マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・ロマンス

無防備すぎる情熱

無防備すぎる情熱


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・ロマンス
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャシー・ウィリアムズ(Cathy Williams)
 トリニダード・トバゴの出身で、トリニダード島とトバゴ島、二つの島で育つ。奨学金を得てイギリスに渡り、一九七五年エクスター大学に入学して語学と文学を学んだ。大学で夫のリチャードと出会い、結婚後はイングランドに暮らす。テムズ・バレーに住んでいたが、現在は中部地方在住。夫との間に三人の娘がいる。

解説

 平凡な田舎娘が犯した過ち。
 それは、大富豪への叶わぬ恋。

 ある吹雪の夜、アイルランドの田舎町を1人の男が訪れた。名前はレオ・スペンサー。作家志望の旅人だという彼は、ブリアンナが経営する小さな宿に部屋を取った。ハンサムで謎めいていて、セクシーなオーラを醸し出す彼の魅力に、ブリアンナはよろめき、ふたりは従業員と客の一線を越えた。レオはゆきずりの旅人――そうわかっていながら、拒めなかった。だが、乱れたベッドで迎える幾日目かの朝、レオの正体が明らかになる。彼は作家などではなく、ある目的を持ってやってきた大富豪だったのだ。身分を偽った理由にショックを受けたブリアンナはレオと別れたが、無防備すぎる情熱が招いた結果は……予想だにしない妊娠だった。

 ■田舎娘のヒロインと、ロンドンで大企業を経営する若き実業家の恋。ベテラン作家C・ウィリアムズが得意とするシンデレラストーリーは、ヒロインが古ぼけたワンピース姿でヒーローのオフィスへ妊娠を告げに行くシーンが読みどころ。ヒーローの反応やいかに……?

抄録

 いつから、僕の人生はこんなに視野が狭くなっていたんだろう? もちろん、大勢の美しい女性と楽しんだ。だが、お楽しみの優先度はあくまでも、仕事の二の次だった。そのうちの誰かと生涯に渡って一緒に暮らすことなど想像もしなかった。
 ジムで体をほぐした。だがもう何年も小説を読んでいないし、映画も見ていない。サッカーの中継を別にすれば、娯楽としてテレビを見るのもまれだ。劇場にはたまに行くが、たいてい会社のイベントがらみだ。そして、そういうときですら、いつも会社のことを考え落ち着かなかった。
 どんどん下向きになる内省を一蹴して現実に戻ったとき、ブリアンナが“本なら書斎にあるわ”と言ったことに気づいた。
「それに、あなたに見せたいものがあるの」ブリアンナはためらいがちに言った。
 彼女が姿を消したその数分間、レオは居間を歩きまわり、気もそぞろに暖炉の火を眺めた。バスケットの薪をいっぱいにしておく必要があるな。パブを閉めざるをえなくなって、ブリアンナはどれほどの損失を被るのだろう。
 レオは向き直り、ゆっくりと彼女に歩み寄った。「背中の後ろに何を隠している?」
 ブリアンナはひとつ深呼吸して、数カ月前に仕上げた小さな絵を見せた。夏のあいだの短い休暇中に描いたのだ。それは湖の絵で、いちばん目立つ位置に釣り人が座っていた。鑑賞者に戻ったレオは、あたかも魚が跳ねる音を聞こうとするかのように、身を乗り出した。
「誰にも見せたくなかったの」レオが絵を手にとって両手で掲げると、ブリアンナは告白した。「だから、あなたが自分の本について語りたくない理由はわかるわ」
「君がこれを描いたのか?」
「どう思う?」
「ここでパブを営むのは時間の無駄だと思うよ」レオはつかの間、言葉を失った。もちろん、自宅には大家の傑作も、高価な投資用の作品もある。だが、この魅力的で個性的な絵を高額で買い取る人は大勢いるはずだ。「これを売ったらどうだ?」
「まあ、私は売るような作品は描けてないわ」ブリアンナは残念そうにため息をもらした。そして、彼の隣に歩み寄り一緒に絵を眺めた。レオが絵をテーブルに置いても、まだ彼女は身じろぎもしなかった。そして、二人の視線がからまったとき、突然、彼女は息ができなくなった。息を凝らしていたのだ。
 レオは指先で彼女の髪を梳きたくなる気持ちをこらえた。そして、欲望に負けてよからぬ考えを起こさないよう、その気持ちを締め出した。ただ、誰にもまして彼女を求めているのだけは確かだった。だがいまいましいことに、その理由が思いあたらない。レオは、ブリアンナを求める気持ちと闘うのをやめた。最後まで耐えるのには慣れていなかった。欲望は常に、情熱によってかきたてられる。実際、ブリアンナの紅潮した顔を見下ろしながら、これほど長く気持ちをこらえていた自分に驚いた。だって、わかっていたことじゃないか。初めて会った瞬間から、彼女が僕に惹かれていることを。彼女のそばにほんの少し近づいただけで、彼女が飛び上がりそうになり、そわそわとしたのを盗み見ていただろう?
 レオはテーブルの端に腰を下ろし、ブリアンナを抱き寄せた。
 ブリアンナは震えながら息を吐いた。彼に触れられているところが、すべて熱く燃え上がっていた。まさか自分が、こんな気持ちになる日が来ようとは。こんなふうに感じられるとは思いもしなかった。知り会って数日の男性に、触れられたいと思うとは。彼に絵を見せたのは、ブリアンナの彼に対する信頼のあかしでもある。彼と一緒にいると居心地がよかった。
 ブリアンナは警戒心を解き、すっかりうち解けていた。二人して雪で閉じこめられていることが、お客とひとりの男性の線引きを曖昧にしていた。彼は会社で退屈な仕事をしていたのかもしれない。だが、会話からは、何をしていたのかまったく推測できない。彼はアートについても世界情勢についても非常によく知っていた。そして様々な土地を旅していた。旅はすべて仕事がらみだと、遠まわしに言っていたけれど、彼の話はブリアンナをとりこにした。
 要するに、ダニエル・フルークを含めたとしても、レオのような男性には会ったことがなかった。
「何をしているの?」ブリアンナは弱々しくきいた。
「君に触れているんだ。やめたほうがいい?」
「こんなの、ばかげているわ」
「一か八か賭けているんだ」
「だって……あなたを知らないのに」
 そう、ブリアンナは彼のことを知らなかった。それでも、奇妙にも、彼女はほかのどんな女性より、彼のことを知っている気がした。「誰かを欲しいと思ったときにはどうすればいい?」レオはブリアンナの耳元で低くささやくと、彼女のセーターの下に片手を滑り込ませて、ウエストを撫でた。
 するとたちまち、夏の日差しにさらされた滴のように、ブリアンナの頭のなかから理性が消えた。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。