーヒーのカップをなんとか支えていた。呼吸さえままならない感じがする。
 クロエは喉をごくりとさせた。「あまり」どうか神経質になっていることを彼に気づかれませんように。
 ファーガスはまたも眉をひそめた。「髪を下ろしたら、たぶんもっとよくなる」彼はシニヨンに手を伸ばし、手際よく四本のピンを抜いた。
 クロエの黒髪が肩に流れ落ちる。ファーガスは彼女の目を見つめながら、なめらかな髪に指を梳き入れ、肩から払いのけた。
 クロエは髪の根元がちくちくする感覚を味わった。髪を解いたからではない。ファーガスの指の感触や欲望もあらわなまなざしに興奮をおぼえたからだ。
「あなた、前もこうしたわね」クロエは冗談にまぎらわせようとした。
 ファーガスは首を横に振った。「思い出せないけれどね。だがこうしてきみのそばにいると、自分の名前すら思い出せなくなりそうだ」
 それはクロエも同じだった。少なくとも、彼に教えた名前のほうは……。
 クロエは突然唇を湿らせた。「ファーガス……」
「そうだ。ぼくの名前はファーガス。そして、きみはクロエ。美しくてセクシーで魅力的なクロエだ」彼はそっとつぶやき、上体をかがめて優しく彼女の唇にキスをした。
 唇が触れるなり、クロエの全身はとろけ、かっと熱くなった。こんな気持ちになったのは初めてだ。
 ファーガスはクロエの蜜を吸い味わうと、再び両手を髪に入れて顔を仰向けにさせ、今度は彼女の唇に探るように舌をすべらせた。
 クロエがこの官能的な愛撫に降伏し、ついに喉の奥でなまめかしいうめき声をあげて本能的に彼に手を伸ばしたとき、彼女は、皮膚に焼けるような熱さを感じてはっと息をのんだ。それは明らかにいままでとは違う熱さだった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。