マイリストに追加

和書>小説・ノンフィクションハーレクインハーレクイン・セレクト

はじまりはハプニング【ハーレクイン・セレクト版】

はじまりはハプニング【ハーレクイン・セレクト版】


発行: ハーレクイン
シリーズ: ハーレクイン・セレクト
価格:500pt
形式:XMDF形式⇒詳細 MEDUSA形式⇒詳細
対応端末:パソコン ソニー“Reader” スマートフォン タブレット
みんなの評価 ★★★★☆1
◆レビューを書く

¥0サンプル
購入する


著者プロフィール

 キャシー・ディノスキー(Kathie DeNosky)
 ウォールデンブックスのベストセラーリストにもたびたび登場する人気作家。イリノイ州南部に夫と三人の子供たちと住む。ティーンエイジャーのころからロマンス小説を読んでいたが、自分で書き始めたのは、一番下の子供が学校に通い始めてからだという。作家になる以前は絵画教師をしていた。今では絵筆を鉛筆に持ち替え、物語を描くことが気に入っている。

解説

 陣痛で診療所に運ばれたレキシーは、立ち会いの医師を見て驚いた。シカゴでも指折りの名医タイラー・ブレイダン……!これは幻覚? どうして彼がこんな田舎町の診療所にいるの?あの夜リストラで職を失い、故郷に帰る決心をしたレキシーは、なぜか憔悴しきっていた隣人のタイラーからディナーに誘われ、そのままふたりで夜を過ごし、愛を交わしてしまった。ずっと彼に憧れていたから、とても幸せだったのに、翌朝の彼は、昨夜の情熱など忘れたかのように冷たかった。ひどく傷ついたレキシーはすべてを忘れるつもりで帰郷したのだ。それなのに、彼が再び目の前に現れ、彼女に微笑みかけている。たったいま取り上げた赤ん坊が、あの夜の情熱の証とも知らずに。

■ハーレクイン・ディザイアで大人気、キャシー・ディノスキーの初期作品です。一夜だけベッドをともにしたタイラーの子を身ごもってしまったレキシー。彼には告げずに産むつもりだったのに、分娩台でのその瞬間に、まさかの再会が待ち受けているなんて?
*本書は、ハーレクイン・リクエストから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。ご購入の際は十分ご注意ください。

