マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン文庫

仮面舞踏会の夜に【ハーレクイン文庫版】

仮面舞踏会の夜に【ハーレクイン文庫版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン文庫ハーレクイン文庫ヒストリカル
価格:600pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★☆☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 ステファニー・ローレンス(Stephanie Laurens)
 セイロン(現スリランカ)生まれ。五歳のとき、一家でオーストラリアのメルボルンに移り住む。大学では生化学を専攻して博士号を取得、その後、夫とともにロンドンに渡り、四年を過ごしたのち、帰国。研究活動に従事しつつ、十代のころから愛読していた歴史ロマンス小説を書き始める。現在ではアメリカでも人気が沸騰し、ベストセラーリストの常連となっている。

解説

 ジョージアナは異国の地で両親を亡くし、イギリスへと帰郷した。だが、いとこにしつこく言い寄られ、近隣の地を治める領主、オルトン子爵ドミニク・リッジリーのもとを訪れて助けを求めた。社交界で浮き名を流す伊達男ながら、彼は紳士らしい態度を貫き、ジョージアナを妹夫妻に預けて社交界にデビューさせる。ダンスの申し込みが殺到し、次々と求婚される夢のような日々。だが、ジョージアナの心は常にドミニクにとらわれていた。そしてある仮面舞踏会の夜、謎めいた男を前に彼女の胸は轟いた。ドミニクだわ――間違いない。彼に誘惑される日が来るなんて!

 *本書は、初版ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 あたりは混雑していた。広々とした庭園には色とりどりのモスリンや糊のきいた綿織物のドレスが渦を巻き、パラソルや優美な形のモーニングコートがそこに入りまじっていた。どちらを向いても十フィートと見渡せない。ジョージアナはベラに離れないようにしようと言うつもりで振り返った。だが遅かった。
「ベラはレディ・モールズワースにつかまっているよ」
 見上げたジョージアナの目が、オルトン卿の青い目と合った。彼は微笑していた。目尻に小さなしわが刻まれた、とても端麗な顔だ。魅せられたジョージアナは、彼の妹の付き添い役という立場を忘れて、心からの笑顔を向けた。
 ドミニクは物慣れた様子で彼女の手を取り、唇に近づけた。ジョージアナがいかにもうれしそうに無邪気な笑顔を見せたとき、彼は息をのんだ。一瞬、彼は信じそうになった……。
 急に熱を帯びたオルトン卿の視線に、ジョージアナは我に返った。「まあ! あのう……どこにいらっしゃるのでしょう?」彼女は口ごもり、頬を染めた。そして戸惑いを隠そうと、顔をそむけてベラを捜すふりをした。
「いや、こっちだ」自分でもはっきりわからない感情に動かされて、ドミニクの声はやさしくひそやかになった。
 ジョージアナが彼が指した方向――右のほうを見ると、ベラがモールズワース卿の母親と熱心に話し込んでいた。ジョージアナは息子と結婚するよりほかはないと決め込んでいる人だ。
「ベラがあんなに夢中で話しているのでは、わたしがきみをエスコートして池のまわりを散歩しなくてはならないようだ。この人込みの中より、そのほうがずっと快適だろう。空腹ではないかな?」問いかけるように、片方の黒い眉が上がった。
「まあ、いいえ」ジョージアナは否定してから、唇をかんだ。人込みにもまれずに散歩するという考えは魅力的だが、オルトン卿と散歩するほど強靱な神経が自分にあるだろうか? 目を上げると、こちらの心を読もうとするかのような彼の目とぶつかった。その真っ青な目がかすかに皮肉な色を帯びて輝き、眉が挑むようにちょっと上がった。ジョージアナは当惑し、恐れを振りはらった。「あなたが退屈でないのなら」
 ドミニクは声をあげて笑い、ジョージアナに腕を差し出した。彼女が小さな手をその腕にかけると、彼はもう一方の手をその手に重ねた。「ミス・ハートリー、それともジョージアナと呼んでいいかな?」彼女の手がかすかに震えるのがわかった。ドミニクはまた眉を上げ、彼女の金色の目を見下ろした。「今はそう呼ばせてもらってもいいと思うのだが」
 ジョージアナには、どう答えていいのかわからなかった。緊張のあまりうまく言い逃れることができそうにない。承諾のしるしにうなずくしかなかった。「そう呼びたいとおっしゃるのでしたら」
 ドミニクはこの小さな勝利に、今までにない喜びを覚えた。「では、ジョージアナ」彼はことばを続けながら、今のところ彼女をわずらわせているハロー卿と顔を合わせるのを巧みに避けて向きを変えた。「きみは求婚者のうちで、誰がいちばん気に入っているんだね?」
 どうしてこんな問いに答えられるだろう? ジョージアナはすばやく判断し、気のない様子を見せてごまかした。「本当に、そのことはあまり考えてないんです、オルトン卿」彼がくすりと笑った。「求婚騒ぎとは疲れるものですね」いかにもうんざりしたように、彼女は答えた。
 ドミニクは笑いながら言った。「まったくだ。だが年配のご婦人方には、その物議をかもしそうな意見を聞かれてはならない。この社交界からほうり出されてしまうからね」
 ジョージアナはほほえみ、とりつくろうのをやめた。「正直に言うと、わたしはこの暮らしが自分に合っているかどうかわからないんです」
 そのことばをからかうのは簡単なことだったが、ドミニクは真面目に答えた。「上流社会を活気づかせてくれるのは、きみのような人だ」
 ジョージアナはさっと彼の顔を見た。
 金色に輝く目の奥の、けげんそうな色を見て取ると、彼は説明した。「もし、きみのような、我々とは違った考えを持つ人たち、違った考えを持つように育てられた人たちがときどきわたしたちと交わって古びた流儀を新しくしてくれなかったら、この社会はまったく退屈で腐ったものになるだろう。その代わり、きみも周囲を注意深く観察すれば、この上流社会はじつにさまざまな趣味もあれば、さまざまな人もいるのがわかるはずだ」ドミニクはジョージアナにほほえみかけた。「心配しなくていい。きみはこの社会に合っているよ。いつかは自分の居場所を見つけるだろう。きみの名前が刻まれる場所を」
 ジョージアナはおずおずと彼にほほえみ返した。

 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。