和書>小説・ノンフィクションボーイズラブ小説極道

アイツの俺と俺のアイツ 3

アイツの俺と俺のアイツ 3

著: テパハンプリ 画: 小池マルミ 翻訳: 安東あき
発行: シーラボ
レーベル: ラルーナ文庫K−line シリーズ: アイツの俺と俺のアイツ



解説

 誰もが恐れる狂月会の行動隊長チョン・ヒョンジン。
だが本当は猫とロマンス映画が大好きで涙もろい。
そんなヒョンジンにとって目の上のタンコブは、上位組織・赤花派の実質的トップ、ハン・コヌだ。
ロシア人の血を引くコヌはその美貌とカリスマ性で、兄と共にソウルのヤクザ組織の頂点に君臨していた。
幼い頃から常にコヌと比較され、劣等感に苛まれてきたヒョンジンだったが……。
ある日、謎の女占い師からもらった「自分の望むものになれる」という薬を飲んだ翌朝、目覚めるとなんとコヌの体になっていた!
一方、コヌの体はヒョンジンのものになっていて……。薬の効果は十四日間。
互いの体が入れ替わってしまった天敵どうし、周囲にばれないよう仕方なくコヌの家で同居するはめに……。
大嫌いな『アイツ』になってみると意外なことが見えてきて……。 第3巻。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。