抄録

 居間に入ると、自分を欺いたレキシーを懲らしめるかのように、タイは突然彼女の唇を乱暴に奪った。だが彼女への恨みはたちまち欲望へと変化し、彼はその唇をそっと自分の唇でなぞった。
 レキシーの唇はふっくらとして温かく、タイの唇を求め、受け入れている。彼はじらすように舌を差し入れ、マシューを授かったあの夜と同じ甘いときめきに酔いしれた。
 腕に力をこめ、レキシーを強く抱きしめる。すいかずらと太陽の香りが鼻孔をくすぐった。あの晩、生まれて初めて味わった官能的な香りだ。豊かな胸のふくらみが彼の胸に押しつけられた。レキシーが柔らかな体をぴったりと寄せ、うめき声をもらす。タイの体がたちまち反応して固くなった。ジーンズが今にもはちきれそうになる。
 窮屈なその感触に、タイはようやくわれに返った。レキシーが欲しい。再会した日からずっとそう思っていた。だが、出産後間もない彼女を抱くことなどとてもできない。だいいち、二人の間には話しあわなければならないことがたくさんあるのだ。ききたいことも山ほどある。
 ありったけの意志の力をかき集め、タイは唇を離した。一歩あとずさり、レキシーへの衝動を抑えるために後ろを向いた。
「これ以上厄介なことにならないうちに話をしよう」とても平静とはいえない声で、タイは言った。
 レキシーはまるでゴム人形のようにぎこちない足取りでロッキングチェアのほうへ向かった。立ったままでいると、今にも倒れてしまいそうだ。
 あの晩、マンションの部屋で交わしたキスは激しい欲望をかきたてるものだった。だが、今日のキスはあのときとはまったく違う。まるで全身の力を吸い取られてしまったかのようだ。
 唇が触れあった瞬間、レキシーは二人の間に横たわる問題も、それらを解決することも、なにもかも忘れてしまった。ただひたすらタイに呼び覚まされた感情に身をゆだねていた。
 レキシーはロッキングチェアに座り、ソファーに腰を下ろすタイの姿を見つめた。タイは柔らかな革のソファーに頭をもたせかけ、レキシーをどんな言葉で問いつめようかと考えている様子だ。
 タイとしても、口にするのはつらいのだろう。だがレキシーの口からは案外すんなりと言葉が出た。「タイ、わたしはわざと妊娠したわけじゃないのよ」
 レキシーは勇気を奮って口を開いた。
 タイはかぶりを振った。「ぼくだってそんなことは思ってないさ」
「ここに帰ってきてから数週間して、妊娠していることがわかったの」
「そんなことだろうと思ったよ」タイはソファーから身を乗り出した。顎をぐっと引きしめた表情が、彼の心境を物語っている。「しかし、連絡ぐらいしてくれてもよかったじゃないか。ぼくには赤ん坊のことを知る権利がないと思っていたのか?」
「知らせようと思ったのよ」
「だったら、なぜそうしなかった?」彼はすっと立ち上がり、部屋の中をうろうろと歩き回った。
 レキシーはため息をついた。「タイ、わたしは自分の子供を産みたかったの」
「ぼくたちの子供だ。マシューはぼくの子でもあるんだぞ」
「ええ」
 難しい話しあいになることは承知だが、この何カ月もの間ずっと恐れていたことを口にするのはやはりためらいがある。膝の上で震える手をしっかりと握りあわせながら、レキシーは怒りを含んだタイの目をまっすぐに見つめた。「あなたに赤ん坊をおろせと言われるんじゃないかと思ったの」
 タイははっと息をのんだ。「なぜそんなことを?」
「そう考えるしかないでしょう? あの晩あなたは、子供を持つつもりはないとはっきり言ったじゃないの」
 タイは怒りが消えていくのを感じた。たしかに以前はそう思っていた。マシューのことを知らなければ、今でもそう考えていただろう。だが今、彼は息子の存在を知っている。その事実がすべてを変えたのだ。
 タイは首筋を手でさすった。「あのときと今では事情が違う」
 レキシーは立ち上がり、タイと向きあった。「マシューの存在を知ったから?」
「そうだ」
「タイ、あなたはなぜ子供が欲しくなかったの?」レキシーはタイの腕をつかんだ。「マシューに接しているときのあなたはとても子供好きに見えるのに」
 タイは答えなかった。今はまだ、彼女に打ち明ける勇気も、打ち明けたことで彼女のエメラルド色の瞳に嫌悪の色が浮かぶのを見る勇気もなかった。「ともかく、望むと望まざるとにかかわらずぼくは父親になった。なった以上は責任がある」タイはレキシーの肩に手を置き、彼女をじっと見下ろした。「レキシー、なぜぼくに嘘をついたんだ?」
「嘘なんてついていないわ」すらりとした体を震わせながらレキシーは訴えるように答えた。
 タイは奥歯を噛みしめ、こみ上げてくる感情を懸命に押し殺した。ここで癇癪を起こしてもなにも解決はしない。「たしかにそうだが、事実を隠すというのは嘘をつくのと同じことだ。ぼくはきみが結婚したものと勘違いしていた。なのに、きみはそれを知りながら、誤解を解こうともしなかった。そうさ、ぼくはきみの本名すら知らず、ずっとアレクシス・マディソンだと思いこんでいたんだ」
「あれはわたしの芸名よ。レキシー・ハットフィールドでは野暮ったい感じがするからって、ラジオ局のスタッフがつけてくれたの」


 *この続きは製品版でお楽しみください。

本の情報

この本を読んだ人は、こんな本も読んでいます

形式

【XMDF形式】

XMDFデータをご覧いただくためには専用のブラウザソフト・ブンコビューア最新版(無料)が必要になります。ブンコビューアは【ここ】から無料でダウンロードできます。
詳しくはXMDF形式の詳細説明をご覧下さい。

対応端末欄に「ソニー“Reader”」と表示されている作品については、eBook Transfer for Readerで“Reader”にファイルを転送する事で閲覧できます。
海外版の“Reader”は対応しておりませんので予めご了承くださいませ。

【MEDUSA形式】
MEDUSA形式の作品はブラウザですぐに開いて読むことができます。パソコン、スマートフォン、タブレット端末などで読むことができます。作品はクラウド上に保存されているためファイル管理の手間は必要ありません。閲覧開始時はネットに接続している必要があります。

詳細はMEDUSA形式の詳細説明をご覧下さい。