和書>小説・ノンフィクション恋愛小説ラブストーリー業界人

愛してるの代わりに

愛してるの代わりに

著: 芹沢美月 画: 霧夢ラテ
発行: スターツ出版
レーベル: マカロン文庫



解説

27歳の雛子は恋愛経験ゼロだが、異性から告白されても断ってばかりいた。理由は、幼馴染の慎吾のことが忘れられないから。2人は家族のように育ったが、中学生のときに慎吾が芸能界入りし、離れて暮らすようになった。今でも慎吾から連絡をくれたり、帰省時には会ったりもするものの、国民的人気俳優となった彼は手の届かない存在。叶うはずのない恋をあきらめるため、雛子は最後に気持ちを伝えようと決心するが……。「ずっとこうしたかった」――思い出の場所で、慎吾から抱きしめられて……? 

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

目次

プロローグ
好き、を知った日
突然のさよなら
動き出すふたり
告白の結末
ハジマリ
次の約束
マジカルミステリーツアー!?
ふたりきりの夜
クリスマスの誓い
エピローグ