マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインウエディング・ストーリー

ウエディング・ストーリー2015 愛は永遠に

ウエディング・ストーリー2015 愛は永遠に


発行: ハーレクイン
シリーズ: ウエディング・ストーリー
価格:1,000pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 未評価
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャロル・モーティマー(Carole Mortimer)
 ハーレクイン・シリーズでもっとも愛され、人気のある作家の一人。1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に百冊を超える。十四歳のころからロマンス小説に傾倒し、アン・メイザーの作品に感銘を受けて作家になることを決意した。キャロルは三人兄妹の末っ子としてイギリスはベッドフォードシャー州の小村で育った。一時は看護師を志したが、転倒した際に痛めた背中が治りきらず断念。その後、某有名文房具メーカーのコンピューター部門に勤め、そこで働く間に時間を見つけて小説を書くようになった。物語を書くときに一番楽しいのは、ヒロインとヒーローの性格を考えるとき。書いているうちに徐々に主導権がヒロインとヒーローに移り、いつのまにか彼らが物語を語りはじめるのだという。現在キャロルは“イギリスで最も美しい場所”マン島に、夫と子供たちと住む。

 ダイアン・ガストン(Diane Gaston)
 軍人の三女として生まれ、子供時代、日本に住んだ経験を持つ。新しい土地でなじめず寂しい思いをしたとき、読書に心慰められたという。大学では語学に加え心理学も学び、卒業後はメンタルヘルス・セラピストとしてキャリアを積む。一男一女に恵まれたのち、子供のころ大好きだったロマンス小説の作家をめざし、見事ゴールデン・ハート賞を受賞し華々しくデビュー。『嵐が丘』よりも『ジェーン・エア』のようなハッピーエンドの物語が好き。リージェンシー時代の英国を題材にした作品を得意とする。ベネチアが世界一ロマンチックな場所だと語る。特技は歌をうたうこと、ダンス、ピアノ。ワシントン州在住。

 マーガリート・ケイ(Marguerite Kaye)

 エリザベス・ロールズ(Elizabeth Rolls)
 イギリスのケント生まれ。父の都合で幼少期を過ごしたオーストラリアのメルボルン、パプア・ニューギニアの生活が執筆に興味を抱くきっかけとなった。ニューサウスウェールズ大学では音楽学を専攻し、音楽教師も経験。現在はメルボルンで夫と犬、猫と暮らしている。

解説

 (1)放蕩伯爵と白い真珠キャロル・モーティマー/清水由貴子 訳
 1年前に亡くなった夫の喪が明け、公爵未亡人のソフィアは社交界に復帰した。自宅で開いた舞踏会に現れたのは、奔放な伯爵として悪名高いダンテ! 10年前、未婚のわたしにつきまとい、あろうことか唇まで奪った男性がなぜここに? 彼女の心はかき乱された。

 (2)ウェルボーン館の奇跡ダイアン・ガストン/さとう史緒 訳
 子爵のジェラルドは重い気分でウェルボーン館にやってきた。不慮の死を遂げた母親の遺言で、館に住む見知らぬ3人きょうだいの後見人を務めるはめになったのだ。事実を告げて早々に館を立ち去ろうとしたところ、驚くほど美しい長女ジュスティーンが現れ……。

 (3)シークの愛の奴隷マーガリート・ケイ/泉 智子 訳
 アラビアで父親の仕事を手伝うフランス人のジュリエット。乗っていた船が嵐で沈み、彼女はラシュアール王国の浜辺に流れ着いた。当地の部族に捕らえられ連行されたのは、光り輝く壮麗な宮殿。彼女は王国のプリンス、カリドへの贈り物にされてしまったのだ!

 (4)悩める公爵エリザベス・ロールズ/高木晶子 訳
 “国王が決めた花嫁に難色を示す皇太子を説得せよ”法外な命令に、公爵のケスターは自邸の図書室でつぶやいた。「愛に基づかない、便宜上の結婚なんて最悪だ」新妻のリネットにそれを聞かれ、彼は青ざめた。実は自分も必要に迫られ、裕福な家の娘を娶ったから。

抄録

 シーズンが終わるまでに少なくともひとり以上の恋人を作ろうとジュヌヴィエーヴが言い出したときには、おおっぴらに反対はしなかったものの、ソフィアにはそれを実行に移すつもりなどまったくなかった。
 そのうえ、これまでもっぱら公爵夫人として振る舞ってきた彼女には、ダンテにこんなふうに親密に触れられて、どう反応していいのか想像もつかなかった。
「ダンテ……?」この気まずい空気をやわらげてくれることを期待して、ソフィアは目の前の男性を見あげた。
 ダンテはしばらく何も答えずに目を閉じて、ソフィアの香りを深く吸いこんでから、しぶしぶ顔を上げた。部屋に差しこむ月明かりが彼女を照らし出している。おかげで、頬を上気させているのが彼の望んでいる情熱ではなく、むしろ恥じらいのせいだということに気づいた。その瞬間、ソフィアは彼の視線を避けるように顔をそむけた。慌ててドレスを元どおりに直す彼女の深緑色の目からは、いまにも涙があふれそうだった。
 ソフィアが目をそらしたまま彼に向き直ると、黒く長いまつげにたまった涙が月の光にきらめいた。「わたしは……こんなこと困るわ、シャーボーン」彼女は唇を湿らせた。「あなたになんて……言ったらいいのかもわからない」
 またしても彼女に“シャーボーン”と呼ばれたのを聞いて、ダンテは内心ため息をついた。「それなら、いまは何も言わなくてもいい、愛しいソフィア」彼は静かに言った。
 ソフィアは一瞬、彼を見てから、またしても目をそらした。頬がますます赤くなっている。「わたしは――わたしたちは、もう二度とこんなことをしてはいけない」
「いや、かならずまたこうなるはずだ」ダンテは落ち着いて断言した。
「いいえ――」
「もう一度」彼はうなずいた。「二度、そして三度……」
 ソフィアの目が丸くなった。「わたしはそんなことを望んではいないわ」
「なぜそう言える、ソフィア?」ダンテはかすれた声で問いつめた。「いま、きみはぼくと同じくらい興奮していたはずだ。ぼくに嘘をつかないでくれ、ソフィア」熱い口調でたたみかける。
 ソフィアはまたしても舌の先で唇を湿らせた。「わたしは――」
「お願いだ、ソフィア」
 彼女は苦しげに顔をゆがめた。「火を見るよりも明らかなことは否定できないわ」
 ダンテはわずかに肩の力を抜いた。「ぼくたちのあいだには、もはや何ひとつ障壁はないはずだ。あるのは喜びだけだ。これからはぼくに対してだけ、その喜びを見出してほしい」彼はつけ加えた。ほかの男が彼の美しいソフィアに触れると考えただけで表情が険しくなる。
 ソフィアはごくりと唾をのみこんでから口を開いた。「でも――」
「ぼくだけだ、ソフィア」ダンテは断固とした口調で繰りかえすと、一歩前に足を踏み出して、ふたたび彼女に迫った。
 これほどの至近距離では、彼の緑の目の奥にきらめく決然とした表情に気づかないわけにはいかなかった。あるいは、筋肉におおわれた体が発する熱を無視するわけにも。
 そして、わずかに腫れた彼の官能的な唇に、情熱的なキスの痕跡を認めないわけにもいかなかった。わたしの唇も、キスをされてこんなふうに腫れているの……?
 わたしは何をしたの? というよりも、今度こそダンテとの関係を受け入れたいという欲求に、なぜ屈してしまったの? 彼に対して冷淡な態度を装ってきた、みずからの欲望を否定しつづけてきた長い歳月が、たったいま彼に激しく反応したことで、すべてが水の泡となった。
 またしても震えずにはいられないほど真剣なまなざしで自分を見つめるハンサムな顔に、激しい渇望が表れているのを見て、ソフィアは思い知らされた。精神的にも肉体的にも、ふたりのあいだにふたたび距離を置こうとする自分に彼が協力するつもりはまったくないと。
 ソフィアはきっぱりと首を横に振り、毅然としてあごを上げた。「わたしは九年ものあいだ妻として、その後も一年間、未亡人として生きてきたのよ。だから、これからはひとりの恋人に縛られるのはまっぴらだわ」
「ぼくは、きみが自由の身になるのをひたすら待ちつづけていたんだ。いまさら別の男に奪われるなど考えられない」歯を食いしばったダンテのあごが大きく脈打っている。「いいか、ソフィア、これだけは言っておく。これから先、きみの人生に、あるいはきみのベッドに、ぼく以外の男が入りこむことはけっしてないだろう」
 ソフィアは憤慨して彼をにらみつけた。「それで、あなたはその目的をいったいどうやって果たすつもりなの?」
 ダンテはおもしろくなさそうな笑みを浮かべた。まったく意図しない方向へと進むこの会話に、少なからず不満を覚えていた。だが、相手はソフィアだ。美しく、それでいて同じくらい頑固なソフィア。その彼女に、一度とはいえ、またしてもキスをしたせいで、彼女が頑な態度をとりつづけているのは、ある意味では予想どおりのことで、ダンテとしては、それほど心配はしていなかった。
 彼の笑みが広がる。狙った獲物を追うことにかけては大いに自信があった。そのうえ、冷静でいるためにも、けっして失敗することは考えていなかった。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。